メルセデス・ベンツ 新型コンパクトSUV「GLKクラス」

2008年 10月 24日 19:20 Category : Car

このエントリーをはてなブックマークに追加

 メルセデス・ベンツ日本は10月24日、本格的なオフロード走行性能を備えた新型プレミアムコンパクトSUV「GLKクラス」の発売を開始した。今年1月のデトロイトモーターショーでワールドプレミアが行われたメルセデスの新しいSUV。今回日本に導入されるモデルは3リットルV型6気筒エンジン(231PS)を搭載する「GLK300 4MATIC」(左ハンドル)で、価格は675万円。


 GLK300 4MATICは、全長4530mm×全幅1840mm×全高1685mmという市街地でも扱いやすいコンパクトなボディサイズでありながら、エクステリアにはGクラス譲りの迫力のスクエアデザインが与えれており、そのシルエットはいかにもメルセデスのSUVらしい趣だ。


 同時に、力強い表情を見せる大型のライトユニットや、ボディサイドに伸びやかに描かれたキャラクターラインなどにより都会派プレミアムSUVとしての精悍な表情も見せる。

 GLK300 4MTICに搭載されるエンジンは、231PS/30.6kg-mを発揮する3リットルV型6気筒ユニットだ。これに、メルセデス独自の7速オートマッチクである7Gトロニックを組み合わせる。駆動方式は、エンジントルクを前45パーセント:後55パーセントの比率で配分するフルタイム4WDシステム「4MATIC」を採用。

 さらに、タイヤの空転や車輛の横滑りなどを検知し電子制御によって安定方向へとコントロールする4ESP(4エレクトロニック・スタビリティ・プログラム)、4ETS(4エレクトロニック・トラクション・システム)を組み合わせることで、オフロードからハイウェイまで、あらゆる走行シーンにおける卓越した走行安定性能を実現している。


 インテリアでは、7インチ高精細モニターを備えるHDDナビゲーションシステムやリアシート専用エアアウトレットが設けられた空調システムなど快適装備を始め、イグニッションキーを抜くとステアリングが上方に移動しドライバーの乗降動作をサポートするイージーエントリーを採用するなど、ドライバーや同乗者をもてなすきめ細やかな装備が充実している。


 ラゲッジルームは2:1可倒式リアシートを倒すことで最大1,550リットルに及ぶ積載量を誇るとともに、テールゲート開口部から段差なくフラットなフロア面とされるなど使い勝手にも優れる。


Related article

  • 世界トップレベルの加速性能。フェラーリ、「458スペチアーレ」日本初披露
    世界トップレベルの加速性能。フェラーリ、「458スペチアーレ」日本初披露
  • レストアされた「ポルシェ 911 T クーペ北米仕様車」
    レストアされた「ポルシェ 911 T クーペ北米仕様車」
  • 「プジョー3008」、デザイナーが語る新型クロスオーバーの魅力
    「プジョー3008」、デザイナーが語る新型クロスオーバーの魅力
  • メルセデス・ベンツ SLKクラスがフルモデルチェンジ
    メルセデス・ベンツ SLKクラスがフルモデルチェンジ
  • アルファ ロメオ、新グレード「ジュリエッタ クラシカ」販売開始。
    アルファ ロメオ、新グレード「ジュリエッタ クラシカ」販売開始。
  • フォルクスワーゲン 新型スポーツクーペ「シロッコ」
    フォルクスワーゲン 新型スポーツクーペ「シロッコ」

Prev & Next

Ranking

  • 1
    アストンマーティン、究極のロードスター「ヴァンテージ GT12 ロードスター」を発表
  • 2
    養老孟司×山中俊治スペシャルトーク「骨のはなし」
  • 3
    注目にはドッカーン加速で。ラクで楽しいNM4|試乗レポート
  • 4
    メンズのクラッチ/注目すべき、厳選メンズバッグ(5)
  • 5
    今週末見るべき映画「収容病棟」
  • 6
    長山智美のムームー日記SP「おバカモノセレクション」1
  • 7
    タッチセンサー内臓のロジクール「Touch Mouse M600」
  • 8
    アラン・デュカスと京都三大名店による“食の饗宴”
  • 9
    エンツォ・マーリ新作は「和弓」がモチーフ
  • 10
    新しいファミレスのかたち「100本のスプーン」あざみ野にオープン

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加