フォルクスワーゲンのハイブリッドコンセプトカー「NCC」

2010年 1月 14日 10:00 Category : Car

このエントリーをはてなブックマークに追加

 フォルクスワーゲンは1月11日(現地時間)、デトロイトモーターショーにおいて量産化を視野に入れたハイブリッド・コンセプト「NCC(ニューコンパクトクーペ)」のワールドプレビューをおこなった。

 150PSを発揮する1.4LのガソリンTSIエンジンに、電気モーター(20kW/27PS)を組み合せたハイブリッドユニットを搭載する。NCCは独立した4座を持つクーペで、ボディサイズは全長4540×全幅1780×全高1410mm。シロッコとパサートCCの中間にポジショニングされるという。

 NCCは欧州基準における燃費性能は約23.8km/L(4.2L/100km)、CO2排出量は90g/kmとハイブリッドカーらしい優れた環境性能を示す。その一方で、走行性能も充実。227km/hの最高速度を誇り、0-100km/h加速は8.6秒となっている。ボディシルエットはフォルクワーゲンらしい端正なものだが、張りのあるショルダーラインや迫力あるフェンダーアーチ、ボディの四隅に配置された19インチ径のタイヤ&ホイールなどによって力強さが表現されている。LEDデイライト、ターンシグナルを一体化した複合型ヘッドライトによる引き締まった表情も印象的だ。

 フォルクスワーゲンは昨年、SUVモデルであるトゥアレグのハイブリッド・プロトを公開しているが、その市販バージョンをフォルクワーゲン初のハイブリッドとして2010年前半にも市場に投入するという。今回のNCCの発表は、それに続くコンパクトかつスポーティなハイブリッド導入を示したものと言えるだろう。

取材/日岐まほろ

Related article

  • フォトギャラリー:ランボルギーニムルシエラゴLP 650-4ロードスター
    フォトギャラリー:ランボルギーニムルシエラゴLP 650-4ロードスター
  • アウディ TTクーペ、TTロードスターを改良販売
    アウディ TTクーペ、TTロードスターを改良販売
  • ランボルギーニ、シリーズ初の後輪駆動仕様
    ランボルギーニ、シリーズ初の後輪駆動仕様
  • ポルシェ「カイエンターボS」が世界初公開
    ポルシェ「カイエンターボS」が世界初公開
  • フォトギャラリー:新型「プリウス」
    フォトギャラリー:新型「プリウス」
  • フォトギャラリー:フェラーリ・フェスティバル2009(4)
    フォトギャラリー:フェラーリ・フェスティバル2009(4)

Prev & Next

Ranking

  • 1
    フォトギャラリー:モレスキン「Detour」展
  • 2
    フォトギャラリー:iPadのような、新しいMacBook Air
  • 3
    フォトギャラリー:ダミアン・ハースト×ルイ・ヴィトン
  • 4
    フォトギャラリー:メルセデス・ベンツ 新型「Eクラス」
  • 5
    フォトギャラリー:メルセデス・ベンツ新型「SLシリーズ」
  • 6
    フォトギャラリー:アウディ R8 5.2 FSIクワトロ
  • 7
    フォトギャラリー:MINIジョン・クーパー・ワークス仕様
  • 8
    フォトギャラリー:新型BMW7シリーズ発表会
  • 9
    フォトギャラリー:アウディ「S4」「S4アバント」発表会
  • 10
    秋のデザイン祭り、サテライト会場を厳選ピックアップ!

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加