『エキサイトイズム』サービス終了のお知らせ
この度『エキサイトイズム』は2019年9月30日をもちましてサービス終了をさせていただきました。
これまで皆さまに賜りましたご愛顧に心より感謝申し上げます。誠にありがとうございました。

ドイツ本国仕様、新型BMW Z4の姿が明らかに

2009年 1月 6日 22:30 Category : Car

このエントリーをはてなブックマークに追加

 BMWの2シーター・ロードスターモデル「Z4」が、デビューからおよそ6年ぶりにフルモデルチェンジを実施。来年初頭の正式公開を前に、ドイツ本国仕様の新型Z4の姿が明らかとなった。


 初代Z4同様、ロングノーズ・ショートデッキというトラディショナルなスポーツカースタイルは受け継いでいるものの、歴代のBMW2シーター・ロードスターシリーズにおいて初めてリトラクタブル・ハードトップ(電動開閉式のメタルトップ)の採用を行うなど、BMWの新世代オープンスポーツに相応しい進化を果たした。


 新型Z4の大きな特徴は、伝統のスタイルの中にもダイナミックかつモダンな表情を見せるエクステリアデザインだ。ボンネットフード上には、力強くV字型を描くアクセントを含む6つのプレスラインによって三次元的な面が構成されている。幅の広いキドニー・グリルの両脇に備わるヘッドライトも特徴的だ。


 片側2灯式のライトの上部に半透明のカバーを組み込み、視覚的にヘッドライトの上端部分をカットするデザイン処理を施すことで、ひと目で新型Z4とわかる個性を演出している。ボディサイドの力強い2本のキャラクターラインは初代から引き継ぐZ4のアイデンティティであるが、フロントサイドパネル部にBMWエンブレムを埋め込んだ魚のエラ状のモチーフを加えるなど新たな表情を与えている。

フォトギャラリー:ドイツ本国仕様の新型BMW Z4

Related article

  • フォルクスワーゲン「E バグスター」を公開
    フォルクスワーゲン「E バグスター」を公開
  • 「ロータス・エリーゼ」2011年モデルの販売を開始
    「ロータス・エリーゼ」2011年モデルの販売を開始
  • ランボルギーニからオープントップ・ガヤルドの最高峰
    ランボルギーニからオープントップ・ガヤルドの最高峰
  • ロールス・ロイスが電気自動車? コンセプトを出展
    ロールス・ロイスが電気自動車? コンセプトを出展
  • 「ジャガーXKR PORTFOLIO」が10台のみ日本導入
    「ジャガーXKR PORTFOLIO」が10台のみ日本導入
  • BMWからニューモデル、「アクティブツアラー アウトドア」登場
    BMWからニューモデル、「アクティブツアラー アウトドア」登場

Prev & Next

Ranking

  • 1
    ジャズ名盤講座第24回「ECM編」
  • 2
    ボジョレーヌーヴォー解禁、新旬ワインと食の響宴
  • 3
    Marvelous Max Mara Tokyo 2013開催!
  • 4
    大人の男の成熟を描く、「ブルー ドゥ シャネル」 
  • 5
    数値制御切削機を用いた木製筆記具、MACINARI(マキナリ)
  • 6
    伝説の「ポルシェ917」誕生から、今年で40周年
  • 7
    初公開! 旧フランス大使館に現代アートが集結
  • 8
    フランスで人気のチーズBEST6
  • 9
    マンダリン オリエンタル 香港に隠された、エクスクルーシブな空間
  • 10
    メルボルンの街並み/オーストラリアを旅する(2)

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加