マセラティ史上最速のニューモデル

2011年 7月 6日 17:00 Category : Car

このエントリーをはてなブックマークに追加

 マセラティ ジャパンは4日、ニューモデル「マセラティ グラントゥーリズモ MCストラダーレ」を発表した。マセラティの量産市販車史上、最速となる最高時速300km/hを誇る2シーター・クーペで、価格は2,112万5,000円。モデル名に冠された「MC」は、マセラティのモータースポーツ部門「マセラティ コルセ(Maserati Corse)」に由来する2文字。最新鋭のレーシングテクノロジーに裏打ちされた走行性能が魅力の1台だ。

 グラントゥーリズモ MCストラダーレ搭載されるパワーユニットは、排気量4.7リッターのV型8気筒エンジン。スケールはベースとなるグラントゥーリズモSと同一だが、パワー/トルクはそれぞれ引き上げられており、最高出力331kW(450PS)/7000rpm、最大トルク510Nm(52.0kg-m)/4750rpmと、シリーズ最強のスペックを実現。最高時速はマセラティ量産市販車初となる300km/hの大台に到達、加えて0-100km/h加速性能も僅か4.6秒と強烈だ。

 大胆な軽量化もグラントゥーリズモ MCストラダーレの大きなトピック。2シーター化による内装装備の簡素化や、軽量アルミホイールの標準装備、さらにマセラティ史上初となるカーボンセラミックブレーキの採用などにより、その車重は現行マセラティでは最も軽量となる1670kg(欧州仕様)にまで抑えられている。

Related article

  • フォトギャラリー:「プジョー308」発表会
    フォトギャラリー:「プジョー308」発表会
  • トップスポーツモデル「アウディTT RSクーペ」
    トップスポーツモデル「アウディTT RSクーペ」
  • ランボルギーニ、シリーズ初の後輪駆動仕様
    ランボルギーニ、シリーズ初の後輪駆動仕様
  • ポルシェ911の誕生50周年を祝う特別展、「911の50年」開催
    ポルシェ911の誕生50周年を祝う特別展、「911の50年」開催
  • 東京モーターショーレポ、今年は「スマートハウス+モビリティ」
    東京モーターショーレポ、今年は「スマートハウス+モビリティ」
  • ジャガーX-TYPEに100台の限定モデル
    ジャガーX-TYPEに100台の限定モデル

Prev & Next

Ranking

  • 1
    和紙デザイナー佐藤友佳理、「呼吸する和紙」で伝統に革新を
  • 2
    永遠のCM修行僧、中島信也の絵コンテ集
  • 3
    あたらしいサイネージを。「インタラクティブ・クリエーション・キャンプ」成果発表展
  • 4
    ハンカチがアートになる日。「トーキョーハンカチライフ」
  • 5
    「Murakami - Ego」フクヘン現地レポート(後編)
  • 6
    原美術館「ジム・ランビー:アンノウン・プレジャーズ」展
  • 7
    ミラノサローネ2010、パトリシア・ウルキオラ新作
  • 8
    葉山にデザインホテル、SCAPESがオープン
  • 9
    今週末見るべき映画「裏切りの戦場 葬られた誓い」
  • 10
    聖なる鹿殺し キリング・オブ・ア・セイクリッド・ディア 【今週末見るべき映画】

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加