ハイパフォーマンスモデル「MINI John Cooper Works」

2008年 9月 25日 15:35 Category : Car

このエントリーをはてなブックマークに追加

 BMWは9月24日、MINIにモータースポーツ・スピリットに溢れるハイパフォーマンスモデル「MINI John Cooper Works(ジョン・クーパー・ワークス)」を設定し、25日より発売を開始した。MINIのラインナップ中、最もホットなパワーユニットに専用セッティングとなる6速MTを組み合せる。価格は363万円。


 ”John Cooper Works“と言えば、MINIチューナーとして押しも押されもせぬ存在。1960年代にMINIとともにモータースポーツの世界を席巻したジョン・クーパー氏は、モータースポーツの最高峰であるF1マシンのコンストラクターとしても有名だ。その名を冠するチューナーの名は、MINIファンにとっては特別な響きをもたらすフレーズのひとつであり、MINIとモータースポーツとのつながりを強く印象付けるものだ。  

 MINI John Cooper Worksの大きな特徴は、何と言ってもシリーズ最高のパフォーマンスを誇るパワーユニットだ。1.6リットルの排気量を持つ直列4気筒ターボ、というスペックはクーパーSと同様だが、タービンの過給圧アップやそれに伴うエンジン各部への強化パーツの導入、排気効率が高められた新開発のエキゾーストシステムなどによって211hp/6000rpm、260Nm/2000~5300rpm(オーバーブースト時は280Nm)というパフォーマンスを手に入れている。


 さらに、専用セッティングとなる6速マニュアルトランスミッション、高性能ブレーキシステム、超軽量の17インチ・アロイホイールなど、走りにこだわった多くの専用装備が与えられている。


 なお、エンジンはMINIのワンメイクレース「MINI CHALLENGE」で使用されるエンジンと全く同じであり、採用される専用アイテムの数々は、MINIのワンメイクレース用レーシングカー「MINI John Cooper Works CHALLENGE」からコンバートされたもの。こういったディテールのひとつひとつが、MINI John Cooper Worksがいかにモータースポーツとの関わりが深いモデルであるかを示している。

Related article

  • フォトギャラリー:ランボルギーニムルシエラゴLP 650-4ロードスター
    フォトギャラリー:ランボルギーニムルシエラゴLP 650-4ロードスター
  • アウディ TTクーペ、TTロードスターを改良販売
    アウディ TTクーペ、TTロードスターを改良販売
  • ランボルギーニ、シリーズ初の後輪駆動仕様
    ランボルギーニ、シリーズ初の後輪駆動仕様
  • ポルシェ「カイエンターボS」が世界初公開
    ポルシェ「カイエンターボS」が世界初公開
  • フォトギャラリー:新型「プリウス」
    フォトギャラリー:新型「プリウス」
  • フォトギャラリー:フェラーリ・フェスティバル2009(4)
    フォトギャラリー:フェラーリ・フェスティバル2009(4)

Prev & Next

Ranking

  • 1
    フォトギャラリー:モレスキン「Detour」展
  • 2
    フォトギャラリー:iPadのような、新しいMacBook Air
  • 3
    フォトギャラリー:ダミアン・ハースト×ルイ・ヴィトン
  • 4
    フォトギャラリー:メルセデス・ベンツ 新型「Eクラス」
  • 5
    フォトギャラリー:メルセデス・ベンツ新型「SLシリーズ」
  • 6
    フォトギャラリー:アウディ R8 5.2 FSIクワトロ
  • 7
    フォトギャラリー:MINIジョン・クーパー・ワークス仕様
  • 8
    フォトギャラリー:新型BMW7シリーズ発表会
  • 9
    フォトギャラリー:アウディ「S4」「S4アバント」発表会
  • 10
    秋のデザイン祭り、サテライト会場を厳選ピックアップ!

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加