ハイパフォーマンス・フラッグシップも大幅進化。ベンツ新型S63 AMGシリーズ

2013年 9月 26日 12:00 Category : Car

このエントリーをはてなブックマークに追加

ハイパフォーマンスラインのAMGモデルも大幅な進化を果たした。まずトピックとなるのが、S63 AMGでは初となる4MATIC(4輪駆動)の設定である。Eクラスのバージョンアップで追加されたE63 AMG S 4MATICでも話題となったパフォーマンス志向の4輪駆動システムが、S63にも導入されたのだ。


特徴はトランスミッション一体型の小型パワーテイクオフシステムの採用。これにより4輪駆動化による重量増を70kgに抑えながら、600psに迫る超高出力を4輪のトラクションとして巧みに配分するシステムを構築している。

S63 AMGシリーズに搭載されるユニットは、AMG社開発による5.5リッターV型8気筒直噴ツインターボエンジンだ。従来型ユニットから出力・トルクともに大幅な向上を果たしており、その性能は最高出力585ps、最大トルク900Nmに達している。トランスミッションは、ECOスタート/ストップ機能付きの7速スポーツトランスミッション「AMG スピードシフト MCT」を組み合わせる。


加えてS63 AMGの大きなトピックとなるのが徹底した軽量化だ。ベースとなる新型Sクラスがそのボディに最新世代のアルミハイブリッド構造を投入したことは前述の通りだが、S63 AMGではボディ外板にアルミパネルを多用するとともに、トランクフロアにはカーボンファイバーを採用するなど、軽量素材への置換をさらに発展させている。

Related article

  • メルセデス・ベンツ、新型「GLK350 4MATIC BlueEFFICIENCY」を発売
    メルセデス・ベンツ、新型「GLK350 4MATIC BlueEFFICIENCY」を発売
  • フォトギャラリー:ポルシェ「ケイマンR」
    フォトギャラリー:ポルシェ「ケイマンR」
  • V型8気筒、2シーターモデル最新作「フェラーリ458 イタリア」
    V型8気筒、2シーターモデル最新作「フェラーリ458 イタリア」
  • 国立競技場を疾走、ランボルギーニ「アヴェンタドール」
    国立競技場を疾走、ランボルギーニ「アヴェンタドール」
  • フォトギャラリー:ポルシェ「911スピードスター」
    フォトギャラリー:ポルシェ「911スピードスター」
  • MINIファミリーの新バリエ 「MINI Coupe」
    MINIファミリーの新バリエ 「MINI Coupe」

Prev & Next

Ranking

  • 1
    「アルファ ロメオ・ジュリエッタ」が日本初公開
  • 2
    サロン・デュ・ショコラ 2015|おすすめショコラ
  • 3
    福武ハウス 2010に気鋭の現代作家:瀬戸内国際芸術祭
  • 4
    トゥーランドット 臥龍居/あの店で、今日もきちんと朝ごはん(2)
  • 5
    ジャズ名盤講座第3回「ブルーノートPart3(4100~4423番)」ビギナー向け19選!マスター向け19選!
  • 6
    紙製品の新ブランド「No.62」
  • 7
    今週末見るべき映画「郊遊<ピクニック>」
  • 8
    難解にみえて、着手を選ばない服―エムズ ブラック
  • 9
    世界の「いれもの」が大集合! コンランの「CASE STUDY」
  • 10
    渋谷に岡本太郎の遺伝子を継ぐアートが集結!

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加