Interview:チェルフィッチュ×トラフ建築設計事務所、舞台という空間

2011年 2月 26日 18:00 Category : Design

このエントリーをはてなブックマークに追加

岡田:パフォーマンスが上演されている空間っていうのがなんといっても面白いんですよね。その空間にいるのが面白いから、せりふも段取りも全部知っちゃってる自分が作ったパフォーマンスにも、何度でも立ち会えるんだと思います。すごくしびれるような関係が観客とパフォーマンスのあいだで生まれているときがあって、そういうのはもうたまらないですよね。今日の舞台はよかった、って思う時って、パフォーマンスのことだけを言っているわけじゃない。ていうか、演技が他の日と較べて格段にいい、悪いなんてことはないんですよ、その時の観客との関係が、付かず離れずの緊張感を持てたときが、すごくいいんですね。

チェルフィッチュ『ゾウガメのソニックライフ』2011年2月1日 神奈川芸術劇場

鈴野:それは建築も同じかもしれません。どんな名建築でも使われ方がひどかったりとか、ある程度の建築でも思いも寄らない使い方をしてもらって、光もちょうどよくっていい音楽で料理もおいしくて、すごくハッピーな感じになっていることもある。そういう方がやっぱり大事で。舞台ってそういう部分までトータルにみられる部分がある。面白いし、空間としての可能性があるなあと思いました。


 「日常」をテーマに、舞台と空間と俳優、すべての存在を一回疑い、新しい表現を構築していく、その場でしか見られないチェルフィッチュの舞台というエクスペリエンス。残念ながら神奈川芸術劇場の公演は終了してしまったが、地方公演は残っているので、ぜひ劇場へ。

水戸芸術館ACM劇場 2月26日(土)~27(日)
富士見市民文化会館 キラリ☆ふじみ 3月4日(金)~3月5日(土)
山口情報芸術センター [YCAM] 3月13日(日)

取材/上條桂子 撮影/宇壽山貴久子

Related article

  • インタビュー:マリオ・ベリーニ、名作誕生を語る
    インタビュー:マリオ・ベリーニ、名作誕生を語る
  • Interview:モエ・エ・シャンドン醸造最高責任者「ブノワ・ゴエズ」
    Interview:モエ・エ・シャンドン醸造最高責任者「ブノワ・ゴエズ」
  • リヤドロ、新作に気鋭の英国デザインユニットを起用
    リヤドロ、新作に気鋭の英国デザインユニットを起用
  • 次世代のグリーンスタイル、limbgreenが商品化
    次世代のグリーンスタイル、limbgreenが商品化
  • 遊びのなかの色と形 クルト・ネフ&アントニオ・ヴィターリ
    遊びのなかの色と形 クルト・ネフ&アントニオ・ヴィターリ
  • 人は日々変わり続ける「トランスフォーメーション」展
    人は日々変わり続ける「トランスフォーメーション」展

Prev & Next

Ranking

  • 1
    元祖・アートの島には新作品がぞくぞく:瀬戸内国際芸術祭
  • 2
    深夜までおいしい蕎麦が味わえる店「銀座 真田」
  • 3
    ブルガリ「ソロテンポ」に日本限定エントリーモデル
  • 4
    NY発、デザインコンシャスなコスメ「マリン&ゴッツ」
  • 5
    アレッシイ、2011年春夏コレクション
  • 6
    太陽王にマカロン、歴史の詰まったサン・ジャン・ド・リュズ
  • 7
    愛車と呼びたくなる新色、リモワの「サルサ レーシンググリーン コレクション」
  • 8
    大岩オスカール氏の作品が焼失:瀬戸内国際芸術祭
  • 9
    メゾンエルメスでディディエ・フィウザ・フォスティノ展
  • 10
    高層ビルとアート。再生された街、シカゴの魅力

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加