Rの凄み+ゴルフの誠実=VWゴルフR|試乗レポート

2014年 6月 13日 11:00 Category : Car

このエントリーをはてなブックマークに追加

ゴルフRは、最も高価なゴルフである。そして、史上最強のゴルフでもある。エンジンは先代のV6・3.2リッターから、4気筒2リッター(TFSIインタークーラー付ターボ)にダウンサイジング。それながら最高出力は、24PS増しの280PS。併せてJC08モード燃費も、12.4km/リッターから14.4 km/リッターに向上している。


280PSを自在にコントロールできるよう、Rの伝統でもある4輪駆動の4MOTIONシステムを搭載。ミッションは6速DSGで、ダイナミックシャーシコントロール〝DCC〟における第5のモード、「レース」を選べるのもRのみだ。


最新のゴルフだからして、全方位隙なしであることはステアリングを握る前から想像できた。楽しみだったのは280PSエンジンの「ワイルドさ」だ。最新のホットハッチは、どんなファンを教えてくれるのだろうか、と。

実際にステアリングを握ってみれば、想像していたよりも数段、ゴルフRの方が上手(うわて)だった。ファンについても、また然り。私ごときのドライビングテクニックより、ゴルフRの方がずっと理知的で、どんな入力をしようとも、即座に正解に導いてくれる。全方位ほころびなし、である。

Related article

  • 過剰にして完璧な、疾走する楽園/ポルシェ、その伝説と衝動(3)
    過剰にして完璧な、疾走する楽園/ポルシェ、その伝説と衝動(3)
  • ポルシェがル・マンにかえった日/ポルシェ、その伝説と衝動(5)
    ポルシェがル・マンにかえった日/ポルシェ、その伝説と衝動(5)
  • 水冷化で永遠のベンチマークに/ポルシェ、その伝説と衝動(2)
    水冷化で永遠のベンチマークに/ポルシェ、その伝説と衝動(2)
  • かくも美しいリアルな夢。アルファ ロメオ4C
    かくも美しいリアルな夢。アルファ ロメオ4C
  • スポーツカーの復権|デトロイトモーターショー2015
    スポーツカーの復権|デトロイトモーターショー2015
  • オフビートで獰猛。XL1200Tという新たなる誘惑
    オフビートで獰猛。XL1200Tという新たなる誘惑

Prev & Next

Ranking

  • 1
    永遠のCM修行僧、中島信也の絵コンテ集
  • 2
    25日まで川上元美展、日本の巨匠を知る
  • 3
    20世紀最強のスイス人デザイナー、マックス・フーバー展
  • 4
    世界累計販売台数“1000万台”を突破した「ネスカフェ」コーヒーマシンに新モデル
  • 5
    シャネルの知られざる真実に迫る「Inside CHANEL」公開中
  • 6
    カンボン通りで生まれた新しいファッション、「リトル ブラック ドレス」
  • 7
    フランス発、スチームで美味しくきれいになるキッチン家電
  • 8
    熟成肉ブームの先駆け「京都 中勢以」、新たなる挑戦
  • 9
    Works/デザイン|革新し続けるデザイナー 吉岡徳仁(2)
  • 10
    青山スパイラルの中に巨大な“巣”が出現?NUMEN / For USEの企み

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加