BMW 1シリーズにクーペモデルが登場

2008年 2月 27日 12:30 Category : Car

このエントリーをはてなブックマークに追加

 BMWは2月26日、プレミアム・コンパクト「1シリーズ」のニュー・バリエーションとなる「1シリーズ・クーペ」の投入を発表、同日より販売が開始された。


 1シリーズの2ドアクーペは、すでにヨーロッパで販売が行われているモデル。本国ではガソリンエンジンに加えディーゼルエンジンなども用意されるが、今回日本に導入されるモデルは、その中でもトップレンジに位置する「135iクーペ」だ。

 135iクーペの大きな特徴はそのスタイリングだ。伝説の名車「BMW 2002」を始めとして数多くの名作クーペを生み出してきたBMW。その伝統はこの1シリーズ・クーペにも反映され、全長4370mm×全幅1750mm×全高1410mmと、1シリーズ・ハッチバックモデルよりやや長く低いボディサイズの中に、ダイナミックなシルエットを持つ2ドア・クーペスタイルを作り上げている。


BMW 2002
 スタイリングに加え、135iクーペの魅力を大きく際立たせているのが、3リットルの排気量を持つ直噴直列6気筒パラレル・ツインターボエンジンだ。これはBMW 3シリーズのトップモデル「335i」に搭載されるエンジンと基本的に同じもので、306PSの最高出力と同時に、1300回転から5000回転におよぶワイドレンジで40.8kg-mの最大トルクを発生させる特性を実現。


 335iと比較しおよそ100kgも軽量な135iクーペは、あらゆる走行シーンでクラスを超えたスムーズで力強い走りをもたらしてくれる。一方、ガソリン燃焼効率を徹底して向上させる機構の導入などにより、10・15モードで9.4km/リットルと、同排気量の自然吸気エンジン並みの省燃費も達成している。

Related article

  • 上海にVWゴルフの電気自動車モデルが出現
    上海にVWゴルフの電気自動車モデルが出現
  • 今週末見るべき映画「誰よりも狙われた男」
    今週末見るべき映画「誰よりも狙われた男」
  • ポルシェの技術が集結した「ポルシェ バイク」、6年ぶり
    ポルシェの技術が集結した「ポルシェ バイク」、6年ぶり
  • MINIシリーズ第4のバリエーション「BMW MINI Countryman」
    MINIシリーズ第4のバリエーション「BMW MINI Countryman」
  • デトロイトでベールを脱いだNew NSX|デトロイトモーターショー2015
    デトロイトでベールを脱いだNew NSX|デトロイトモーターショー2015
  • フェラーリから、458イタリアの次世代モデル「458スペチアーレ」発表
    フェラーリから、458イタリアの次世代モデル「458スペチアーレ」発表

Prev & Next

Ranking

  • 1
    北斎 VS 広重 浮世絵、富士山対決
  • 2
    瀬戸内海を切り開く?「ファスナーの船」:瀬戸内国際芸術祭
  • 3
    世界初公開のカチナ!「倉俣史朗とエットレ・ソットサス」
  • 4
    ブルガリ「B.zero1」のアニッシュ・カプーア バージョン
  • 5
    東京デザイナーズウィーク2008 レポート(2)
  • 6
    フランス映画祭、見どころ|2015
  • 7
    ポイント倍率が最大3倍の新しいクレジットカード
  • 8
    今週末見るべき映画「おみおくりの作法」
  • 9
    背筋がゾゾッとする彫刻。「小谷元彦展:幽体の知覚」展
  • 10
    ヌード!ヌード!ヌード!篠山紀信がビルジャック

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加