新型「アルファ ロメオ ジュリエッタ」3月にワールドプレビューへ

2009年 12月 7日 18:25 Category : Car

このエントリーをはてなブックマークに追加

 フィアットグループオートモービルズは12月2日、2010年3月に開催されるジュネーブ国際モーターショーにおいて新型スポーツモデル「アルファ ロメオ ジュリエッタ」のワールドプレビューをおこなうことを発表した。


 “ジュリエッタ”は、1950年代半ばに誕生したアルファ ロメオの名モデルとして広く知られるネーミングだ。1980年代半ば、第2世代の生産終了によってジュリエッタの系譜はしばらく途絶えていたが2010年、伝統の名が復活する。


初代ジュリエッタ スプリント

 新型ジュリエッタのボディサイズは全長4350mm、全高1460mm、全幅1800mm。スタイリングはアルファ ロメオのスーパースポーツ「8C」の流れを組むダイナミックな造形。MiToでもおなじみの新世代アルファ ロメオらしいアプローチだ。

 精悍なフロントマスクを構成するヘッドライトにはLEDが採用され、日中の被視認性を高めるデイライト機能も組み込まれる。全体的にウェッジシェイプの効いたシャープなシルエットではあるが、4枚のドアを持つハッチバックであり、ラゲッジルームには350Lの容量を備えるなど日常性も高い。


 パワーユニットはガソリンエンジンが2種類(排気量1.4L、最高出力120HP仕様とそのハイパワーバージョンの170HP仕様)、そしてディーゼルエンジンが2種類(1.6L、最高出力105HP仕様および2.0L、170HP)の計4タイプ。すべてターボユニットだ。ボディにはアルミニウムや高張力鋼などを用い軽量・高剛性設計としている。また、新型サスペンションや次世代ステアリングシステムの採用により、高いレベルの安全性や快適性に加え、アルファ ロメオらしい優れた走行性能を実現しているという。

Related article

  • VWゴルフ・シロッコにトップパフォーマンスモデル
    VWゴルフ・シロッコにトップパフォーマンスモデル
  • 国立競技場を疾走、ランボルギーニ「アヴェンタドール」
    国立競技場を疾走、ランボルギーニ「アヴェンタドール」
  • プジョーがこの春贈る、「308のある生活」
    プジョーがこの春贈る、「308のある生活」
  • ミドルサイズのプレミアムSUV「アウディ Q5」発売
    ミドルサイズのプレミアムSUV「アウディ Q5」発売
  • フォトギャラリー:アウディ「R8 5.2 FSIクワトロ」
    フォトギャラリー:アウディ「R8 5.2 FSIクワトロ」
  • レクサス最新コンセプトモデル「LF-LC」
    レクサス最新コンセプトモデル「LF-LC」

Prev & Next

Ranking

  • 1
    フォトギャラリー:モレスキン「Detour」展
  • 2
    フォトギャラリー:iPadのような、新しいMacBook Air
  • 3
    フォトギャラリー:ダミアン・ハースト×ルイ・ヴィトン
  • 4
    フォトギャラリー:メルセデス・ベンツ 新型「Eクラス」
  • 5
    フォトギャラリー:メルセデス・ベンツ新型「SLシリーズ」
  • 6
    フォトギャラリー:アウディ R8 5.2 FSIクワトロ
  • 7
    フォトギャラリー:MINIジョン・クーパー・ワークス仕様
  • 8
    フォトギャラリー:新型BMW7シリーズ発表会
  • 9
    フォトギャラリー:アウディ「S4」「S4アバント」発表会
  • 10
    秋のデザイン祭り、サテライト会場を厳選ピックアップ!

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加