アストンマーティンとレッドブル・レーシング、ハイパーカー「AM-RB 001」を発表

2016年 7月 9日 08:00 Category : Car

このエントリーをはてなブックマークに追加

 アストンマーティンと、F1チームであるレッドブル・レーシングのパートナーシップで生まれた「ハイパーカー」を発表した。このクルマには、「AM-RB 001」というコードネームが付けられている。


 AM-RB 001は軽量なカーボンファイバー構造のボディにより、公道走行可能なクルマとしては、前例のないレベルのダウンフォースを発生させつつ、思わず息を飲むようなダイナミックなフォルムを実現。

 また心臓部には新開発された高回転型の自然吸気V12エンジンがミッド・マウントされ、車両重量を出力で割ったパワー・ウェイト・レシオは、わずか1.0という驚異的な数値を達成している。


 高速走行における究極のエアロダイナミクスと、コンセプトの根幹となる「公道における使い勝手の良さと高い快適性」を実現するため、サスペンションやパッケージングにも工夫が施され、非常に軽くコンパクトに仕上がっていると同時に、快適性も備え、ドライバー&パッセンジャーおよびV12エンジンのための十分なスペースも確保されているという。


 AM-RB 001のエンジニアリング面はQ by Aston Martin Advancedおよびレッドブル・アドバンスド・テクノロジーズが共同で担当し、製造はアストンマーティンのゲイドン工場で行なわれる。製造台数は、今後製作されるプロトタイプと25台のサーキット専用バージョンを含めて、99~150台を予定。納車は2018年より開始される予定とのことだ。
 

Related article

  • 全世界150台の限定販、アストンマーティン V12 ザガート
    全世界150台の限定販、アストンマーティン V12 ザガート
  • フォトギャラリー:アストンマーティン「カーボンブラック スペシャルエディション」
    フォトギャラリー:アストンマーティン「カーボンブラック スペシャルエディション」
  • フォトギャラリー:アストンマーティン「ラピード」
    フォトギャラリー:アストンマーティン「ラピード」
  • アストンマーティン、究極のロードスター「ヴァンテージ GT12 ロードスター」を発表
    アストンマーティン、究極のロードスター「ヴァンテージ GT12 ロードスター」を発表
  • アストンマーティンの最新4ドアスポーツ「ラピード」
    アストンマーティンの最新4ドアスポーツ「ラピード」
  • アストンマーティンから2ドア新型スポーツGT「ヴィラージュ」
    アストンマーティンから2ドア新型スポーツGT「ヴィラージュ」

Prev & Next

Ranking

  • 1
    エンドレス・ポエトリー 【今週末見るべき映画】
  • 2
    伝統と革新のマスターブレンダー、コリン・スコット氏|Interview
  • 3
    空冷水平対向6気筒の伝説/ポルシェ、その伝説と衝動(1)
  • 4
    今週末見るべき映画「永遠のヨギー ヨガをめぐる奇跡の旅」
  • 5
    北斎 VS 広重 浮世絵、富士山対決
  • 6
    現代アート作品が誕生する瞬間に立ちあう。サイモン・フジワラ「The Problem of the Rock」
  • 7
    棚田康司展 日本古来の木彫技法「一木造り」
  • 8
    カンヌ・レポート4:カンヌとフランス映画、そして並行部門「監督週間」と「批評家週間」
  • 9
    日本橋三越本店でこの秋を彩る
  • 10
    「ジャン=ポール・エヴァン」から、年末年始彩る新作が続々

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加