奥山清行デザインの次世代カーに、タグ・ホイヤーが搭載

2008年 3月 12日 12:23 Category : Car

このエントリーをはてなブックマークに追加

 先日開かれた第78回ジュネーブ国際自動車ショーで、話題となったのが日本人デザイナー、ケン・オクヤマこと奥山清行が手がけたコンセプトカー、「K.o 7スパイダー」だ。シンプル、かつパワフルなフォルムは、“Sword katana”=日本刀のフォルムを受け継いでいると評され、世界のジャーナリストたちの注目を集めた。


 かつてイタリアの老舗カロッツェリア、ピニンファリーナでデザインディレクターを務め、エンツォ・フェラーリをも手がけた奥山氏だが、今回のメイド・イン・ジャパンのコンセプトカーには、日本的なスピリットを盛り込んでいる。

 そんなコンセプトカーにおいて、パートナーシップを提携したのが、スイスのウォッチメーカー、タグ・ホイヤーである。助手席部分にあるダッシュボードには、タグ・ホイヤーの時計「グランドカレラ クロノグラフ RS」が搭載されている。(下写真)


 またカーボン素材で覆われた未来感覚のコックピットには、「グランドカレラ クロノグラフ RS」にインスパイアされたタキメーターや回転数カウンターといった計器・パネル類も搭載されている。エンジンブロックとディスクには、時計のダイヤルに施されている伝統的な装飾技法、コート・ド・ジュネーブがあしらわれている。


 なおこの「K.o 7スパイダー」のコンセプトは、“Sushi of Automatic”(寿司のようなクルマ)。思わず笑ってしまいそうな軽妙なコンセプトだが、そこにはギリギリのラインまで無駄を省いてシンプルに、かつ洗練された素材の持ち味を引き出すという情熱がこめられている。飛行機用のドライカーボン、プレス加工したアルミ製パネル、ミル加工の合金部品を用いて軽量化、エコロジカルな高性能を実現させた。

「軽量化のおかげで運転が楽しく、将来の地球環境と共存できる車となりました」(デザイナー奥山清行)

「アヴァンギャルドな素材と軽量化を組み合わせることで、最高の精度が保証され、またローカーボン材とアルミニウムの素材の美しさが強調されています。(中略)このコンセプトカーは「グランドカレラ」が持つテクノロジー、デザインノウハウ、そして存在意義を体現しています」(タグ・ホイヤー本社 代表取締役兼CEO ジャン-クリストフ・ババン)



取材/東ミチヨ

関連サービス
エキサイト カー&バイク

Related article

  • フォトギャラリー:ディーター・ラムス展
    フォトギャラリー:ディーター・ラムス展
  • モダンデザインの粋を見る「バウハウス・デッサウ展」
    モダンデザインの粋を見る「バウハウス・デッサウ展」
  • 作られ続ける道具たち「日本の荒物 松野屋とSyuro 」
    作られ続ける道具たち「日本の荒物 松野屋とSyuro 」
  • 自分だけの香りを創る「カスタムメイド フレグランス」
    自分だけの香りを創る「カスタムメイド フレグランス」
  • 近所からどこまで飛躍できるのか? 鈴木康広個展「近所の地球」
    近所からどこまで飛躍できるのか? 鈴木康広個展「近所の地球」
  • 世界最軽量レベルの次世代ダウンジャケット
    世界最軽量レベルの次世代ダウンジャケット

Prev & Next

Ranking

  • 1
    コムロタカヒロ氏、インタビュー。「KISS THE HEART#3」
  • 2
    山中俊治ディレクション「骨」展
  • 3
    刀剣における日本の伝統美を映し出す職人技 日本橋三越本店で河内國平個展「光=映=日本刀」
  • 4
    ボンジュール、アン 【今週末見るべき映画】
  • 5
    今週末見るべき映画「幸せのありか」
  • 6
    江戸な縁起ものを暮らしに/其の二「江戸扇子/伊場仙」
  • 7
    デザインから見る、新型MacBookの凄さ(2)
  • 8
    ジャズ名盤講座第5回「ベツレヘム」ビギナー向け19選!マスター向け19選!
  • 9
    30年ぶりの大規模な「フランシス・ベーコン展」
  • 10
    閉幕まであとわずか、必見のディーター・ラムス展

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加