「クリーン or パッション」東京モーターショー2009

2009年 10月 30日 00:00 Category : Car

このエントリーをはてなブックマークに追加

 11月4日まで千葉県・幕張メッセで一般公開されている第41回東京モーターショー2009。今回は国産車メーカーの出展が中心となり、環境技術をテーマにした真面目なモーターショーという印象が強い。各社とも独自の先端技術を打ち出しているが、あえてデザインの観点からクルマを俯瞰してみると、また違った面白さがある。

 デザイン的にモーターショーを見るなら、テーマは「クリーン OR パッション」ではないだろうか。環境技術に力を入れたクリーンなクルマが主流となる一方で、それとは逆のベクトルを示す“走り”や“クルマ本来の官能性”に目を向けたデザインも話題となっている。クルマへの憧れを、忘れたくないという情熱。近年はプレミアム性能を備えた「エモーショナルなデザイン」が輸入車でトレンドとなっていたが、それとはまた違う作り手の熱い信念を感じさせるデザインである。


 ホンダのハイブリッドカー「CR-Z」は、シャープなフォルムから疾走感や走る楽しさが伝わってくるコンセプトカー。今までエコカーというと、あえてスピード感を視覚的に表現しないコンフォタブルなデザインが多かったが、ホンダは「かっこよさ」に挑戦。エッジの立ったサイドラインや、鋭角を描くヘッドランプにパッションを感じさせるデザインになっている。2010年に販売予定。

Related article

  • フォトギャラリー:フォルクスワーゲン スポーツクーペ「シロッコ」
    フォトギャラリー:フォルクスワーゲン スポーツクーペ「シロッコ」
  • プジョーRCZ、五感に響くデザイン至上主義
    プジョーRCZ、五感に響くデザイン至上主義
  • BMW Z4ロードスターに特別限定車、ファッションイベントも
    BMW Z4ロードスターに特別限定車、ファッションイベントも
  • ボルボ XC60が好調、進化したXC60 T5 SE発売
    ボルボ XC60が好調、進化したXC60 T5 SE発売
  • 新年に贈る招福デザイン、シャンハイ・タンのギフトコレクション
    新年に贈る招福デザイン、シャンハイ・タンのギフトコレクション
  • フォトギャラリー:MINI「ロケットマン・コンセプト」
    フォトギャラリー:MINI「ロケットマン・コンセプト」

Prev & Next

Ranking

  • 1
    #謎1|パーク ハイアット 東京、その謎
  • 2
    いったいどれが自分? 「“これも自分と認めざるをえない”展」
  • 3
    B&B ITALIAがグランドオープン、新作も到着
  • 4
    スワロフスキー、2014年春夏コレクションの嘆美
  • 5
    リビング・モティーフが選ぶ「ポータブルライト」
  • 6
    Works/デザイン|革新し続けるデザイナー 吉岡徳仁(2)
  • 7
    ハリと輝きを惜しみなく、コンフォートゾーン「グロリアススキン」
  • 8
    メルセデス新型「SL」が世界初披露、デトロイトモーターショー
  • 9
    Volkswagen|移動のクオリティを示す、“Lounge”という新しい記号
  • 10
    東京ソラマチに「ビーアグッドネイバー コーヒーキオスク」がオープン

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加