1+1の贅沢。ジャガーF-TYPE Coupé

2014年 7月 30日 12:00 Category : Car

このエントリーをはてなブックマークに追加

この6月にリリースとなったジャガーF-TYPE Coupé。今や巨匠の風格を得たデザイナー、イアン・カラムが仕立てたボディは、実に悩ましい。これは目の毒だ。クルマ好きの脳裏に焼き付く。そして8,230,000円~というプライスリストを見ると、悩ましさが倍増する。


ステアリングを握っても、また悩ましい。F-TYPE Convertibleではドライバーの額よりかなり前にあるAピラーの上端が、オープンカー的開放感をもたらすという効能があった。それを知った上でF-TYPE Coupéに乗ると、ちょっと混乱する。潜り込むように着座してシートベルトを締めると、カチッとしたクーペの密閉感が心地よく「あれ? コンバーチブルってどんな感じだったかな??」となるのだ。


最高出力340PSの3.0ℓ V6 スーパーチャージドエンジン搭載の F-TYPE Coupé(8,230,000円)、最高出力380PSの3.0ℓ V6 スーパーチャージドエンジン搭載の F-TYPE S Coupé(10,290,000円)、最高出力550PSの 5.0ℓ V8エンジン搭載の「F-TYPE R Coupé」(12,860,000円)がラインナップされており、そのラインはF-TYPE Convertible同様だ。


残念ながらF-TYPE S Coupéの試乗はかなわなかったが、F-TYPE Coupéの「軽快な緻密さ」が好印象だった。5.0ℓ V8エンジンは明らかに過剰で、クルマ自体がネットリと濃厚というか、重厚になる。まるで大吟醸だ。F-TYPEがV6エンジンを想定してつくられたスポーツカーであることを、改めて実感できた。

Related article

  • マツダRX-8がマイナーチェンジ、新グレードに「RS」
    マツダRX-8がマイナーチェンジ、新グレードに「RS」
  • Interview:気鋭の映像作家の創造の源を探る/ミシェル・ゴンドリーの世界(1)
    Interview:気鋭の映像作家の創造の源を探る/ミシェル・ゴンドリーの世界(1)
  • メルセデス-AMGから新しい歴史が紡がれる。「AMG GT」デビュー
    メルセデス-AMGから新しい歴史が紡がれる。「AMG GT」デビュー
  • 水冷化で永遠のベンチマークに/ポルシェ、その伝説と衝動(2)
    水冷化で永遠のベンチマークに/ポルシェ、その伝説と衝動(2)
  • BMWが生んだ、究極のスポーツセダン「M3セダン」
    BMWが生んだ、究極のスポーツセダン「M3セダン」
  • フォトギャラリー:H-Dスポーツスター ファミリー2014
    フォトギャラリー:H-Dスポーツスター ファミリー2014

Prev & Next

Ranking

  • 1
    フォトギャラリー:メルセデス・ベンツ 新型「Eクラス」
  • 2
    フォトギャラリー:新型BMW7シリーズ発表会
  • 3
    フォトギャラリー:ミラノサローネで発表のヤマギワ新作照明
  • 4
    フォトギャラリー:メルセデス「SLKシリーズ」
  • 5
    フォトギャラリー:アウディ「S4」「S4アバント」発表会
  • 6
    フォトギャラリー:プレミアムSUV「アウディ Q5」
  • 7
    フォトギャラリー:「911GT3」と「カイエン・ディーゼル」
  • 8
    秋のデザイン祭り、サテライト会場を厳選ピックアップ!
  • 9
    フォトギャラリー:アウディ R8 5.2 FSIクワトロ
  • 10
    フォトギャラリー:第6世代目「新型ゴルフ」

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加