ホンダのハイブリッド、新型「インサイト」

2009年 1月 14日 20:20 Category : Car

このエントリーをはてなブックマークに追加

 ホンダは1月12日、北米国際自動車ショーにおいて新型インサイト量産モデル(北米仕様)を発表した。昨年8月に開催されたパリ国際自動車ショーにおいてコンセプトモデルが発表されてからおよそ3ヵ月余り、量産型が初めて姿を現した。


 1999年に登場した初代インサイトが定員2名の3ドアハッチバックであったのに対し、新型インサイトは大人5人乗車が可能な5ドアハッチバックモデルへと大きな変貌を遂げた。またそのスタイリングには、燃料電池車であるFCXクラリティを踏襲した最新鋭の空力デザインが用いられている。


 ハイブリッド・ユニットは、1.3リットルのエンジンにモーターアシストが加わるというもの。小排気量のコンパクトなエンジンに、小型・軽量化を追求したモーター、そして同じく小型・軽量なバッテリーを組み合わせる点が特徴だ。

 先進の空力デザインと効率的なハイブリッド・ユニットを備える新型インサイトは一般道で40マイル/ガロン、高速道路においては43マイル/ガロンという優れた燃費性能を示す。また同時に、コスト効率を高めた生産体制によって実用的なハイブリッドカーとしては非常にリーズナブルな価格を実現したという。

 日本国内モデルはおよそ200万円程度のプライスが掲げられるとも言われる新型インサイトだが、日本における正式発表は2月5日に行われ、翌6日より全国での発売開始が予定されている。

フォトギャラリー:ホンダ新型ハイブリッド「インサイト」

取材/日岐まほろ

Related article

  • フィアット 500に特別限定「バニライエロー」
    フィアット 500に特別限定「バニライエロー」
  • フォトギャラリー:フォルクスワーゲン「ゴルフR」
    フォトギャラリー:フォルクスワーゲン「ゴルフR」
  • MINIシリーズ第4のバリエーション「BMW MINI Countryman」
    MINIシリーズ第4のバリエーション「BMW MINI Countryman」
  • 「プジョー3008」、デザイナーが語る新型クロスオーバーの魅力
    「プジョー3008」、デザイナーが語る新型クロスオーバーの魅力
  • フォルクスワーゲン、ジウジアーロ社を買収
    フォルクスワーゲン、ジウジアーロ社を買収
  • メルセデス・ベンツ、新型CLSクラスを発表
    メルセデス・ベンツ、新型CLSクラスを発表

Prev & Next

Ranking

  • 1
    クリエイターの合同展示会「For Stockists Exhibition」
  • 2
    パリで苦闘した明治・大正画家たちの展覧会、第一部が好評のうちに終了
  • 3
    食のセレクトマーケット「FUKUSHIMAYA TASTING MARKET」
  • 4
    写真との幸福で理想的な関係。「梅佳代展 UMEKAYO」
  • 5
    伊・マセラティ×英・B&W、オーディオ登場
  • 6
    落合多武個展「スパイと失敗とその登場について」
  • 7
    今週末見るべき映画「フェアウェル さらば、哀しみのスパイ」
  • 8
    今週末見るべき映画「ゴーストライター」
  • 9
    岩井俊雄×YAMAHAのTENORI-ONが発売
  • 10
    ホンダ、伝説のスポーツカー「NSX」の新型プロトモデルを発表

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加