『エキサイトイズム』サービス終了のお知らせ
この度『エキサイトイズム』は2019年9月30日をもちましてサービス終了をさせていただきました。
これまで皆さまに賜りましたご愛顧に心より感謝申し上げます。誠にありがとうございました。

スバル インプレッサが6年ぶりにフルモデルチェンジ

2007年 6月 5日 18:02 Category : Car

このエントリーをはてなブックマークに追加

 富士重工業は6月5日、同社の主要モデルである「スバル・インプレッサ」をフルモデルチェンジし、本日から全国のスバル特約店を通じ一斉に発売すると発表した。


 3代目となる新型インプレッサ最大の特徴は、「新快適スタイル」と称してこれまでの4ドアセダン・ボディから一転、5ドアのハッチバック・ボディを採用したこと。4ドアセダンから5ドアハッチバックへボディ形状を変更したことには、インプレッサをこれまで以上にグローバル・スタンダードカーとして販売していきたいという富士重工の想いが透けて見える。5ドアのハッチバック・ボディを採用したことはつまり、欧州市場においての販売増を狙っている(ちなみに米国市場向けには4ドアセダンも用意)ことがわかる。
 
 スバルは新型インプレッサで今回、「スタイリッシュと感じるデザイン」「使いやすさを感じるパッケージング」「信頼と確かさを感じる気持ち良い走り」という3つの価値を謳い、これを凝縮することによって、グローバル・スタンダードカーとしての提案を行っている。


 メカニズムではまず、搭載エンジンはこれまで同様、スバル独自の水平対向エンジンとしながらも搭載位置を前端部で22mm下げることによってさらなる低重心化を図っている。そしてこれを5速MTもしくは4速ATを介してFF(前輪駆動)もしくはAWD(全輪駆動)に組み合わせる。

 トピックとしては今回から「SI(スバル・インテリジェント)シャシー」と呼ばれる新開発シャシーを用いたこと。以前のシャシーと比べると、リアのサスペンションに新開発となるダブルウィッシュボーン式を採用した他、ボディ構造の合理化によって優れたボディ剛性と軽量化を両立したという。これによって優れた乗り心地と高い運動性能の両立を狙っている。

 またパッケージングでもリアのダブルウィッシュボーン・サスペンション採用によって、ラゲッジルームの使い勝手が向上。同時にゆとりある室内を構築することができたという。

Related article

  • 新型プジョー207シリーズ 発売開始
    新型プジョー207シリーズ 発売開始
  • BOSEの新自動車用オーディオシステム
    BOSEの新自動車用オーディオシステム
  • 間もなく発表、トップ・オブ・レクサス LS600h
    間もなく発表、トップ・オブ・レクサス LS600h
  • 強靭でしなやかな走り。スバルBRZに特別限定モデル「BRZ tS」が登場
    強靭でしなやかな走り。スバルBRZに特別限定モデル「BRZ tS」が登場
  • フォルクスワーゲン ニュービートルの特別仕様車 コンフィ
    フォルクスワーゲン ニュービートルの特別仕様車 コンフィ
  • タブーを打ち破った1台・日産GT−R、試乗レポート
    タブーを打ち破った1台・日産GT−R、試乗レポート

Prev & Next

Ranking

  • 1
    パッケージ幸福論 2011「幸福を届けるパッケージ」
  • 2
    吉田カバン×ビームスの手ぶらダッフル
  • 3
    今週末見るべき映画「地下鉄のザジ」
  • 4
    #謎1|パーク ハイアット 東京、その謎
  • 5
    ジャズ名盤講座第15回「アーゴ/カデット編」ビギナー向け19選!マスター向け19選!
  • 6
    世界初のリキッドメタル、オメガ「シーマスター」限定モデル
  • 7
    独ミーレのデザイン家電、掃除機に新モデル
  • 8
    今週末見るべき映画「パリよ、永遠に」
  • 9
    建築家 丹下健三の瀬戸内。「丹下健三 伝統と創造 瀬戸内から世界へ」展
  • 10
    日常の価値観をゆるがす、西野 達のアート

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加