プジョー207シリーズにワゴンモデルの「207SW」

2008年 4月 1日 23:11 Category : Car

このエントリーをはてなブックマークに追加

 プジョー・シトロエン・ジャポンは、プジョー207シリーズに、スタイリッシュなワゴンボディを持った新しいバリエーション「207SW」を追加し、4月14日より販売を開始することを発表した。


【207SW】

 プジョー207シリーズにはこれまで、ハッチバックおよびクーペ・カブリオレ(オープンモデル)という2種のボディラインナップが用意されており、207SWはそれに続くモデル。車輛価格は標準モデルが269万円、レザーインテリア・バージョンが290万円だ。また、6月にはターボエンジンを搭載するハイパフォーマンス・バージョンの「207SW GTi」の販売もスタート。こちらは335万円となる。

 207SWの大きな特徴のひとつはエクステリア・デザインだ。フロントまわりは207シリーズと同様だが、大きなテールランプやボディサイドまでまわりこむ大型のリアスクリーンなど、ワゴンであることを主張するリアまわりに個性的で大胆なアピアランスが与えられる。アルミニウム製のルーフレールのデザインなども斬新で、その存在感はハッチバックに勝るとも劣らない。


 優れた使い勝手も207SWのポイントだ。ハッチバック比で全長を120mm、全高を40mmそれぞれ拡大(全長4150mm×全幅1750mm×全高1535mm)し、室内空間を向上させ、5名乗車時で338リットル、リアシート折りたたみ時で1258リットルに及ぶ積載性能を達成している。

Related article

  • トヨタの新世代ハイブリッド、新型「プリウス」
    トヨタの新世代ハイブリッド、新型「プリウス」
  • プジョー「207CC」がマイナーチェンジ
    プジョー「207CC」がマイナーチェンジ
  • スタイリッシュ4ドアクーペ「アウディA5 スポーツバック」
    スタイリッシュ4ドアクーペ「アウディA5 スポーツバック」
  • 国立競技場を疾走、ランボルギーニ「アヴェンタドール」
    国立競技場を疾走、ランボルギーニ「アヴェンタドール」
  • プジョー308とアマダナがコラボレーション
    プジョー308とアマダナがコラボレーション
  • ポルシェ「カイエンターボS」が世界初公開
    ポルシェ「カイエンターボS」が世界初公開

Prev & Next

Ranking

  • 1
    “マンガ”をテーマに『Tokyo’s Tokyo』2号店
  • 2
    スキンケアブランド「イソップ」の路面店がオープン
  • 3
    オービカ モッツァレラバーで解禁直後のノヴェッロを
  • 4
    ニューヨークで「BMW Guggenheim Lab」はじまる
  • 5
    恵比寿映像祭レポート(2) 都築響一のトンデモ作品
  • 6
    メルボルンのレストラン/オーストラリアを旅する(1)
  • 7
    フォトギャラリー:デザインタイドトーキョー エクステンション
  • 8
    オルタナティブ・ジャーニーな世界観に写真の「今」をみる。 ライアン・マッギンレー展
  • 9
    深澤直人のデザインワークショップ展「WITHOUT THOUGHT」
  • 10
    今週末見るべき映画「華麗なるアリバイ」

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加