車と人のいい関係。ボルボ V40、デザイナーが語る北欧主義

2013年 4月 1日 08:00 Category : Car

このエントリーをはてなブックマークに追加

 この春、ボルボから登場した新型V40は、北欧らしいデザイン感覚が貫かれたスタイリッシュな車だ。プレミアム・コンパクトに位置づけられる、小回りのいいスポーティな5ドア、そこにこめられたクリエイティビティを、エクステリア チーフ デザイナーのサイモン・ラマ―氏にインタビュー。

 いちばん小さなボルボ。現存するボルボのラインナップにおいては、最小プレミアム・コンパクトカーとして発表されたボルボV40。このクルマと対面した時に、まず心をつかまれるのが、ボルボらしいスタイリングだ。今回、このクルマのエクステリアデザインを手がけたサイモン・ラマ―氏は、かつてボルボC30の、あのクールなデザインを仕掛けた人でもある。


-ボルボらしい、クリーンなスタイリングですね?

  V40のエクステリアデザインは、ボルボのP1800やP1800ESからインスピレーションを得て生まれたものです。P1800は、’60~’70年代にかけて生産されたスポーツクーペ、P1800ESはそれをベースとしたスポーツワゴンですが、ボルボの伝統的スタイルがそこに凝縮されているといっていいでしょう。機能とラグジュアリーが融合したスタイルは、一目見てボルボとわかるものでなければならないのです。

 リアドア上方の跳ね上がるようなフック、リアエンドの見応えのあるシェイプ、六角形のテールゲート、赤いテールランプで輪郭をさらに強調したところなどは、まさにP1800の特徴を受け継いだものです。

P1800

-コンパクトさを感じさせない安定感、力強さはどこから?

 存在感を高めるため、グリルと融合させたフロントのVシェイプはワイドに、低く設計されています。またエアインテークは波のようにうねった造形にすることで、目が端にまでゆき幅広い印象を与えてくれるのです。後ろから見れば、リアのすべてのラインが水平に流れさらにワイドに感じられます。筋肉質なリアショルダーのシェイプも、力強さを強調しています。



Related article

  • 乗って、食べて、街を楽しんで。新型ポロでいく 青山ドライブ
    乗って、食べて、街を楽しんで。新型ポロでいく 青山ドライブ
  • 旅を創造する匠の技、ルイ・ヴィトン「サヴォアフェール」展
    旅を創造する匠の技、ルイ・ヴィトン「サヴォアフェール」展
  • 新年に贈る招福デザイン、シャンハイ・タンのギフトコレクション
    新年に贈る招福デザイン、シャンハイ・タンのギフトコレクション
  • 新型ゴルフのデザイナーが語る「本当に美しいデザイン」とは?
    新型ゴルフのデザイナーが語る「本当に美しいデザイン」とは?
  • 不況のミニ時代に、大胆不敵なウォルフォード新作レッグウェア
    不況のミニ時代に、大胆不敵なウォルフォード新作レッグウェア
  • タンタンを探せ! プジョー×『タンタンの冒険』ゲームサイトでパリ街角探索
    タンタンを探せ! プジョー×『タンタンの冒険』ゲームサイトでパリ街角探索

Prev & Next

Ranking

  • 1
    熟成肉ブームの先駆け「京都 中勢以」、新たなる挑戦
  • 2
    ジャズ名盤講座第10回「ヴァーヴ編(その3)」ビギナー向け9選!マスター向け9選!
  • 3
    行灯を重ねたような「和のシャンデリア」
  • 4
    フォトギャラリー:「アルファ ロメオ 8C コンペティツィオーネ」
  • 5
    ジャズ名盤講座第33回「Enja+Steeplechase」Enja24選!Steeplechase24選!
  • 6
    ジャズ名盤講座第37回「Candid+Black Lion & Freedom編」Candidの魅力を味わう名盤38選!Black Lion&Freedomの魅力を味わう9選!
  • 7
    世界の90%の人たちを相手にするデザインとは?
  • 8
    吉岡徳仁が、Kartell社より新作「TWINKLE」を発表
  • 9
    山のような建築 雲のような建築 森のような建築
  • 10
    ドイツ、バドホンブルグの優雅な高級デイスパへ

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加