オフビートで獰猛。XL1200Tという新たなる誘惑

2014年 5月 9日 11:00 Category : Car

このエントリーをはてなブックマークに追加

なんて人当たりのいいハーレーなんだろう。274kgの車重に身構えたのが馬鹿馬鹿しくなった。両足がべたりと着く。705mmまで下げられたシート高は、170cmを欠く身の丈の私にとって福音だ。ごくごくカジュアルに跨がれ、乗れてしまう。

HARLEY-DAVIDSON XL1200Tスーパーロー 1200T/モノトーン¥1,563,000、ツートーン¥1,598,000
(撮影モデルはツートーン:バーチホワイト / ミッドナイトパール)


スーパーローのミドルネームを与えられ、スポーツスターファミリー随一の腰の低さを備えたXL1200Tは、3月28日、第41回東京モーターサイクルショー会場でお披露目された。ハーレーダビットソン・ジャパンのスチュアート・ファレル社長の登壇でアンヴェールされたニューモデルである。コンパクトなライディングポジションが最大の特徴ゆえ、日本専用モデルかと思いきや、さにあらず。近年、インドや中国でもハーレー人気が高まっているから、こういったモデルの登場はアジアへの朗報と捉えるべきなのだろう。


アイドリングから、いやエンジンが始動するところから、まごうかたなきハーレーだ。1200ccと、全ラインアップからすればミドルクラスのエンジンながら、その鼓動はアイドリングですら和太鼓連打的に力強い。ガチャンというか、ガタン、というかんじでギアを入れ、クラッチをつなぎ、アクセルを開けると、ダダババババッ!とオフビートで獰猛に加速していく。

Related article

  • Volkswagen|移動のクオリティを示す、“Lounge”という新しい記号
    Volkswagen|移動のクオリティを示す、“Lounge”という新しい記号
  • パーク ハイアット 東京が贈る、期間限定「オーストリア オータム」
    パーク ハイアット 東京が贈る、期間限定「オーストリア オータム」
  • 予感させるSUVたち|シカゴオートショー2015
    予感させるSUVたち|シカゴオートショー2015
  • スペシャルチーズケーキ/資生堂パーラー 銀座本店ショップ by Tokyo的 男の手土産
    スペシャルチーズケーキ/資生堂パーラー 銀座本店ショップ by Tokyo的 男の手土産
  • 伊東豊雄展、9年にわたる「台中メトロポリタンオペラハウス」建築の軌跡
    伊東豊雄展、9年にわたる「台中メトロポリタンオペラハウス」建築の軌跡
  • 北京モーターショーで、レクサス NXを世界初公開
    北京モーターショーで、レクサス NXを世界初公開

Prev & Next

Ranking

  • 1
    【レポート】第三回ヘンタイ美術館、「理想と現実、どちらがヘンタイか」
  • 2
    グリーン ポルシェ!  パナメーラS e-ハイブリッド
  • 3
    車と人のいい関係。ボルボ V40、デザイナーが語る北欧主義
  • 4
    インタビュー:マリオ・ベリーニ、名作誕生を語る
  • 5
    谷尻誠インタビュー:都心の広場に巨大なジャングルジムが出現
  • 6
    ムービー:軽井沢千住博美術館、西沢立衛設計
  • 7
    iPad、販売台数200万台を突破
  • 8
    レイバンの名作が、ミッドセンチュリー色にパワーアップ
  • 9
    アルフレッド ダンヒル 銀座本店がオープン
  • 10
    アルファ ロメオ 8C コンペティツィオーネが日本国内に

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加