史上最もパワフルなCクラス

2011年 7月 28日 16:00 Category : Car

このエントリーをはてなブックマークに追加

 ダイムラーAGは23日、「C63 AMG クーペ ブラックシリーズ」を発表した。AMGの持つ最先端レーステクノロジーが投入された超高性能モデルにのみ与えられる「ブラックシリーズ」の名を冠する第4のモデル。発表間もないC63 AMG クーペをベースにさらなる性能を与えられた、史上最もパワフルなCクラスとなる。

 搭載するエンジンは6.3リッターの排気量を持つV型8気筒自然吸気エンジン「M156」。AMGの手によって新規開発されたユニットとして知られる珠玉のエンジンだが、今回はこのC63 AMG クーペ ブラックシリーズのためにさらなるリファインが加えられており、最高出力380kW(517hp)/6800rpm、最大トルク620Nm(約63.2kg-m)という圧倒的なスペックが与えられている。0-100km/h加速性能は、わずか4.2秒だ。

 トランスミッションはベースとなるC63 AMG クーペと同じく、7速のスポーツAT「AMGスピードシフトMCT」を組み合せる。このミッション、基本構造はいわゆるATだが、動力伝達部に乾式クラッチを用いることが特徴。オイルによって動力伝達を行なう一般的なATに対し、変速レスポンスに優れることが持ち味だ。AMGスピードシフトMCTに用意される4つの変速モードから「スポーツプラス」もしくは「マニュアル」を選択すれば、変速スピードわずか0.1秒という電光石火のシフトチェンジとともに、スポーツドライビングを堪能することができる。もちろん、ブレーキやサスペンションも強化。また、電子制御スタビリティコントロールシステムは「スポーツハンドリングモード」を含む3モードが用意されている。

Related article

  • フォトギャラリー:「プジョー308」発表会
    フォトギャラリー:「プジョー308」発表会
  • トップスポーツモデル「アウディTT RSクーペ」
    トップスポーツモデル「アウディTT RSクーペ」
  • ランボルギーニ、シリーズ初の後輪駆動仕様
    ランボルギーニ、シリーズ初の後輪駆動仕様
  • ポルシェ911の誕生50周年を祝う特別展、「911の50年」開催
    ポルシェ911の誕生50周年を祝う特別展、「911の50年」開催
  • 東京モーターショーレポ、今年は「スマートハウス+モビリティ」
    東京モーターショーレポ、今年は「スマートハウス+モビリティ」
  • ジャガーX-TYPEに100台の限定モデル
    ジャガーX-TYPEに100台の限定モデル

Prev & Next

Ranking

  • 1
    和紙デザイナー佐藤友佳理、「呼吸する和紙」で伝統に革新を
  • 2
    永遠のCM修行僧、中島信也の絵コンテ集
  • 3
    あたらしいサイネージを。「インタラクティブ・クリエーション・キャンプ」成果発表展
  • 4
    ハンカチがアートになる日。「トーキョーハンカチライフ」
  • 5
    「Murakami - Ego」フクヘン現地レポート(後編)
  • 6
    原美術館「ジム・ランビー:アンノウン・プレジャーズ」展
  • 7
    ミラノサローネ2010、パトリシア・ウルキオラ新作
  • 8
    葉山にデザインホテル、SCAPESがオープン
  • 9
    今週末見るべき映画「裏切りの戦場 葬られた誓い」
  • 10
    聖なる鹿殺し キリング・オブ・ア・セイクリッド・ディア 【今週末見るべき映画】

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加