ポルシェ、「918スパイダー」はじめニューモデルを続々発表

2013年 11月 27日 17:00 Category : Car

このエントリーをはてなブックマークに追加

各国で開催される大規模国際モーターショーにおいて、ポルシェが続々とニューモデルを発表する。まず世界中のスポーツカーファンから極めて高い注目を集めているプラグインハイブリッド・スーパースポーツモデル「918スパイダー」の生産型が、ロサンゼルスモーターショー、広州モーターショーに相次いで登場。

11月18日発の公式発表によれば、918スパイダーは年内の発売に向けた最終的なチューニングが行なわれ、今年2月のフランクフルトモーターショーで初公開された市販予定モデルからさらにパフォーマンスを改善。0-100km/h、0-200km/h、0-300km/hの加速性能はそれぞれ2.6秒(0.2秒短縮)、7.2秒(0.5秒短縮)、19.9秒(2.1秒短縮)と、加速レスポンスを大幅に向上させたことに加え、電気駆動システムの効率をさらに追求。電気モーターのみによる走行性能も大きく向上させたとのことだ。なお、918スパイダーの欧州燃費測定基準における燃費性能値は3.1L/100km(約32.3km/L)。


より軽量なヴァイザッハパッケージ仕様モデルに至ってはさらに優れた3.0リッター/100kmとなる。ちなみに、この918スパイダー ヴァイザッハパッケージ装着モデルは、自動車開発の重要拠点のひとつとして知られるドイツ・ニュルブルクリンク北コースにおいて、市販車世界最速となる6分57秒のラップタイムをマークしている。

またロサンゼルスモーターショーでは新型SUV「マカン」および「911ターボ/ターボS」のワールドプレミアも実施。両モデルは、11月23日より一般公開がスタートする東京モーターショーにも出展される。なお東京モーターショー会場では、ワールドプレミアモデルとしてパナメーラの上位グレード「パナメーラSエグゼクティブ」も登場予定だ。

ポルシェ「911ターボ」

Related article

  • プジョーSR1コンセプトカー発表、未来を予言するスタイリング
    プジョーSR1コンセプトカー発表、未来を予言するスタイリング
  • メルセデス「CLクラス」「Sクラス」がアップデート
    メルセデス「CLクラス」「Sクラス」がアップデート
  • ランボルギーニ、シリーズ初の後輪駆動仕様
    ランボルギーニ、シリーズ初の後輪駆動仕様
  • フォトギャラリー:ポルシェ「918スパイダー」
    フォトギャラリー:ポルシェ「918スパイダー」
  • フォトギャラリー:「アルファ ロメオ 8C コンペティツィオーネ」
    フォトギャラリー:「アルファ ロメオ 8C コンペティツィオーネ」
  • ハイブリッドシステムを搭載したポルシェ パナメーラ
    ハイブリッドシステムを搭載したポルシェ パナメーラ

Prev & Next

Ranking

  • 1
    アストンマーティン、究極のロードスター「ヴァンテージ GT12 ロードスター」を発表
  • 2
    アラン・デュカスと京都三大名店による“食の饗宴”
  • 3
    エンツォ・マーリ新作は「和弓」がモチーフ
  • 4
    新しいファミレスのかたち「100本のスプーン」あざみ野にオープン
  • 5
    ゴンドリーの原点、ミュージック・ビデオBEST10/ミシェル・ゴンドリーの世界(2)
  • 6
    今週末見るべき映画「抱擁のかけら」
  • 7
    ジャズ名盤講座第9回「ヴァーヴ編(その2)」ビギナー向け19選!マスター向け19選!
  • 8
    日本初公開、山本耀司による絵画展
  • 9
    リビング・モティーフが選ぶ、ワークスペースにおすすめのアイテム
  • 10
    橋から着想、ステイショナリーブランド・ポスタルコのバッグ

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加