Interview:深澤直人 ±0新プロダクトと新ショールーム

2011年 4月 28日 15:24 Category : Design

このエントリーをはてなブックマークに追加

 家電雑貨ブランド「±0(プラスマイナスゼロ)」の新たなショールームがこの2月にオープンした。場所は、東京・原宿のキャットストリート。建物全体がガラス張りの箱のようなショールームは、決して大きくはないが日常使いのアイテムの数々をリアルなスケール感で体感できるちょうど良い空間だ。

 さらに、オープンと同時に鍋や包丁などのキッチンツールを数多く発表し、日常生活に寄り添ったリアルなトータルブランドとして、今までにも増してぐっと身近に感じる。ショールームオープンしてまもなく新ショールームと新プロダクトのデザインを手掛けた深澤直人氏に話を聞いた。

―オープンと同時に、多くのキッチンツールを発売されましたね。ブランドとして新たな一歩を踏み出したように感じます。

 この2年間、新しい「±0」の製品開発をしてきました。生活家電が真ん中にあったら、その周りにあってそれと関係の深い雑貨も一緒にデザインしようというテーマを掲げ、開発してきました。たとえばストーブだったらストーブと同じ色のブランケットをつくったり、トースターをやるんだったらトーストスタンドやお皿もやりましょう、というようなことですね。雑貨と家電を個別にやるのではなく、全体を1つの生活用品としてデザインしようと思いました。こういう試みはあたりまえそうで実はあまりやってない。家電と雑貨では業態が違いますから。

Related article

  • ヴィトラの最新哲学が早わかり、hhstyle.com新着
    ヴィトラの最新哲学が早わかり、hhstyle.com新着
  • イタリア・ダネーゼから、ブックエンドになる照明
    イタリア・ダネーゼから、ブックエンドになる照明
  • キッチンは一つの部屋/インテリア・インスピレーション(4)
    キッチンは一つの部屋/インテリア・インスピレーション(4)
  • Interview:気鋭の映像作家の創造の源を探る/ミシェル・ゴンドリーの世界(1)
    Interview:気鋭の映像作家の創造の源を探る/ミシェル・ゴンドリーの世界(1)
  • 吉岡徳仁がDesigner of the Year Award受賞
    吉岡徳仁がDesigner of the Year Award受賞
  • 一緒に歳を重ねていけるコットンバッグ、『Teddy fish』
    一緒に歳を重ねていけるコットンバッグ、『Teddy fish』

Prev & Next

Ranking

  • 1
    デロンギのエスプレッソマシンがつなぐ、コーヒーのある豊かな生活
  • 2
    27日、一夜限りの「六本木アートナイト」開催
  • 3
    一見の価値あり!「ボストン美術館浮世絵名品展 北斎」
  • 4
    バッグの黄金比がここに。チセイというフィレンツェ発レーベル
  • 5
    アーティスト8組による“刺しゅう”の展覧会@東京都庭園美術館
  • 6
    多様な世界を等価に映し出す「アンドレアス・グルスキー展」
  • 7
    「アビターレ・イル・テンポ」展レポート 【前編】
  • 8
    スカイツリー内、伝統工芸ツリーの秘密。デザイナー橋本夕紀夫インタビュー
  • 9
    ノルウェーのニットブランド「アルネ&カルロス」
  • 10
    史上最もパワフルなCクラス

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加