Interview:チェルフィッチュ×トラフ建築設計事務所、舞台という空間

2011年 2月 26日 18:00 Category : Design

このエントリーをはてなブックマークに追加

──今回でタッグを組まれるのは3回目ですね。あうんの空気があるのだと思いますが、舞台美術を作られる際に、岡田さんから鈴野さんにはどういうリクエストがあるのでしょうか?

岡田:僕は、こういうことをやって欲しいって明確なビジョンはあんまり持ってないんですよ。だから、自分の理想に近いものを作って欲しい、っていう思いもう当然ないんですね。もちろん最低限の抽象的なコンセプトめいたことは言いますけどね。でもそれも、言ってる自分がそれって具体的にはどういうことなのかって全然分かってなかったりする。でも、分かっていたら自分でやればいいわけですからね。よく意味の分からないことを相手に対して言ってみて、そのリアクションがすごくおもしろければいいな、という。そしてトラフは常に、すごく面白いんですよ、そのリアクションが。

チェルフィッチュ『ゾウガメのソニックライフ』2011年2月1日 神奈川芸術劇場

鈴野:まずは台本ですよね。決定稿ではなくとも資料が欲しいので、とりあえず台本はもらうようにします。でも最初は読んでみても、全く頭に入ってこないんです(笑)。こちらは何かきっかけを掴みたいので、本当に必要最低限のことを聞きます、テーブルや椅子みたいなものが必要なのかどうかとか。まあ、チェルフィッチュの舞台はミニマムで人の動きが面白い舞台だから、何もなくっても成立するとは思います。だから邪魔はしたくない。でもその段階では、何が必要なのか分からない。あってもいいかもしれないし、なくてもいいかもしれないという(笑)。だから、模型においておきながら考えて、取り外し可能な状態でとりあえず岡田さんにポーンと球を投げてみたりする。

 例えば今回の舞台だったら、登場人物がいてその人の頭の中の考えがあって、寝ている夢の中の世界があってというレイヤー構造になっています。でも、岡田さんの口からはレイヤーを作ってくれとは言わない。でも、話をしている中で劇場っていうもの自体が切り取られていく。岡田さんご自身が、劇場という空間自体を疑っているようなところがありますからね。それは例えば、時代劇の舞台を作ったとして、ある一部分にズームすればすごく時代劇的に見えるのに、実は観客ってものすごく引いたところから見ていて、その全体像を俯瞰してみるとすごく笑えることだったり。そういう劇場と観客の関係や、様々なことを何重にもレイヤーを分けたりしていて。

岡田:僕としては、こっちが主人公の頭の中で描かれていることをやってみせるエリアでこっちが現実、みたいに分けようとは思っていないんですね。そして、分けないようにしようとも思っていないんですね。リハーサルでは手当たり次第に、そこにあるものを使っていくっていう感じで舞台やセットと関わっていくんですよね。それはとにかく適当ですよ。でもそうやってるうちに、全てが必然を帯びてくる。不思議なことなのかもしれないけど、いつもそうやって作っているから、不思議なことじゃないのかもしれないと僕は思ってます。

Related article

  • これからの都市のビジョンとは?|ゲルフリート・ストッカー氏インタビュー
    これからの都市のビジョンとは?|ゲルフリート・ストッカー氏インタビュー
  • 英国デザインの巨匠、アラン・フレッチャー回顧展
    英国デザインの巨匠、アラン・フレッチャー回顧展
  • 布が変われば部屋が変わる。アルフレックスにてRINN+Fabric展開催
    布が変われば部屋が変わる。アルフレックスにてRINN+Fabric展開催
  • IFFT/インテリア ライフスタイル リビングで日本のデザインを見る
    IFFT/インテリア ライフスタイル リビングで日本のデザインを見る
  • ドイツデザインのステイショナリー、フィリッピ最新モデル
    ドイツデザインのステイショナリー、フィリッピ最新モデル
  • テオ・ヤンセンが作る未来の生命、ビーチ・アニマルを見よ
    テオ・ヤンセンが作る未来の生命、ビーチ・アニマルを見よ

Prev & Next

Ranking

  • 1
    フォトギャラリー:アマダナのポケットビデオカメラ「SAL」
  • 2
    フォトギャラリー:アウディ「A5/S5カブリオレ」
  • 3
    Rの凄み+ゴルフの誠実=VWゴルフR|試乗レポート
  • 4
    フォトギャラリー:ポルシェ 新モデル「パナメーラ」
  • 5
    フォトギャラリー:レンジローバー・イヴォーク5ドア
  • 6
    フランス・ボルドー最新レポート(4)「甘口ワインがおもしろい」
  • 7
    CLASKAで「ミナ ペルホネンとトラフの新作/習作」展開催中
  • 8
    大黒屋(栃木・板室温泉)/日本を巡る、アートな旅(5)
  • 9
    フォトギャラリー:アストンマーティン「ラピード」
  • 10
    フォトギャラリー:「ランボルギーニ・アヴェンタドール LP700-4」

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加