BMW 1シリーズにクーペモデルが登場

2008年 2月 27日 12:30 Category : Car

このエントリーをはてなブックマークに追加

 BMWは2月26日、プレミアム・コンパクト「1シリーズ」のニュー・バリエーションとなる「1シリーズ・クーペ」の投入を発表、同日より販売が開始された。


 1シリーズの2ドアクーペは、すでにヨーロッパで販売が行われているモデル。本国ではガソリンエンジンに加えディーゼルエンジンなども用意されるが、今回日本に導入されるモデルは、その中でもトップレンジに位置する「135iクーペ」だ。

 135iクーペの大きな特徴はそのスタイリングだ。伝説の名車「BMW 2002」を始めとして数多くの名作クーペを生み出してきたBMW。その伝統はこの1シリーズ・クーペにも反映され、全長4370mm×全幅1750mm×全高1410mmと、1シリーズ・ハッチバックモデルよりやや長く低いボディサイズの中に、ダイナミックなシルエットを持つ2ドア・クーペスタイルを作り上げている。


BMW 2002
 スタイリングに加え、135iクーペの魅力を大きく際立たせているのが、3リットルの排気量を持つ直噴直列6気筒パラレル・ツインターボエンジンだ。これはBMW 3シリーズのトップモデル「335i」に搭載されるエンジンと基本的に同じもので、306PSの最高出力と同時に、1300回転から5000回転におよぶワイドレンジで40.8kg-mの最大トルクを発生させる特性を実現。


 335iと比較しおよそ100kgも軽量な135iクーペは、あらゆる走行シーンでクラスを超えたスムーズで力強い走りをもたらしてくれる。一方、ガソリン燃焼効率を徹底して向上させる機構の導入などにより、10・15モードで9.4km/リットルと、同排気量の自然吸気エンジン並みの省燃費も達成している。

Related article

  • ホンダ「インサイト」には先進のティーチング機能も
    ホンダ「インサイト」には先進のティーチング機能も
  • 社会とつながるデザインードイツの生活用品見本市「テンデンス」
    社会とつながるデザインードイツの生活用品見本市「テンデンス」
  • フォトギャラリー:「アウディTT RSクーペ」発表会
    フォトギャラリー:「アウディTT RSクーペ」発表会
  • 愛車と呼びたくなる新色、リモワの「サルサ レーシンググリーン コレクション」
    愛車と呼びたくなる新色、リモワの「サルサ レーシンググリーン コレクション」
  • 全国40台限定の「ディスカバリー4 SE Premium Edition」が登場
    全国40台限定の「ディスカバリー4 SE Premium Edition」が登場
  • メルセデス・ベンツ「Mクラス」のフルモデルチェンジを発表
    メルセデス・ベンツ「Mクラス」のフルモデルチェンジを発表

Prev & Next

Ranking

  • 1
    iida Art Editionsにコンセプトモデル、名和晃平と東信
  • 2
    ランボルギーニ「アヴェンタドール J」を世界初公開
  • 3
    今週末見るべき映画「ハーツ・アンド・マインズ/ベトナム戦争の真実」
  • 4
    「イスラエル映画傑作選」 東京フィルメックスレポート
  • 5
    「レンジローバー・イヴォーク5ドア」が初公開
  • 6
    ザハ・ハディドのソファ、B&B Italia新作
  • 7
    ヘブンリーベッド、「BALS TOKYO GINZA」で展示販売
  • 8
    ジャズ名盤講座第24回「ECM編」
  • 9
    ニッポンデザインを牽引「渡辺力さんの仕事」
  • 10
    今週末見るべき映画「her/世界でひとつの彼女」

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加