深澤直人×アレッシィ「柴犬」のような鍋

2011年 4月 7日 19:31 Category : Design

このエントリーをはてなブックマークに追加

 たとえば日本の台所なら、必ず一つはある鍋。それが雪平鍋だろう。控えめな存在ながら、小ぶりで使い回しがきき、日々のおかずをつくるのには欠かせない。そんな雪平鍋のようなソースパンや落としぶた、フライパンなど和食の文化を伝える鍋のシリーズ「SHIBA」がイタリアのアレッシィから、5月に発売される。デザインと商品のコンセプトは、深澤直人氏。意外なことに、アレッシィとは初めての仕事だという。

 アレッシィから話が持ちかけられたとき、深澤氏がアレッシィの社長のまず見せたのが「柴犬」の写真。柴犬と言えば、多くの家庭で飼われている標準的な日本犬の代表。この普遍的でベーシック、それでいて長く愛されているというコンセプトを、うまく伝える深澤氏らしい表現である。さらに対比としてゴールデンレトリバーの写真を見せ、和と洋の違いをはっきりと見せたという。

「この鍋はこういうイメージでつくったんだよ、と端的に伝えたくて、柴犬の写真を見せました。アルベルト・アレッシィはその意味をすぐに汲み取ってくれ、音の響きも良いので名前もそのままSHIBAに決定しました」(深澤氏)

 ラインナップは8種類の鍋とフタ。ソースパンは雪平鍋のようで、日本での料理にもぴったり。そして驚くことに、今回は「落としぶた」も登場する。煮含める、味をしみ込ませるという日本らしい繊細な調理の手法を、深澤氏はプロダクトデザインの立場から提案してみせた。

Related article

  • ランブラーテエリア、目玉はハイメ・アジョンとIKEA?!
    ランブラーテエリア、目玉はハイメ・アジョンとIKEA?!
  • 吉岡徳仁がDesigner of the Year Award受賞
    吉岡徳仁がDesigner of the Year Award受賞
  • リビング・モティーフから折りたためるロッキングチェア
    リビング・モティーフから折りたためるロッキングチェア
  • とびきりのパウダールーム/インテリア・インスピレーション(5)
    とびきりのパウダールーム/インテリア・インスピレーション(5)
  • オーガニックなロス・ラブグローブの洗面スタイル
    オーガニックなロス・ラブグローブの洗面スタイル
  • 家具のトレンドは年明けのドイツから「ケルン国際家具見本市」
    家具のトレンドは年明けのドイツから「ケルン国際家具見本市」

Prev & Next

Ranking

  • 1
    デロンギのエスプレッソマシンがつなぐ、コーヒーのある豊かな生活
  • 2
    27日、一夜限りの「六本木アートナイト」開催
  • 3
    一見の価値あり!「ボストン美術館浮世絵名品展 北斎」
  • 4
    バッグの黄金比がここに。チセイというフィレンツェ発レーベル
  • 5
    アーティスト8組による“刺しゅう”の展覧会@東京都庭園美術館
  • 6
    多様な世界を等価に映し出す「アンドレアス・グルスキー展」
  • 7
    「アビターレ・イル・テンポ」展レポート 【前編】
  • 8
    スカイツリー内、伝統工芸ツリーの秘密。デザイナー橋本夕紀夫インタビュー
  • 9
    ノルウェーのニットブランド「アルネ&カルロス」
  • 10
    史上最もパワフルなCクラス

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加