ホンダ「インサイト」には先進のティーチング機能も

2009年 2月 6日 18:13 Category : Car

このエントリーをはてなブックマークに追加

 新型インサイトのボディサイズは、全長4390mm×全幅1695mm×全高1425mmという、いわゆる5ナンバーサイズに収まるコンパクトなもの。これは、クルマを初めて購入するというエントリーユーザーをはじめ、女性や高齢者層にとっても扱いやすいサイズだろう。


 一方、ハイブリッドだから、コンパクトだからといって使い勝手や日常性がスポイルされていないのが新型インサイトの凄いところだ。小型化されたハイブリッドユニットや広い5ドアハッチバックスタイルの恩恵により大人5名分の座席と広大なラゲッジスペースが確保されている。


 特にラゲッジスペースは最大積載容量が400リットルに及ぶ。後部座席も6:4分割可倒式となっており、大き目の家電製品や長尺物の積載にも有効だ。これには車両後部に備わるIPU(インテリジェント・パワーユニット)の小型化が大きく寄与している。

 IPUはバッテリーと、モーターの駆動と電力エネルギーの回生を行うPCU(パワー・コントロール・ユニット)とで構成されるが、新型インサイトの開発にあたりバッテリーの高性能化を達成、モーター稼働に必要な出力と容量を確保しながらバッテリー部の体積・重量を従来比でそれぞれ3割程度削減。IPUをラゲッジルーム下にコンパクトに格納することに成功。おかげでラゲッジルームにはサブトランクを備え付ける余裕を見せるほどだ。


 新型インサイトは日本での発売に続き欧州、北米など全世界での販売が予定され、年間20万台の販売を予定しているという。日本国内での月間販売目標は5000台だが、すでに2月5日の段階で5000台を越える予約受注が入っているというから、その注目の高さが伺い知れる。

Related article

  • グリーン ポルシェ!  パナメーラS e-ハイブリッド
    グリーン ポルシェ!  パナメーラS e-ハイブリッド
  • 美しい4ドアクーペ誕生、メルセデス・ベンツ「CLAクラス」
    美しい4ドアクーペ誕生、メルセデス・ベンツ「CLAクラス」
  • MINI50周年記念モデルによる路上走行イベント
    MINI50周年記念モデルによる路上走行イベント
  • プジョー、208シリーズのニューモデル発売
    プジョー、208シリーズのニューモデル発売
  • アート気分で走る、ボルボC30グラフィックカー
    アート気分で走る、ボルボC30グラフィックカー
  • フォトギャラリー:アウディA5 スポーツバック
    フォトギャラリー:アウディA5 スポーツバック

Prev & Next

Ranking

  • 1
    【レポート】第三回ヘンタイ美術館、「理想と現実、どちらがヘンタイか」
  • 2
    グリーン ポルシェ!  パナメーラS e-ハイブリッド
  • 3
    車と人のいい関係。ボルボ V40、デザイナーが語る北欧主義
  • 4
    インタビュー:マリオ・ベリーニ、名作誕生を語る
  • 5
    谷尻誠インタビュー:都心の広場に巨大なジャングルジムが出現
  • 6
    ムービー:軽井沢千住博美術館、西沢立衛設計
  • 7
    iPad、販売台数200万台を突破
  • 8
    レイバンの名作が、ミッドセンチュリー色にパワーアップ
  • 9
    アルフレッド ダンヒル 銀座本店がオープン
  • 10
    アルファ ロメオ 8C コンペティツィオーネが日本国内に

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加