初夏の芝生広場で、20世紀のクルマと夢を

2014年 6月 6日 15:00 Category : Car

このエントリーをはてなブックマークに追加

5月25日。朝から気温がぐんぐん上昇する、快晴の初夏の空のもと、第25回 トヨタ博物館 クラシックカーフェスティバルが開催された。

フェスティバルのオープニングを飾る、パレードランのスタートシーン。総勢100台で、トヨタ博物館のある長久手市内を走行

愛知県長久手市にあるトヨタ博物館は今年開館25周年。クラシックカーフェスティバルは開館時から催されているイベント。愛・地球博記念公園(モリコロパーク)をメインステージとしている。

1932 フォード モデルB。岐阜県から駆けつけたオーナーはモーニング姿で、毛ばたきをふるう

このフェス、パレードランからスタートするものの、主会場は広大な芝生広場。そこで1日、心ゆくまで集ったクラシックカーを愛でられるのがいい。芝生の緑を含め、眼福である。

1934 デソート エアロフロー シリーズSE。現在に至る流線型ボディと、モノコック構造の祖ともいうべき、記念碑的モデルが走行を披露

エントリーは約100台。これは事前エントリー制で、トヨタ博物館がバランスを考えながらセレクトしているという。そう、TOYOTA車のフェスではなく、クラシックカーのフェス。だから「TOYOTA車以外」が、当然マジョリティだ。

1937 コード812 ビバリーセダンのダッシュボード。オーナーが窓を開けてくれていた。気軽にのぞき込めるのがいい

Related article

  • レストアされた「ポルシェ 911 T クーペ北米仕様車」
    レストアされた「ポルシェ 911 T クーペ北米仕様車」
  • トヨタ・クラウンが約4年ぶりにフルモデルチェンジ
    トヨタ・クラウンが約4年ぶりにフルモデルチェンジ
  • 肉食系スモールラクシュアリー。Audi RS Q3|試乗レポート
    肉食系スモールラクシュアリー。Audi RS Q3|試乗レポート
  • フェラーリ、40年の熟成|ジュネーブショー 2015
    フェラーリ、40年の熟成|ジュネーブショー 2015
  • 新型ゴルフ カブリオレ、風を感じるハッピー・デザインで出かけよう
    新型ゴルフ カブリオレ、風を感じるハッピー・デザインで出かけよう
  • 東京モーターショーレポ、今年は「スマートハウス+モビリティ」
    東京モーターショーレポ、今年は「スマートハウス+モビリティ」

Prev & Next

Ranking

  • 1
    インドの現代アートを堪能する。 「Urban Narratives ―ある都市の物語―」
  • 2
    ジャズ名盤講座第12回「コロムビア/CBS/エピック編パート1(1917-1959)」ビギナー向け19選!マスター向け19選!
  • 3
    「新型MINI コンバーチブル」試乗レポート
  • 4
    新型「プリウス」、38.0km/Lで価格は205万円から
  • 5
    長く使い続けるソファ|イタリア、フレックスフォルム
  • 6
    フォトギャラリー:クリストとジャンヌ=クロード展が開幕
  • 7
    【速報】 銀座三越  「ISETAN MITSUKOSHI DESIGN WEEK 2013」
  • 8
    岩井俊雄×YAMAHAのTENORI-ONが発売
  • 9
    世界のセレブが愛用、英国発「エレミス」日本初上陸
  • 10
    クラシックに触れる日、プーランク没後50年

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加