MINIの未来はどうなる?『MINIビジョン・ネクスト100』を発表

2016年 6月 24日 14:00 Category : Car

このエントリーをはてなブックマークに追加

 「MINI」はBMW 100周年記念事業の一環として、「MINI」の未来をイメージしたコンセプトカー、『MINIビジョン・ネクスト100』を発表した。


「エモーショナルなレベルで人に関わる車は、未来都市の中に居場所を持てるのか?」
「空間の有効利用、というMINI独自の思想はどうなるのか?」
「デジタル化やコネクティビティがますます進む世界に、MINIはどのように対応していけるのか?」

 『MINIビジョン・ネクスト100』は、未来のアーバン・モビリティをめぐる上記のような重要な問いに対してMINIが出した答え。

 個人のニーズにぴったり合ったMINIを、いつでもどこからでも呼び出せるようになる24時間365日無休のサービスとして提供。未来のMINIは、利用者の指定する場所まで自動で迎えに行き、さらに個人の趣味や嗜好にも適応。このコンセプトの中核となるのは、完全接続のデジタル知能だ。


 未来であっても、現在と同じく、MINIやMINIが提案するライフスタイルに魅力を感じる人は多いだろうが、そのためにMINIのオーナーになる必要は、実際にはなくなるだろうとMINIは予想。MINIデザインチームは、クルマに広く瞬時に適応できる能力を持たせた。

 『MINIビジョン・ネクスト100』は、地味なシルバーの衣をまとっているが、MINIデザイナーはこれを「まっさらのキャンバス」と呼んでいる。

 そのキャンバスをどう使うかは個々の利用者次第。そのときの気分や状況に応じてフレキシブルに使用でき、ルーフの色や室内照明の雰囲気までも変えることができる。ひとりひとりに応じて室内環境や室内情報一式の設定を行える。ドライバーは、オーナーでないクルマであっても、自分の趣味にぴったり合ったマイカーのように感じることができる。

Related article

  • 丸の内にチョコレートを纏った衝撃のMINIが出現
    丸の内にチョコレートを纏った衝撃のMINIが出現
  • フォトギャラリー:「MINI Coupe」
    フォトギャラリー:「MINI Coupe」
  • フォトギャラリー:MINIジョン・クーパー・ワークス仕様
    フォトギャラリー:MINIジョン・クーパー・ワークス仕様
  • フォトギャラリー:「BMW MINI ビーチコマー・コンセプト」
    フォトギャラリー:「BMW MINI ビーチコマー・コンセプト」
  • MINIの新しいコンセプトモデル「MINI Paceman Concept」
    MINIの新しいコンセプトモデル「MINI Paceman Concept」
  • フォトギャラリー:MINI「ロケットマン・コンセプト」
    フォトギャラリー:MINI「ロケットマン・コンセプト」

Prev & Next

Ranking

  • 1
    フォトギャラリー:アウディ「S4」「S4アバント」発表会
  • 2
    フォトギャラリー:「DESIGN TOUCH Exhibition 夢を叶えるデザイン展」
  • 3
    イデーから新作家具「CONTOUR」キャビネット シリーズ
  • 4
    フォトギャラリー:デザインタイドトーキョー メイン会場(1)
  • 5
    今週末見るべき映画「ヤコブへの手紙」
  • 6
    銀座三越に日本初出店「フランソワ・プラリュ」
  • 7
    現代文学作家とメディアアーティストのコラボ「文学の触覚」展
  • 8
    ミラノサローネ2010、色の魔術師 パオラ・レンティ
  • 9
    今週末見るべき映画「25年目の弦楽四重奏」
  • 10
    フォトギャラリー:ドイツ本国仕様の新型BMW Z4

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加