BMW 1シリーズにクーペモデルが登場

2008年 2月 27日 12:30 Category : Car

このエントリーをはてなブックマークに追加

 BMWのプロダクト・マネジメントを担当する岡田裕治氏は、1シリーズ・クーペ発表会場において次のように語った。


 「BMW 1シリーズ・クーペは、ほかのBMW製品同様に“駆けぬける歓び”の実現する法則に沿って開発されています。具体的には後輪駆動であること、50:50の最適な前後重量配分の実現、縦置きのエンジンとトランスミッション、車両のほぼ中心に位置するドライバーポジションなどです。1シリーズ・クーペには、BMWモデルとしての基本が凝縮されているのです」

 「1シリーズ・クーペがターゲットとしているユーザーは、国産車に乗られている方であるとか、輸入車が好きな方などということは問いません。想定しているのは“生粋のクルマ好き”の方々です。ご自分のクルマに高性能、運転の楽しさ、革新的な技術を求め、このクルマの持つスポーティなイメージにフィットするライフスタイルを持つ方々に是非乗っていただきたいと考えています」

 2004年より日本に導入されたBMW 1シリーズは、これまで5ドア・ハッチバックモデルを展開。同クラスでは世界で唯一となるフロントエンジン-リアドライブ(FR)方式の駆動レイアウトを採用することなどを通じ、BMWの理念である「駆けぬける歓び」を表現してきた。今回加わった1シリーズ 135iクーペは、従来の1シリーズに増して「駆けぬける歓び」が徹底的に追求されたモデルといえるだろう。


 BMW 1シリーズ135iクーペの価格は6速MTが538万円、6速ATが549万円となる。6速MTは順次デリバリーが開始されるが、6速AT仕様は予約注文生産方式をとるためデリバリーは6月以降となる予定だ。

お問い合わせ:BMWカスタマーサポート tel.0120-55-3578

取材/日岐まほろ

関連サービス
エキサイト カー&バイク

Related article

  • レストアされた「ポルシェ 911 T クーペ北米仕様車」
    レストアされた「ポルシェ 911 T クーペ北米仕様車」
  • ボルボが放つ新世代コンパクトSUV「V40 クロスカントリー T5 AWD」
    ボルボが放つ新世代コンパクトSUV「V40 クロスカントリー T5 AWD」
  • 深澤直人デザインによる、ラミー「noto」
    深澤直人デザインによる、ラミー「noto」
  • 日産が放つEVスポーツカーのコンセプトモデルとは?
    日産が放つEVスポーツカーのコンセプトモデルとは?
  • フォトギャラリー:グッチとのコラボ特別仕様車「500 by Gucci」
    フォトギャラリー:グッチとのコラボ特別仕様車「500 by Gucci」
  • VWの最上級SUV「トゥアレグ」がハイブリッドに
    VWの最上級SUV「トゥアレグ」がハイブリッドに

Prev & Next

Ranking

  • 1
    クリエイターの合同展示会「For Stockists Exhibition」
  • 2
    パリで苦闘した明治・大正画家たちの展覧会、第一部が好評のうちに終了
  • 3
    食のセレクトマーケット「FUKUSHIMAYA TASTING MARKET」
  • 4
    写真との幸福で理想的な関係。「梅佳代展 UMEKAYO」
  • 5
    伊・マセラティ×英・B&W、オーディオ登場
  • 6
    落合多武個展「スパイと失敗とその登場について」
  • 7
    今週末見るべき映画「フェアウェル さらば、哀しみのスパイ」
  • 8
    今週末見るべき映画「ゴーストライター」
  • 9
    岩井俊雄×YAMAHAのTENORI-ONが発売
  • 10
    ホンダ、伝説のスポーツカー「NSX」の新型プロトモデルを発表

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加