あの「デロリアン」がEVとして帰ってくる!

2011年 10月 23日 10:46 Category : Car

このエントリーをはてなブックマークに追加

 映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー」シリーズにおいて自動車型のタイムマシンとして登場、一躍その名を世界に知られることとなったデロリアン。そのデロリアンが2013年、電気自動車として再デビューを予定していることが明らかとなった。といっても、もちろんエメット・ブラウン博士(ドク)が再発明、というわけではない。アメリカはテキサス州に拠点を置く「デロリアン・モーター・カンパニー(DMC)」によるオフィシャルプログラムである。なお、販売価格は未定。

 DMC社ホームページにて発表されたオフィシャルフォトを見ると、ステンレスボディやガルウイングドアを特徴とするエクステリアはオリジナルそのものだが、インテリアに目を移すと、ステアリングやセンターコンソールの各種インターフェイスが刷新されており、さらにiPhone、iPod用のドックまで搭載されていることがわかる。

 映画中、ドクが洗面所で転び頭をぶつけた瞬間にひらめいたという時限転移装置「フラックス・キャパシター」は非搭載だが、その代わりにカリフォルニア州にあるバッテリーシステムカンパニー「フラックス・パワー」製のEV駆動システムを採用するというから面白い。

Related article

  • 今週末見るべき映画「FUCK」
    今週末見るべき映画「FUCK」
  • アイヒマンの後継者 ミルグラム博士の恐るべき告発 【今週末見るべき映画】
    アイヒマンの後継者 ミルグラム博士の恐るべき告発 【今週末見るべき映画】
  • 今週末見るべき映画「スーパーメンチ -時代をプロデュースした男!-」
    今週末見るべき映画「スーパーメンチ -時代をプロデュースした男!-」
  • ボルボXCシリーズに特別仕様車
    ボルボXCシリーズに特別仕様車
  • ブレンダンとケルズの秘密 【今週末見るべき映画】
    ブレンダンとケルズの秘密 【今週末見るべき映画】
  • フォルクスワーゲン初のコンパクトSUV「ティグアン」
    フォルクスワーゲン初のコンパクトSUV「ティグアン」

Prev & Next

Ranking

  • 1
    【レポート】第三回ヘンタイ美術館、「理想と現実、どちらがヘンタイか」
  • 2
    グリーン ポルシェ!  パナメーラS e-ハイブリッド
  • 3
    車と人のいい関係。ボルボ V40、デザイナーが語る北欧主義
  • 4
    インタビュー:マリオ・ベリーニ、名作誕生を語る
  • 5
    谷尻誠インタビュー:都心の広場に巨大なジャングルジムが出現
  • 6
    ムービー:軽井沢千住博美術館、西沢立衛設計
  • 7
    iPad、販売台数200万台を突破
  • 8
    レイバンの名作が、ミッドセンチュリー色にパワーアップ
  • 9
    アルフレッド ダンヒル 銀座本店がオープン
  • 10
    アルファ ロメオ 8C コンペティツィオーネが日本国内に

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加