1+1の贅沢。ジャガーF-TYPE Coupé

2014年 7月 30日 12:00 Category : Car

このエントリーをはてなブックマークに追加

この6月にリリースとなったジャガーF-TYPE Coupé。今や巨匠の風格を得たデザイナー、イアン・カラムが仕立てたボディは、実に悩ましい。これは目の毒だ。クルマ好きの脳裏に焼き付く。そして8,230,000円~というプライスリストを見ると、悩ましさが倍増する。


ステアリングを握っても、また悩ましい。F-TYPE Convertibleではドライバーの額よりかなり前にあるAピラーの上端が、オープンカー的開放感をもたらすという効能があった。それを知った上でF-TYPE Coupéに乗ると、ちょっと混乱する。潜り込むように着座してシートベルトを締めると、カチッとしたクーペの密閉感が心地よく「あれ? コンバーチブルってどんな感じだったかな??」となるのだ。


最高出力340PSの3.0ℓ V6 スーパーチャージドエンジン搭載の F-TYPE Coupé(8,230,000円)、最高出力380PSの3.0ℓ V6 スーパーチャージドエンジン搭載の F-TYPE S Coupé(10,290,000円)、最高出力550PSの 5.0ℓ V8エンジン搭載の「F-TYPE R Coupé」(12,860,000円)がラインナップされており、そのラインはF-TYPE Convertible同様だ。


残念ながらF-TYPE S Coupéの試乗はかなわなかったが、F-TYPE Coupéの「軽快な緻密さ」が好印象だった。5.0ℓ V8エンジンは明らかに過剰で、クルマ自体がネットリと濃厚というか、重厚になる。まるで大吟醸だ。F-TYPEがV6エンジンを想定してつくられたスポーツカーであることを、改めて実感できた。

Related article

  • 【動画】正しい洗顔で、大人のキメ肌を。美肌の基本は洗顔にあり
    【動画】正しい洗顔で、大人のキメ肌を。美肌の基本は洗顔にあり
  • Interview:気鋭の映像作家の創造の源を探る/ミシェル・ゴンドリーの世界(1)
    Interview:気鋭の映像作家の創造の源を探る/ミシェル・ゴンドリーの世界(1)
  • 水冷化で永遠のベンチマークに/ポルシェ、その伝説と衝動(2)
    水冷化で永遠のベンチマークに/ポルシェ、その伝説と衝動(2)
  • 舞台裏が宿す、クルマの真実をたずねて
    舞台裏が宿す、クルマの真実をたずねて
  • 新型ゴルフ カブリオレ、風を感じるハッピー・デザインで出かけよう
    新型ゴルフ カブリオレ、風を感じるハッピー・デザインで出かけよう
  • フェラーリから、458イタリアの次世代モデル「458スペチアーレ」発表
    フェラーリから、458イタリアの次世代モデル「458スペチアーレ」発表

Prev & Next

Ranking

  • 1
    「メゾン マルタン マルジェラ」インテリアデザインの新コンセプト
  • 2
    年末年始見るべき映画「おすすめDVD映画」
  • 3
    「日蝕」という名のLED照明、山中俊治デザイン
  • 4
    ちひろ美術館・東京で、クヴィエタ・パツォウスカー展が開催中
  • 5
    「建築はどこにあるの? 7つのインスタレーション」展
  • 6
    「MoMAデザインストア」の2011SSコレクション
  • 7
    パフォーマンス集団・3ガガヘッズ|世界が認めた越境コメディアン|Interview
  • 8
    今週末見るべき映画「バーン・アフター・リーディング」
  • 9
    シャネル、バッグの新しいマスターピース
  • 10
    ここでしか受けれない贅沢なスパ。ワン&オンリー・ロイヤルミラージュ

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加