ポルシェ911ターボにカブリオレが追加

2007年 5月 9日 10:45 Category : Car

このエントリーをはてなブックマークに追加

 5月8日、ドイツのスポーツカーメーカーであるポルシェは、同社の主力モデルである911シリーズのフラッグシップ、911ターボにカブリオレ・モデルを追加した。


 911シリーズにおけるターボ・カブリオレは実に20年もの歴史を持つ伝統的なモデル。圧倒的なハイパフォーマンスを誇る911ターボをベースに、さらにカブリオレ化が図られたこのモデルは、まさに究極のパフォーマンスとドライビング・プレジャーを備えた911といえる存在である。
 
 911ターボ・カブリオレは、クーペの911ターボと同様に480PS(353kW)の最高出力と、63.2kgm(620Nm)/1,950rpmの最大トルクを発生する3.6Lの水平6気筒ターボ・エンジンを搭載。さらにオプション設定される「スポーツクロノパッケージ・ターボ」を使用すると、オーバーブースト機能の働きによって最大トルクを一時的に69.3kgm(680Nm)まで高めることができる。加速性能は0~100km/hのタイムが、5速ATのティプトロニックS装着車で3.8秒を実現。最高速度は310km/hにも及ぶ。


 通常クーペをベースにカブリオレ化するにあたっては、車両重量の大幅な増加は避けられないが、911ターボ・カブリオレではクーペに対してわずか70kg増に抑えられている。また今回採用した軽量な3層構造の電動ソフトトップは約20秒で開閉が完了する。 

 911シリーズは代々、通常のクーペ・モデルを皮切りにラインナップを拡大していくのが常。事実この997型と呼ばれる現行モデルでも、ターボやタルガなど様々なモデルがラインナップされ、現在では7車種が用意される。そしてこれまでの慣習からいえばターボ・カブリオレというモデルはシリーズの末期に登場していることがほとんどだ。

 しかし現行の911である997型の登場は2004年とまだ3年しか経過していないだけに、今回はそうした慣習は当てはまらないのかもしれない。ただ噂では現行の997型のモデルライフは比較的短いだろうと言われているため、来年には大幅なマイナーチェンジもしくはフルモデルチェンジが控えている可能性もある。


 ちなみにベースとなった911ターボの車両価格は1800万円台であるため、カブリオレは2000万円に限りなく近い価格になるのではないか? そう考えるとこの911ターボ・カブリオレは、ハイパフォーマンスかつエクスクルーシブなモデルであり、実に贅沢な911といえるだろう。


取材/河口まなぶ

Related article

  • ポルシェ、最新ハイブリッド技術の結晶「918RSR」
    ポルシェ、最新ハイブリッド技術の結晶「918RSR」
  • ポルシェ 911 カレラ4シリーズがアップデート
    ポルシェ 911 カレラ4シリーズがアップデート
  • 日産マーチの欧州仕様クーペカブリオレ マイクラC+C発売
    日産マーチの欧州仕様クーペカブリオレ マイクラC+C発売
  • ライカのデジタルプロジェクター「プラドビット D-1200」
    ライカのデジタルプロジェクター「プラドビット D-1200」
  • 次期スカイライン・クーペがNYでデビュー
    次期スカイライン・クーペがNYでデビュー
  • 世界最高効率の超コンパクトEV「T.27 City Car」
    世界最高効率の超コンパクトEV「T.27 City Car」

Prev & Next

Ranking

  • 1
    「アルファ ロメオ・ジュリエッタ」が日本初公開
  • 2
    サロン・デュ・ショコラ 2015|おすすめショコラ
  • 3
    福武ハウス 2010に気鋭の現代作家:瀬戸内国際芸術祭
  • 4
    トゥーランドット 臥龍居/あの店で、今日もきちんと朝ごはん(2)
  • 5
    ジャズ名盤講座第3回「ブルーノートPart3(4100~4423番)」ビギナー向け19選!マスター向け19選!
  • 6
    紙製品の新ブランド「No.62」
  • 7
    今週末見るべき映画「郊遊<ピクニック>」
  • 8
    難解にみえて、着手を選ばない服―エムズ ブラック
  • 9
    世界の「いれもの」が大集合! コンランの「CASE STUDY」
  • 10
    渋谷に岡本太郎の遺伝子を継ぐアートが集結!

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加