Interview:深澤直人 ±0新プロダクトと新ショールーム

2011年 4月 28日 15:24 Category : Design

このエントリーをはてなブックマークに追加

 家電雑貨ブランド「±0(プラスマイナスゼロ)」の新たなショールームがこの2月にオープンした。場所は、東京・原宿のキャットストリート。建物全体がガラス張りの箱のようなショールームは、決して大きくはないが日常使いのアイテムの数々をリアルなスケール感で体感できるちょうど良い空間だ。

 さらに、オープンと同時に鍋や包丁などのキッチンツールを数多く発表し、日常生活に寄り添ったリアルなトータルブランドとして、今までにも増してぐっと身近に感じる。ショールームオープンしてまもなく新ショールームと新プロダクトのデザインを手掛けた深澤直人氏に話を聞いた。

―オープンと同時に、多くのキッチンツールを発売されましたね。ブランドとして新たな一歩を踏み出したように感じます。

 この2年間、新しい「±0」の製品開発をしてきました。生活家電が真ん中にあったら、その周りにあってそれと関係の深い雑貨も一緒にデザインしようというテーマを掲げ、開発してきました。たとえばストーブだったらストーブと同じ色のブランケットをつくったり、トースターをやるんだったらトーストスタンドやお皿もやりましょう、というようなことですね。雑貨と家電を個別にやるのではなく、全体を1つの生活用品としてデザインしようと思いました。こういう試みはあたりまえそうで実はあまりやってない。家電と雑貨では業態が違いますから。

Related article

  • ラルフ・ローレンのクラシックカーコレクション
    ラルフ・ローレンのクラシックカーコレクション
  • ミランダ・カー、英国名門「ロイヤルアルバート」とコラボ
    ミランダ・カー、英国名門「ロイヤルアルバート」とコラボ
  • クリエイティブの力で災害に立ち向かう
    クリエイティブの力で災害に立ち向かう
  • 「ハイメ×九谷焼は見逃すな」デザインタイドトーキョー
    「ハイメ×九谷焼は見逃すな」デザインタイドトーキョー
  • 吉岡徳仁の新作照明「Tear Drop」発売
    吉岡徳仁の新作照明「Tear Drop」発売
  • 生誕120年 ル・コルビュジエの展覧会が5/26から
    生誕120年 ル・コルビュジエの展覧会が5/26から

Prev & Next

Ranking

  • 1
    「Onyx」の何度でも使える、次世代アイスキューブ
  • 2
    今週末見るべき映画「ヤコブへの手紙」
  • 3
    フォトギャラリー:フェラーリ 599GTO
  • 4
    グッチ銀座から期間限定「ホワイト グッチチョコレート」
  • 5
    ダイソンの新製品は、蛇口と一体型の「ハンドドライヤー」です
  • 6
    リビング・モティーフの2011年クリスマスギフト
  • 7
    Thank You ! ヴァージン アトランティック航空(5)/LOVE 英国、LOVE ロンドン
  • 8
    街の文具店「カキモリ」/蔵前・鳥越、つくり手の顔が見える街(1)
  • 9
    BMW最新コンセプトにデジタルテクノロジー満載
  • 10
    一見の価値あり!「ボストン美術館浮世絵名品展 北斎」

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加