シャネル、メティエダールコレクション、その魅力と意義

2013年 3月 19日 12:00 Category : CHANEL Fashion

このエントリーをはてなブックマークに追加

 2012-13年 メティエダール コレクション「パリ-エディンバラ」が小雪の舞う古城で開催されたのは昨年12月。会場となったスコットランド、エディンバラにあるリンリスゴー宮殿の中庭には、マドモアゼル シャネルとメアリー スチュアートという二人のクイーンにインスピレーションを得たコレクションが、松明の炎が灯るなか厳かに披露されたのは記憶に新しい。

 メティエダールコレクションとは、シャネルがそのものづくりに共感し傘下に収めた、自国を中心としたクチュールアトリエの職人による技術を用いた、年に一度開催されるプレタポルテコレクションのこと。シャネルの「Par affection」プロジェクトともいわれ、オートクチュールと並び、手のかかる刺繍やコサージュなど、アトリエの高度な技術をふんだんに取り入れたコレクションとして、2002年に初のコレクションを開催以来、世界中から注目を集めている。

AMBIANCE ATELIERS LEMARIE

AMBIANCE ATELIERS DESRUES

 コレクションテーマは、グローバル時代を反映して、シャネルと密接な関係にある都市を毎回設定。これまでも、ニューヨーク、東京、モンテカルロ、モスクワ、インドなどをテーマに、もし現代にマドモアゼル シャネルが生きていたらどのようなモードを考えたか?をコンセプトに、地域性の高いコレクションを発表してきた。

Related article

  • バレンタインギフトに、シャネルのIDデザインの小物たち
    バレンタインギフトに、シャネルのIDデザインの小物たち
  • 驚きと思索の異空間へ、シャネル モバイルアート開幕
    驚きと思索の異空間へ、シャネル モバイルアート開幕
  • フォトギャラリー:シャネル銀座5周年(2)
    フォトギャラリー:シャネル銀座5周年(2)
  • ホンマタカシ氏の建築写真展、金沢で21日まで
    ホンマタカシ氏の建築写真展、金沢で21日まで
  • Interview:カルテルCEO クラウディオ・ルーティ氏&吉岡徳仁氏
    Interview:カルテルCEO クラウディオ・ルーティ氏&吉岡徳仁氏
  • 混沌という状況の中から生まれてくるアート 「大竹伸朗展 ニューニュー」
    混沌という状況の中から生まれてくるアート 「大竹伸朗展 ニューニュー」

Prev & Next

Ranking

  • 1
    “マンガ”をテーマに『Tokyo’s Tokyo』2号店
  • 2
    スキンケアブランド「イソップ」の路面店がオープン
  • 3
    オービカ モッツァレラバーで解禁直後のノヴェッロを
  • 4
    ニューヨークで「BMW Guggenheim Lab」はじまる
  • 5
    恵比寿映像祭レポート(2) 都築響一のトンデモ作品
  • 6
    メルボルンのレストラン/オーストラリアを旅する(1)
  • 7
    フォトギャラリー:デザインタイドトーキョー エクステンション
  • 8
    オルタナティブ・ジャーニーな世界観に写真の「今」をみる。 ライアン・マッギンレー展
  • 9
    深澤直人のデザインワークショップ展「WITHOUT THOUGHT」
  • 10
    今週末見るべき映画「華麗なるアリバイ」

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加