Rの凄み+ゴルフの誠実=VWゴルフR|試乗レポート

2014年 6月 13日 11:00 Category : Car

このエントリーをはてなブックマークに追加

ゴルフRは、最も高価なゴルフである。そして、史上最強のゴルフでもある。エンジンは先代のV6・3.2リッターから、4気筒2リッター(TFSIインタークーラー付ターボ)にダウンサイジング。それながら最高出力は、24PS増しの280PS。併せてJC08モード燃費も、12.4km/リッターから14.4 km/リッターに向上している。


280PSを自在にコントロールできるよう、Rの伝統でもある4輪駆動の4MOTIONシステムを搭載。ミッションは6速DSGで、ダイナミックシャーシコントロール〝DCC〟における第5のモード、「レース」を選べるのもRのみだ。


最新のゴルフだからして、全方位隙なしであることはステアリングを握る前から想像できた。楽しみだったのは280PSエンジンの「ワイルドさ」だ。最新のホットハッチは、どんなファンを教えてくれるのだろうか、と。

実際にステアリングを握ってみれば、想像していたよりも数段、ゴルフRの方が上手(うわて)だった。ファンについても、また然り。私ごときのドライビングテクニックより、ゴルフRの方がずっと理知的で、どんな入力をしようとも、即座に正解に導いてくれる。全方位ほころびなし、である。

Related article

  • 近未来的集電旅行。BMW i3 REx|試乗レポート
    近未来的集電旅行。BMW i3 REx|試乗レポート
  • ラグジュアリーSUVの進撃|デトロイトモーターショー2015
    ラグジュアリーSUVの進撃|デトロイトモーターショー2015
  • 代官山にてポルシェにふける/ポルシェ、その伝説と衝動(4)
    代官山にてポルシェにふける/ポルシェ、その伝説と衝動(4)
  • 過剰にして完璧な、疾走する楽園/ポルシェ、その伝説と衝動(3)
    過剰にして完璧な、疾走する楽園/ポルシェ、その伝説と衝動(3)
  • 注目にはドッカーン加速で。ラクで楽しいNM4|試乗レポート
    注目にはドッカーン加速で。ラクで楽しいNM4|試乗レポート
  • 最も親しみやすいポルシェ、マカン
    最も親しみやすいポルシェ、マカン

Prev & Next

Ranking

  • 1
    ルイス・ポールセンからLEDのデザイン照明
  • 2
    山のような建築 雲のような建築 森のような建築
  • 3
    2018年10月に「おおいた大茶会」が開催  grafやライゾマティクス アーキテクチャー、チームラボも参加
  • 4
    桃太郎の鬼ヶ島にインストールされた現代アート:瀬戸内芸術祭
  • 5
    今週末見るべき映画「ル・コルビュジエの家」
  • 6
    夏バテに効く、エジプト塩をつかったお料理4品
  • 7
    Interview: 音楽プロデューサー・本間昭光氏|泰然自若のジーニアスが放つ才気煥発の極み
  • 8
    話題の『ローズベーカリー 銀座』を体験
  • 9
    20周年を迎えてなお進化するカトリーヌ・メミ
  • 10
    はじめてのおもてなし 【今週末見るべき映画】

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加