Interview:深澤直人 ±0新プロダクトと新ショールーム

2011年 4月 28日 15:24 Category : Design

このエントリーをはてなブックマークに追加

 家電雑貨ブランド「±0(プラスマイナスゼロ)」の新たなショールームがこの2月にオープンした。場所は、東京・原宿のキャットストリート。建物全体がガラス張りの箱のようなショールームは、決して大きくはないが日常使いのアイテムの数々をリアルなスケール感で体感できるちょうど良い空間だ。

 さらに、オープンと同時に鍋や包丁などのキッチンツールを数多く発表し、日常生活に寄り添ったリアルなトータルブランドとして、今までにも増してぐっと身近に感じる。ショールームオープンしてまもなく新ショールームと新プロダクトのデザインを手掛けた深澤直人氏に話を聞いた。

―オープンと同時に、多くのキッチンツールを発売されましたね。ブランドとして新たな一歩を踏み出したように感じます。

 この2年間、新しい「±0」の製品開発をしてきました。生活家電が真ん中にあったら、その周りにあってそれと関係の深い雑貨も一緒にデザインしようというテーマを掲げ、開発してきました。たとえばストーブだったらストーブと同じ色のブランケットをつくったり、トースターをやるんだったらトーストスタンドやお皿もやりましょう、というようなことですね。雑貨と家電を個別にやるのではなく、全体を1つの生活用品としてデザインしようと思いました。こういう試みはあたりまえそうで実はあまりやってない。家電と雑貨では業態が違いますから。

Related article

  • 30年ぶりの大規模な「フランシス・ベーコン展」
    30年ぶりの大規模な「フランシス・ベーコン展」
  • インテリア ライフスタイル2011 フォトレポート
    インテリア ライフスタイル2011 フォトレポート
  • フォトギャラリー:「F1 疾走するデザイン」展
    フォトギャラリー:「F1 疾走するデザイン」展
  • 紙にまつわるプロダクトと活版印刷、パピエ・ラボ
    紙にまつわるプロダクトと活版印刷、パピエ・ラボ
  • 「Awakening」アーティストインタビュー
    「Awakening」アーティストインタビュー
  • 5日まで「隈研吾×TIME & STYLE」展
    5日まで「隈研吾×TIME & STYLE」展

Prev & Next

Ranking

  • 1
    日本橋三越本店でこの秋を彩る
  • 2
    ミラノサローネ、キッチンにルネッサンス時代が始まる?
  • 3
    今もっとも注目すべき作家・名和晃平「シンセンス」
  • 4
    ハンターバレーのワイナリー&レストラン/オーストラリアを旅する(9)
  • 5
    マンダリン オリエンタル 東京の22人のソムリエが、お気に入りワインを紹介
  • 6
    ゲラン「アクア アレゴリア」に加わる新たな香り、「リモン ヴェルデ」
  • 7
    シンガポールビエンナーレに「マーライオン・ホテル」
  • 8
    130人の渋い男が百花繚乱|写真集『JAPANESE DANDY』  
  • 9
    フォトギャラリー:Design Miami/Basel(2)
  • 10
    星のや 京都で、優雅な一人旅

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加