4000万円、2019年の量産を目指す、GLMのEV「GLM G4」発表

2017年 4月 18日 18:00 Category : Car

このエントリーをはてなブックマークに追加

 EV(電気自動車)メーカーのGLMは、2019年の量産を目指したEVスーパーカー「GLM G4」を発表。想定価格は4000万円で、販売台数は1000台。日本国内だけでなく、欧州や香港、中東、中国での販売を計画し、世界展開を視野に入れる。

 GLM G4は、専用開発の高効率、高出力なモーター「マルチ・サリエンシー・パワー・パッケージ」を車両前後に2機搭載した四輪駆動。2機のモーターが、路面の状態に応じてタイヤの回転力をそれぞれ調整する協調制御によって、走行時の動力を最大化させる。

スペックは、最高出力400kW(540馬力)、最大トルク1000Nm。発進から時速100kmまでの到達時間は3.7秒(0-100km/h加速)、最高速度250km/h、航続距離400km(欧州の標準試験モードNEDC)。

 外観デザインはクーペスタイルながら、4ドア4シーター。前後4枚のドアが跳ね上がる独自の「アビームセイルドア」を採用。路上を走るヨットを意味する「ロードヨット」をコンセプトにした。

 現在は、GLM G4専用のパワートレイン(モーター、バッテリー、車両制御ユニットなど)や電子制御装置の開発を協力会社と進めており、2017年内には試作車での走行テストを行う。

 GLMは2010年4月、当時、京都大学院2年だった現社長の小間裕康さんが、EVの開発、販売を行う企業として設立。GLM G4の開発に向けて、自動車設計エンジニアを30人ほどに増員したい考えで採用を強化している。GLMには、トヨタ、日産、スバル、ダイハツといった自動車メーカーや、三菱重工やアイシン精機といった企業にいたエンジニア15人が在籍している。

GLM G4 Concept Movie from GLM on Vimeo


GLM G4
量産開始 2019年
想定価格 4000万円
販売台数 1000台
モーター 最高出力400kW(540馬力)、最大トルク1000Nm
最高速度 250km/h
航続距離 400km
加速   3.7秒(0-100km/h加速)
駆動   4輪駆動
仕様   4ドア4人乗り

Link
GLM

Related article

  • BMW、環境に考慮した次世代プレミアムブランド「i3」「i8」を国内導入
    BMW、環境に考慮した次世代プレミアムブランド「i3」「i8」を国内導入
  • あの「デロリアン」がEVとして帰ってくる!
    あの「デロリアン」がEVとして帰ってくる!
  • フォルクスワーゲンの最新コンセプト「NILS」
    フォルクスワーゲンの最新コンセプト「NILS」
  • フォトギャラリー:VWゴルフの電気自動車「blue-e-motion」
    フォトギャラリー:VWゴルフの電気自動車「blue-e-motion」
  • 世界最高効率の超コンパクトEV「T.27 City Car」
    世界最高効率の超コンパクトEV「T.27 City Car」
  • 東京モーターショーレポ、今年は「スマートハウス+モビリティ」
    東京モーターショーレポ、今年は「スマートハウス+モビリティ」

Prev & Next

Ranking

  • 1
    ミラノサローネとは一体何なのか?━世界最大のデザインイベント
  • 2
    今週末見るべき映画「ティエリー・トグルドーの憂鬱」
  • 3
    デザインプロダクト最新作-ドイツ「アンビエンテ」レポート【後編】 
  • 4
    ロータス・エリーゼの限定車「エリーゼ・クラブレーサー」
  • 5
    伊勢丹新宿店、新リビングフロアをさっそく分析
  • 6
    センプレで「手を動かして知る」デザイン
  • 7
    深澤直人とジャスパー・モリソンの、極上椅子
  • 8
    古代から愛されてきた、注目のビューティフード「モリンガ」
  • 9
    ボルボが放つ新世代コンパクトSUV「V40 クロスカントリー T5 AWD」
  • 10
    ショーメ × ソフィー・マルソー、官能のラブストーリー

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加