大型アイアン・マークの採用、ボルボ 新型C30

2010年 2月 12日 19:45 Category : Car

このエントリーをはてなブックマークに追加

 ボルボ・カーズ・ジャパンは2月8日、ボルボC30のマイナーチェンジモデルを発表した。最新ボルボのアイデンティティである大型のアイアン・マークの採用をはじめ、エクステリアデザインの大胆な変更や新しい内装マテリアルの追加、安全性のさらなる向上など、フルモデルチェンジにも匹敵する包括的な進化が特徴。充実装備の「2.0e Aktiv」で295万円からという価格設定も大きな魅力だ。新型C30は、2月20日より販売が開始される。

 今回のマイナーチェンジで大幅な変更を受けたのが、フロントまわりを中心としたスタイリング面だ。新しいコーポレートアイデンティティである大型のアイアン・マークの採用やハニカム・パターンを組み込んだグリル、ボディサイドまでまわりこんだ切れ長のヘッドライト、そしてXC60にも通じるシャープなデザインのフロントバンパーなどによって、非常に個性的な表情を手に入れている。

Related article

  • アウディのコンパクトスポーツEVコンセプト「e-tron」
    アウディのコンパクトスポーツEVコンセプト「e-tron」
  • フォトギャラリー:プジョーの最新コンセプトモデル「SR1」
    フォトギャラリー:プジョーの最新コンセプトモデル「SR1」
  • F1マシンのデザイン展「F1 疾走するデザイン」
    F1マシンのデザイン展「F1 疾走するデザイン」
  • ロールス・ロイスが電気自動車? コンセプトを出展
    ロールス・ロイスが電気自動車? コンセプトを出展
  • プジョー308RCZが量産化に
    プジョー308RCZが量産化に
  • フォトギャラリー:ランボルギーニ「LP570-4 スーパーレジェーラ」
    フォトギャラリー:ランボルギーニ「LP570-4 スーパーレジェーラ」

Prev & Next

Ranking

  • 1
    元祖・アートの島には新作品がぞくぞく:瀬戸内国際芸術祭
  • 2
    限定100台、ランボルギーニ「アヴェンタドール・50 アニヴェルサリオ」
  • 3
    太陽王にマカロン、歴史の詰まったサン・ジャン・ド・リュズ
  • 4
    愛車と呼びたくなる新色、リモワの「サルサ レーシンググリーン コレクション」
  • 5
    大岩オスカール氏の作品が焼失:瀬戸内国際芸術祭
  • 6
    メゾンエルメスでディディエ・フィウザ・フォスティノ展
  • 7
    高層ビルとアート。再生された街、シカゴの魅力
  • 8
    世界最高のアートフェア「Art Basel」をプレビュー
  • 9
    真っ暗闇で“見える”もの「ダイアログ・イン・ザ・ダーク」
  • 10
    濱田庄司の生誕120年記念展

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加