公道走行とサーキットのための911、ポルシェ「911 GT3」

2017年 3月 13日 08:00 Category : Car

このエントリーをはてなブックマークに追加

 ポルシェ ジャパンは、新型ポルシェ「911 GT3」の予約受注を4月6日(水)より全国のポルシェ正規販売店にて開始する。日本での販売価格は2115万円。


 新型ポルシェ911GT3では、日常的な公道走行とサーキットでの走行を両立。4リッターの水平対向エンジンは最高出力368kW(500PS)を発生する高回転型の自然吸気エンジンで、純血種のレーシングカーである911 GT3カップのエンジンがほとんど仕様変更されることなく使用されている。


 ポルシェGTシリーズのオーナードライバーの多くは、自らが所有するスポーツカーでサーキットを走ることを好むと言われている。ニュー911 GT3は、3.88kg/kW(2.86kg/PS)のパワーウエイトレシオによってサーキットでもその本領をいかんなく発揮する。0-100km/h加速タイムは3.4秒、最高速度は318km/hに達する。


 インテリアも911 GT3のドライビングエクスペリエンスに相応しい仕様だ。世界最高と言われるハイパーカー、918スパイダーに由来する、GTスポーツステアリングホイールを搭載。また運転席と助手席の両方に、サイドサポートが強化されたスポーツシート プラスが装備される。トラックプレシジョンアプリによって、スマートフォン上での詳細なドライビングデータの表示、記録、および分析も可能だ。

Related article

  • 新ポルシェ911ターボ・カブリオレ、試乗レポート
    新ポルシェ911ターボ・カブリオレ、試乗レポート
  • フォトギャラリー:ポルシェ 新モデル「パナメーラ」インテリア
    フォトギャラリー:ポルシェ 新モデル「パナメーラ」インテリア
  • ポルシェ ジャパン、新型「911スピードスター」導入へ
    ポルシェ ジャパン、新型「911スピードスター」導入へ
  • ポルシェ ミュージアムで「ポルシェ エンジニアリングの80年」
    ポルシェ ミュージアムで「ポルシェ エンジニアリングの80年」
  • 過剰にして完璧な、疾走する楽園/ポルシェ、その伝説と衝動(3)
    過剰にして完璧な、疾走する楽園/ポルシェ、その伝説と衝動(3)
  • ハイブリッドユニット搭載、ポルシェ「918スパイダー」公開
    ハイブリッドユニット搭載、ポルシェ「918スパイダー」公開

Prev & Next

Ranking

  • 1
    バッグの黄金比がここに。チセイというフィレンツェ発レーベル
  • 2
    ミラノサローネ―トルトーナの日本企業、今年はどうだった?
  • 3
    上海のデザインユニット・ネリー&フーの考える家と街
  • 4
    銀座のミキモトにオランダのデザインが一堂に
  • 5
    ミラノサローネ2010、パトリシア・ウルキオラ新作
  • 6
    衝動と愛と。現代アート作家、村山留里子の原点をたどる
  • 7
    吉岡徳仁によるスワロフスキー旗艦店が銀座に
  • 8
    スペイン発のブランド、TOUSの新しい魅力
  • 9
    ノルウェー生まれのデザイン自転車・アルタバイク
  • 10
    「世界は大きな彫刻である」エスパス ルイ・ヴィトン東京でエルネスト・ネト展が開催中

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加