Rの凄み+ゴルフの誠実=VWゴルフR|試乗レポート

2014年 6月 13日 11:00 Category : Car

このエントリーをはてなブックマークに追加

ゴルフRは、最も高価なゴルフである。そして、史上最強のゴルフでもある。エンジンは先代のV6・3.2リッターから、4気筒2リッター(TFSIインタークーラー付ターボ)にダウンサイジング。それながら最高出力は、24PS増しの280PS。併せてJC08モード燃費も、12.4km/リッターから14.4 km/リッターに向上している。


280PSを自在にコントロールできるよう、Rの伝統でもある4輪駆動の4MOTIONシステムを搭載。ミッションは6速DSGで、ダイナミックシャーシコントロール〝DCC〟における第5のモード、「レース」を選べるのもRのみだ。


最新のゴルフだからして、全方位隙なしであることはステアリングを握る前から想像できた。楽しみだったのは280PSエンジンの「ワイルドさ」だ。最新のホットハッチは、どんなファンを教えてくれるのだろうか、と。

実際にステアリングを握ってみれば、想像していたよりも数段、ゴルフRの方が上手(うわて)だった。ファンについても、また然り。私ごときのドライビングテクニックより、ゴルフRの方がずっと理知的で、どんな入力をしようとも、即座に正解に導いてくれる。全方位ほころびなし、である。

Related article

  • ポルシェがル・マンにかえった日/ポルシェ、その伝説と衝動(5)
    ポルシェがル・マンにかえった日/ポルシェ、その伝説と衝動(5)
  • マクラーレン、比類なき躍進|ジュネーブショー2015
    マクラーレン、比類なき躍進|ジュネーブショー2015
  • デトロイトでベールを脱いだNew NSX|デトロイトモーターショー2015
    デトロイトでベールを脱いだNew NSX|デトロイトモーターショー2015
  • 舞台裏が宿す、クルマの真実をたずねて
    舞台裏が宿す、クルマの真実をたずねて
  • 1+1の贅沢。ジャガーF-TYPE Coupé
    1+1の贅沢。ジャガーF-TYPE Coupé
  • ボローニャ発、マセラティの「世紀」
    ボローニャ発、マセラティの「世紀」

Prev & Next

Ranking

  • 1
    「世界報道写真展 2011」圧倒的な事実を見よ
  • 2
    都市における新しい宿泊のカタチ「9h:ナインアワーズ展」
  • 3
    山中俊治ディレクション「骨」展
  • 4
    【レポート】第二回ヘンタイ美術館、「やりすぎバロック」編
  • 5
    今週末見るべき映画Part 1 「セデック・バレ」
  • 6
    今週末見るべき映画「ファンタスティック Mr.FOX」
  • 7
    カルティエLOVEシークレットライブから、動画
  • 8
    アマダナがポケットビデオカメラ「SAL」を発売
  • 9
    太宰府 竈門神社新社務所計画プロジェクト。Wonderwall 片山正通氏、ジャスパー・モリソン氏インタビュー。
  • 10
    メディア・アートの歴史から今を読み解く「オープン・スペース」

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加