タブーを打ち破った1台・日産GT−R、試乗レポート

2007年 12月 19日 11:45 Category : Car

このエントリーをはてなブックマークに追加

 12月6日の発売以来、大きな話題を呼んでいる日産の新世代マルチパフォーマンススーパーカー「GT-R」。このモデルに早速試乗することができたので報告したい。


 かつてスカイラインGT−Rの名で日本のクルマ好きを熱狂させたモデルが2007年についに復活。同時に「スカイライン」の名と決別し「日産GT−R」として再スタートを切った。理由は、これまでのスカイラインGT−Rがドメスティックカーだったのに対し、日産GT−Rはグローバルカーという使命が与えられたからである。

 GT−Rが大きく注目される理由は、伝説の名車の復活と同時に、そのパフォーマンスが圧倒的であるため。全てが専用開発されたGT−Rは車重1770kgとヘビー級のクルマだが、与えられるエンジンは3.8Lの排気量を持つV6ツインターボで、最高出力は実に480ps、最大トルクは60.0kgmを発生する。

 さらにGT−Rはこのエンジンと組み合わせるトランスミッションにおいて、新開発となる2ペダルの自動6速MTであるDCTを搭載。しかもこのトランスミッション、通常のクルマのようにエンジンと直接締結はなされず、後輪の間にトランスミッションを配するトランスアクスルという複雑な方式によって搭載されている。

 加えてGT−Rでは、エンジンからの出力を一度、後輪間にあるトランスミッションに伝えたのち、そのトランスミッションから別の経路で前輪に駆動を配分する4WDシステムを採用している。またこの他にもボディの多くのアルミを採用するなどして出来る限り軽量化を図るなど、専用設計ならではのこだわりが随所に行かされている。


 結果、導き出される性能は0−100km/h加速性能で3.6秒と、世界最速の部類に入る。最高速も300km/hをオーバーする実力が与えられた。ちなみにライバルとして挙げられるのはポルシェ911のトップモデルである911ターボで、GT−Rはあらゆる性能で911ターボの数値を超えている。

 さらに驚きなのは日本における911ターボの価格が実に1858−1912万円という超高価格車なのに対し、GT−Rはそれを上回る性能ながら車両価格は777~834.8万円と半額以下を実現している点。つまり圧倒的なパフォーマンスの高さだけでなく、圧倒的なコストパフォーマンスの高さも実現した1台なのである。

 実際に走らせてみると驚愕の性能。特に加速は異次元の速さで、高速道路の法定速度にはアッという間に達してしまう。また加速だけでなくコーナリングもこれまでのどの日本車よりも速さを持っており、通常のクルマならば旋回時には1Gもかからないが、GT−Rは1.6Gの旋回Gを発するモンスターマシンである。

Related article

  • 鮮やかなカラー「アウディTTクーペ 2.0TFSIリミテッド」
    鮮やかなカラー「アウディTTクーペ 2.0TFSIリミテッド」
  • フォトギャラリー:新型EクラスとSLS AMGセーフティカー
    フォトギャラリー:新型EクラスとSLS AMGセーフティカー
  • フォトギャラリー:プレミアムコンパクト・クロスオーバー「XC60」
    フォトギャラリー:プレミアムコンパクト・クロスオーバー「XC60」
  • 「ジャガーXJ」が約7年ぶりにフルモデルチェンジ
    「ジャガーXJ」が約7年ぶりにフルモデルチェンジ
  • スカイラインがSUVに「スカイライン・クロスオーバー」
    スカイラインがSUVに「スカイライン・クロスオーバー」
  • フォトギャラリー:新型「プリウス」
    フォトギャラリー:新型「プリウス」

Prev & Next

Ranking

  • 1
    東京ミッドタウンに「ガリバーテーブル」出現
  • 2
    ミラノサローネとは一体何なのか?━世界最大のデザインイベント
  • 3
    グエナエル・ニコラ「SPARKS」 SWAROVSKI CRYSTAL PALACE
  • 4
    アクシスギャラリーで「三保谷硝子店—101年の試作展」開催中
  • 5
    フォトギャラリー:吉岡徳仁デザインのKartell「Ami Ami」
  • 6
    日本初披露、フェラーリ初のハイブリッド・スーパーカー「ラ フェラーリ」
  • 7
    新しいVWザ・ビートルのシンプルネスとは? デザイナーインタビュー
  • 8
    フォトギャラリー:「TENORI-ON(テノリオン)」
  • 9
    #謎4|パーク ハイアット 東京、その謎
  • 10
    暮らしのための道具がある風景「鍋の道具展」

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加