レクサスのクロスオーバーモデル「RX」シリーズ発売開始

2009年 1月 26日 12:25 Category : Car

このエントリーをはてなブックマークに追加

 レクサスは1月19日、プレミアムサルーンの快適性とSUVの機動性を併せ持ったクロスオーバーモデル「RX」シリーズの発売を開始した。海外レクサスブランドでは1998年に初代モデルが登場し、新型RXシリーズは3代目に相当するモデルだが、日本のレクサスチャンネルにおいては初のクロスオーバーモデルとなる。


 3.5リットルV型6気筒エンジンを搭載する「RX350」は同日より発売を開始し価格は460万円から。一方、3.5リットルV型6気筒エンジン+電気モーターのハイブリッドシステムを採用する「RX450h」は4月以降の発売となり、価格は570万円からとなる。

 新しい時代に向けたレクサスらしい進化を最も強く感じさせるのが、優れた走行性能の実現と未来志向とも言える環境性能の具体化だ。トップレンジであるRX450hには、レクサス初採用となるアトキンソンサイクルエンジンに、高性能インバーターを組み合せることで軽量・高トルク化と同時に省燃費を実現したハイブリッドシステムを搭載。加えて排気ガスの熱をエンジン冷却水の温度上昇に利用する「排気熱循環システム」を取り入れ暖気時間を短縮し、燃費向上を図っている。


 これらによりRX450hは、4.5リットルエンジン搭載車並みの動力性能(システムトータル299PS)と18.8km/リットルというクラス世界最高レベルの燃費性能を実現。また、燃費最優先での走行を選択できる「エコドライブモード」も備わる。一方、2トンに迫るボディと280PS/35.5kg-mという余裕あるパワーを発揮するRX350の9.4km/リットル(2WDモデルは9.7km/リットル)という燃費性能も、ハイブリッドシステムをもたない標準的なガソリンエンジンとしては優れた数値と言えるだろう。

Related article

  • 4輪駆動モデルの「ポルシェ911シリーズ」
    4輪駆動モデルの「ポルシェ911シリーズ」
  • モビリティの未来へ、フォルクスワーゲンの「1リッターカー」
    モビリティの未来へ、フォルクスワーゲンの「1リッターカー」
  • 電気自動車のMINIがサーキットを駆け巡る
    電気自動車のMINIがサーキットを駆け巡る
  • 速報・フォルクスワーゲン新世代ゴルフ
    速報・フォルクスワーゲン新世代ゴルフ
  • フォトギャラリー:ポルシェ 新モデル「パナメーラ」
    フォトギャラリー:ポルシェ 新モデル「パナメーラ」
  • フォトギャラリー:「ロータス・エリーゼ・クラブレーサー」
    フォトギャラリー:「ロータス・エリーゼ・クラブレーサー」

Prev & Next

Ranking

  • 1
    山中俊治ディレクション「骨」展
  • 2
    コムロタカヒロ氏、インタビュー。「KISS THE HEART#3」
  • 3
    建築家ピエール・シャローの知られざる魅力を公開
  • 4
    モダンデザインの粋を見る「バウハウス・デッサウ展」
  • 5
    刀剣における日本の伝統美を映し出す職人技 日本橋三越本店で河内國平個展「光=映=日本刀」
  • 6
    ボンジュール、アン 【今週末見るべき映画】
  • 7
    今週末見るべき映画「幸せのありか」
  • 8
    江戸な縁起ものを暮らしに/其の二「江戸扇子/伊場仙」
  • 9
    ジャズ名盤講座第5回「ベツレヘム」ビギナー向け19選!マスター向け19選!
  • 10
    30年ぶりの大規模な「フランシス・ベーコン展」

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加