欧州No1の実力。FORD フィエスタ|試乗レポート

2015年 2月 18日 08:00 Category : Car

このエントリーをはてなブックマークに追加

走り出してすぐに気に入ってしまった。なんと人当たりのいいクルマだろう。しかもその人当たりの良さは、首都高に上がりアクセルペダルを深々と踏み込んだとて、微塵も変わらない。シートのタッチは柔らかく、サスペンションはしなやか。それでいて底知れぬ奥深さを予感させる。「ああ、最近こういうクルマに乗っていなかった。久しぶりだなあ」と嬉しくなった。これがふた昔前の邦画なら、口笛のひとつも吹こうかとなるシーンだ。


今さらFORDフィエスタ? と思った方は、かなりのクルマ好きだろう。そう、このフィエスタは2008年にリリースされた4代目のリニューアル版で、日本市場への導入は2014年2月になされている。その導入にあたり、各メディアに掲載された試乗記は、ほぼべた褒め。近年希にみる評判の良さだった。

最近インポーターの方と話す機会を得たのでフィエスタのオーナー像をうかがったところ、本命だったファミリーカー層とは一線を画す、フィロソフィーを携えたクルマ好きの方の多さに驚いているとのこと。日本では「通好みな一台」と化しているのだそうだ。……話をうかがっているうちに、改めて乗ってみたくなった。VWポロやプジョー208など、強敵ひしめくBセグメントにおいてフィエスタは、なぜ「通好みな一台」たり得たのだろう?

結論からいえばこのフィエスタ、愚直といってもいいくらい真面目なのだ。アストンマーティン風のイケメンぶりや、エッジーなウインドウグラフィックに惑わされてはいけない。クルマの挙動やレスポンス、ハンドリングやブレーキのタッチ等、磨きに磨かれ磨き抜かれている感がある。澄んでいる。とはいえ、あくまでBセグメント。例えばポルシのそれと比較する無粋はいけない。

Related article

  • 空冷水平対向6気筒の伝説/ポルシェ、その伝説と衝動(1)
    空冷水平対向6気筒の伝説/ポルシェ、その伝説と衝動(1)
  • 世界屈指のショコラティエ・カンプリニ氏、魅惑のスイーツフェア
    世界屈指のショコラティエ・カンプリニ氏、魅惑のスイーツフェア
  • オフビートで獰猛。XL1200Tという新たなる誘惑
    オフビートで獰猛。XL1200Tという新たなる誘惑
  • Interview:クリスチャン・カンプリニ|誰かの喜びを作りだす喜び
    Interview:クリスチャン・カンプリニ|誰かの喜びを作りだす喜び
  • 100種類の食べる宝石! ブルガリ、イル・チョコラート回顧展開催
    100種類の食べる宝石! ブルガリ、イル・チョコラート回顧展開催
  • さらりとした貫禄。VWトゥアレグV6|試乗レポート
    さらりとした貫禄。VWトゥアレグV6|試乗レポート

Prev & Next

Ranking

  • 1
    期間限定、ピエール・エルメが提案する極上のモンブラン
  • 2
    「誰のせいでもない」【今週末見るべき映画】
  • 3
    「私たちは関係性のなかで生きている」エルネスト・ネト インタビュー
  • 4
    美しくておいしいキッチンのつくりかたとは?
  • 5
    今週末見るべき映画「ディズニーネイチャー フラミンゴに隠された地球の秘密」
  • 6
    ジャズ名盤講座第17回「デッカ編」ビギナー向け19選!マスター向け19選!
  • 7
    バーゼルワールド 2011が開幕
  • 8
    イームズ、ジラードがデザインしたポスターが発売
  • 9
    花と北欧インテリア ニコライ・バーグマン特別展
  • 10
    ペットにもデザイナーズ家具の時代、NY発「ヘッパー」

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加