人生の日々を美しく彩る、プジョー308 CC

2011年 4月 11日 00:00 Category : Car

このエントリーをはてなブックマークに追加

 プジョー308 CCとの生活の中に訪れる別世界の体験。それは決して誇張ではない。光と風の中を駆け抜けるオープンエアドライビングの歓び、クラストップレベルのゆったりと寛げる4シーターのゆとりの空間とエレガントなインテリア、先進のパワーユニットと、6速ATが生み出す爽快なドライブフィール、そして流れるような曲線で形作られた目を奪うフォルム。フォーマルな服に身を包めば人はフォーマルに振舞うように、カジュアルな服ならカジュアルに振舞うように、プジョー308 CCなら、人生にいくつもの新しく美しいシーンをつくり出す。

プジョー308 CC

 308 CCのフォルムは、見る人すべてに鮮烈な印象を与える。光の角度によってドラマチックに表情を変えるグラマラスなボディ、クロームのガーニッシュはあたかもヴィンテージカーのようなプレステージ感を醸し出し、リアビューに強烈な個性を与えるLEDのテールランプは昼夜を問わず宝石のような鮮やかな輝きを放つ。

 そんな先進的でスタイリッシュな308 CCも、実は起源は1930年代に遡る。当時プジョーが発表した電動格納式のメタルルーフを持つクーペ&カブリオレモデルは、世界初の試みとして大きな話題を呼び起こした。その経験とノウハウがすべて注ぎ込まれたメタルルーフオープンシステムは、スイッチ操作ひとつで静かに開き始め、20秒後にはあたかも別のクルマに生まれ変わる。外の目に触れる機会が多いカブリオレならではの意匠と高いクオリティは、道行く人の目をも引き付けるスペシャリティ感に満ち溢れているのだ。

プジョー308 CC

Related article

  • マジス東京ショールームが青山でラウンチ
    マジス東京ショールームが青山でラウンチ
  • ビブリオファイル Cruising 9月のおすすめ
    ビブリオファイル Cruising 9月のおすすめ
  • 東京芸術大学で「資生堂・サントリーの商品デザイン展」
    東京芸術大学で「資生堂・サントリーの商品デザイン展」
  • ドイツデザインの巨匠、ディーター・ラムス展
    ドイツデザインの巨匠、ディーター・ラムス展
  • 暮らしのための道具がある風景「鍋の道具展」
    暮らしのための道具がある風景「鍋の道具展」
  • サンヴェットモン「布製の遊び道具と文房具展」
    サンヴェットモン「布製の遊び道具と文房具展」

Prev & Next

Ranking

  • 1
    夏バテに効く、エジプト塩をつかったお料理4品
  • 2
    マルニ木工「MARUNI COLLECTION 2014」。深澤直人氏、ジャスパー・モリソン氏インタビュー
  • 3
    ミラノサローネとは一体何なのか?━世界最大のデザインイベント
  • 4
    現代骨董 直球勝負。「古道具その行き先 −坂田和實の40年−」
  • 5
    災害時、デザインは何ができるか?を考えた展覧会
  • 6
    江戸な縁起ものを暮らしに/其の四「金銀の爪きり/うぶけや」
  • 7
    新型BMW「M5」、迫力のボディ
  • 8
    熟成肉ブームの先駆け「京都 中勢以」、新たなる挑戦
  • 9
    マツダRX-8がマイナーチェンジ、新グレードに「RS」
  • 10
    香りの魔術師「ジョー マローン」、心躍るクリスマスギフトが限定登場

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加