欧州No1の実力。FORD フィエスタ|試乗レポート

2015年 2月 18日 08:00 Category : Car

このエントリーをはてなブックマークに追加

走り出してすぐに気に入ってしまった。なんと人当たりのいいクルマだろう。しかもその人当たりの良さは、首都高に上がりアクセルペダルを深々と踏み込んだとて、微塵も変わらない。シートのタッチは柔らかく、サスペンションはしなやか。それでいて底知れぬ奥深さを予感させる。「ああ、最近こういうクルマに乗っていなかった。久しぶりだなあ」と嬉しくなった。これがふた昔前の邦画なら、口笛のひとつも吹こうかとなるシーンだ。


今さらFORDフィエスタ? と思った方は、かなりのクルマ好きだろう。そう、このフィエスタは2008年にリリースされた4代目のリニューアル版で、日本市場への導入は2014年2月になされている。その導入にあたり、各メディアに掲載された試乗記は、ほぼべた褒め。近年希にみる評判の良さだった。

最近インポーターの方と話す機会を得たのでフィエスタのオーナー像をうかがったところ、本命だったファミリーカー層とは一線を画す、フィロソフィーを携えたクルマ好きの方の多さに驚いているとのこと。日本では「通好みな一台」と化しているのだそうだ。……話をうかがっているうちに、改めて乗ってみたくなった。VWポロやプジョー208など、強敵ひしめくBセグメントにおいてフィエスタは、なぜ「通好みな一台」たり得たのだろう?

結論からいえばこのフィエスタ、愚直といってもいいくらい真面目なのだ。アストンマーティン風のイケメンぶりや、エッジーなウインドウグラフィックに惑わされてはいけない。クルマの挙動やレスポンス、ハンドリングやブレーキのタッチ等、磨きに磨かれ磨き抜かれている感がある。澄んでいる。とはいえ、あくまでBセグメント。例えばポルシのそれと比較する無粋はいけない。

Related article

  • フェラーリ、40年の熟成|ジュネーブショー 2015
    フェラーリ、40年の熟成|ジュネーブショー 2015
  • ボローニャ発、マセラティの「世紀」
    ボローニャ発、マセラティの「世紀」
  • 代官山にてポルシェにふける/ポルシェ、その伝説と衝動(4)
    代官山にてポルシェにふける/ポルシェ、その伝説と衝動(4)
  • フランス映画祭、見どころ|2015
    フランス映画祭、見どころ|2015
  • 過剰にして完璧な、疾走する楽園/ポルシェ、その伝説と衝動(3)
    過剰にして完璧な、疾走する楽園/ポルシェ、その伝説と衝動(3)
  • 第7のコルベット、強靱で華麗に登場
    第7のコルベット、強靱で華麗に登場

Prev & Next

Ranking

  • 1
    背筋がゾゾッとする彫刻。「小谷元彦展:幽体の知覚」展
  • 2
    フォトギャラリー:アマダナ ケータイ2 N-04A
  • 3
    ザ・コンランショップの「買いやすい」新アイテム
  • 4
    フォトギャラリー:日産「スカイライン・クロスオーバー」
  • 5
    フォトギャラリー:「±0 2009年秋の新製品」
  • 6
    フォトギャラリー:「吉岡徳仁デザインによる、CAMPER旗艦店」
  • 7
    VOGUE NIPPON Women of the Year & Decade 2009発表
  • 8
    フォトギャラリー:プレミアムSUV「アウディ Q5」
  • 9
    フォトギャラリー:「BMW GINA Light Visionary Model」
  • 10
    ダイソンが羽根のない扇風機「エアマルチプライヤー」を発表

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加