『エキサイトイズム』サービス終了のお知らせ
この度『エキサイトイズム』は2019年9月30日をもちましてサービス終了をさせていただきました。
これまで皆さまに賜りましたご愛顧に心より感謝申し上げます。誠にありがとうございました。

BMW 1シリーズにクーペモデルが登場

2008年 2月 27日 12:30 Category : Car

このエントリーをはてなブックマークに追加

 BMWは2月26日、プレミアム・コンパクト「1シリーズ」のニュー・バリエーションとなる「1シリーズ・クーペ」の投入を発表、同日より販売が開始された。


 1シリーズの2ドアクーペは、すでにヨーロッパで販売が行われているモデル。本国ではガソリンエンジンに加えディーゼルエンジンなども用意されるが、今回日本に導入されるモデルは、その中でもトップレンジに位置する「135iクーペ」だ。

 135iクーペの大きな特徴はそのスタイリングだ。伝説の名車「BMW 2002」を始めとして数多くの名作クーペを生み出してきたBMW。その伝統はこの1シリーズ・クーペにも反映され、全長4370mm×全幅1750mm×全高1410mmと、1シリーズ・ハッチバックモデルよりやや長く低いボディサイズの中に、ダイナミックなシルエットを持つ2ドア・クーペスタイルを作り上げている。


BMW 2002
 スタイリングに加え、135iクーペの魅力を大きく際立たせているのが、3リットルの排気量を持つ直噴直列6気筒パラレル・ツインターボエンジンだ。これはBMW 3シリーズのトップモデル「335i」に搭載されるエンジンと基本的に同じもので、306PSの最高出力と同時に、1300回転から5000回転におよぶワイドレンジで40.8kg-mの最大トルクを発生させる特性を実現。


 335iと比較しおよそ100kgも軽量な135iクーペは、あらゆる走行シーンでクラスを超えたスムーズで力強い走りをもたらしてくれる。一方、ガソリン燃焼効率を徹底して向上させる機構の導入などにより、10・15モードで9.4km/リットルと、同排気量の自然吸気エンジン並みの省燃費も達成している。

Related article

  • ポルシェ新型「911カブリオレ」を初公開
    ポルシェ新型「911カブリオレ」を初公開
  • 新型フェラーリ「フェラーリ・カリフォルニア」日本初公開
    新型フェラーリ「フェラーリ・カリフォルニア」日本初公開
  • 試乗レポート:MINI クロスオーバー
    試乗レポート:MINI クロスオーバー
  • ポルシェ、「パナメーラ」のインテリアコンセプトを公開
    ポルシェ、「パナメーラ」のインテリアコンセプトを公開
  • 世界のライフスタイルアイテムが大集合/ヨーロッパの美しい生活道具、最前線(5)
    世界のライフスタイルアイテムが大集合/ヨーロッパの美しい生活道具、最前線(5)
  • 世界のデザイン雑貨最新情報 ドイツ・アンビエンテ/後半
    世界のデザイン雑貨最新情報 ドイツ・アンビエンテ/後半

Prev & Next

Ranking

  • 1
    60年を経て、中原淳一の「夢の机」を商品化
  • 2
    パトリシア・ウルキオラが内装|国内初旗艦店「MOLTENI&C TOKYO」
  • 3
    吉岡徳仁によるスワロフスキー旗艦店が銀座に
  • 4
    大人の男の成熟を描く、「ブルー ドゥ シャネル」 
  • 5
    今週末見るべき映画「塀の中のジュリアス・シーザー」
  • 6
    横山裕一「ネオ漫画」の世界にどっぷり浸る
  • 7
    総額一億円相当!ベネチアンモザイクの「SICIS」オープン
  • 8
    メルセデス・ベンツ、新型「Gクラス」を発表
  • 9
    2011年の締めくくりは、ザ・リッツ・カールトン東京で
  • 10
    Bang & Olufsenのエキシビジョンが開催

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加