新型プジョー207シリーズ 発売開始

2007年 3月 20日 20:35 Category : Car

このエントリーをはてなブックマークに追加

 プジョー・ジャポンは、同社のコンパクトカーである新型プジョー207シリーズを発表。本日より全国のプジョーディーラー・ネットワークで販売を開始した。


 207シリーズに搭載されるエンジンは1.6L及び1.6Lターボの2種類で、組み合わせられるトランスミッションは、1.6Lに4速AT、1.6Lターボに5速MTとなり、全車右ハンドルで提供される。

 207シリーズは1.6Lエンジンを搭載した5ドアのベーシック・バージョンとして「207」を設定。さらに同エンジンを搭載しながらパノラミックガラスルーフとハーフレザーシートを装備した5ドアのラグジュアリー・バージョンとして「207Cielo」を用意。そして1.6Lターボ・エンジンを搭載し、パノラミックガラスルーフとハーフレザーシートを装備した3ドアのスポーティ・バージョンとして「207GT」と、全3車種で構成される。

 そして、このうち「207GT」が本日から、「207」及び「207Cielo」が5月7日より販売開始となる。価格は「207」が239万円(消費税込み)。「207Cielo」と「207GT」が264万円(消費税込み)。さらに「207Cielo」に受注生産となるフルレザーシートを選択した場合には15万円高となる279万円(消費税込み)となる。

 207シリーズは、プジョーが1929年に初めて数字3桁のモデル名を与えた「201」から始まる“2”シリーズの伝統を引き継ぐニューモデル。さらに1999年に発表された後、日本でのプジョーの認知度向上に大きく貢献した先代206シリーズの後継であり、約8年ぶりのフルモデルチェンジとなる車種である。206シリーズは、全世界で590万台以上の生産実績を誇る同社のヒット車であり、日本市場でも4万8000台の販売を記録した。

 今回の新型207シリーズはその後継となる基幹モデルだけに、プジョー・ジャポンも今年の目玉として力を入れている。

 本日の発表会には、プジョー社の社長フレデリック・サンジュール氏が来日し、自らプレゼンテーションを行った。それもあってか会場内は、輸入車の発表会としては異例ともいえるほど、多くの報道陣で溢れかえっていた。

Related article

  • ベンツ新型Cクラスが間もなく日本上陸、試乗レポート
    ベンツ新型Cクラスが間もなく日本上陸、試乗レポート
  • フィアット500、チンクチェントが50年ぶりに復活
    フィアット500、チンクチェントが50年ぶりに復活
  • 独創と革新のDS。CITROEN DS Line
    独創と革新のDS。CITROEN DS Line
  • ダッジが遂に日本導入へ
    ダッジが遂に日本導入へ
  • プジョーSR1コンセプトカー発表、未来を予言するスタイリング
    プジョーSR1コンセプトカー発表、未来を予言するスタイリング
  • ミドルサイズのクロスオーバーSUV デュアリス
    ミドルサイズのクロスオーバーSUV デュアリス

Prev & Next

Ranking

  • 1
    コムロタカヒロ氏、インタビュー。「KISS THE HEART#3」
  • 2
    山中俊治ディレクション「骨」展
  • 3
    刀剣における日本の伝統美を映し出す職人技 日本橋三越本店で河内國平個展「光=映=日本刀」
  • 4
    ボンジュール、アン 【今週末見るべき映画】
  • 5
    今週末見るべき映画「幸せのありか」
  • 6
    江戸な縁起ものを暮らしに/其の二「江戸扇子/伊場仙」
  • 7
    デザインから見る、新型MacBookの凄さ(2)
  • 8
    ジャズ名盤講座第5回「ベツレヘム」ビギナー向け19選!マスター向け19選!
  • 9
    30年ぶりの大規模な「フランシス・ベーコン展」
  • 10
    閉幕まであとわずか、必見のディーター・ラムス展

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加