深澤直人×アレッシィ「柴犬」のような鍋

2011年 4月 7日 19:31 Category : Design

このエントリーをはてなブックマークに追加

 たとえば日本の台所なら、必ず一つはある鍋。それが雪平鍋だろう。控えめな存在ながら、小ぶりで使い回しがきき、日々のおかずをつくるのには欠かせない。そんな雪平鍋のようなソースパンや落としぶた、フライパンなど和食の文化を伝える鍋のシリーズ「SHIBA」がイタリアのアレッシィから、5月に発売される。デザインと商品のコンセプトは、深澤直人氏。意外なことに、アレッシィとは初めての仕事だという。

 アレッシィから話が持ちかけられたとき、深澤氏がアレッシィの社長のまず見せたのが「柴犬」の写真。柴犬と言えば、多くの家庭で飼われている標準的な日本犬の代表。この普遍的でベーシック、それでいて長く愛されているというコンセプトを、うまく伝える深澤氏らしい表現である。さらに対比としてゴールデンレトリバーの写真を見せ、和と洋の違いをはっきりと見せたという。

「この鍋はこういうイメージでつくったんだよ、と端的に伝えたくて、柴犬の写真を見せました。アルベルト・アレッシィはその意味をすぐに汲み取ってくれ、音の響きも良いので名前もそのままSHIBAに決定しました」(深澤氏)

 ラインナップは8種類の鍋とフタ。ソースパンは雪平鍋のようで、日本での料理にもぴったり。そして驚くことに、今回は「落としぶた」も登場する。煮含める、味をしみ込ませるという日本らしい繊細な調理の手法を、深澤氏はプロダクトデザインの立場から提案してみせた。

Related article

  • スウェーディッシュ・ファッションの現在
    スウェーディッシュ・ファッションの現在
  • 2008 CCJ クラフト見本市・会場レポート
    2008 CCJ クラフト見本市・会場レポート
  • エンツォ・マーリの「段ボール」パーティション
    エンツォ・マーリの「段ボール」パーティション
  • 究極の映像と音、バング&オルフセン「BeoVision 7-55」
    究極の映像と音、バング&オルフセン「BeoVision 7-55」
  • インタビュー:マリオ・ベリーニ、名作誕生を語る
    インタビュー:マリオ・ベリーニ、名作誕生を語る
  • ハイメ・アジョン×九谷焼:速報!秋の東京デザイン祭り
    ハイメ・アジョン×九谷焼:速報!秋の東京デザイン祭り

Prev & Next

Ranking

  • 1
    Rの凄み+ゴルフの誠実=VWゴルフR|試乗レポート
  • 2
    レストアされた「ポルシェ 911 T クーペ北米仕様車」
  • 3
    年末年始見るべき映画「おすすめDVD映画」
  • 4
    「マレンコ」がミニサイズを限定販売
  • 5
    スウィート17モンスター 【今週末見るべき映画】
  • 6
    江戸な縁起ものを暮らしに/其の四「金銀の爪きり/うぶけや」
  • 7
    本のための小さな家具とプロダクト
  • 8
    ミラノサローネ2015|Vol.3 今年は照明「ユーロルーチェ」
  • 9
    山のような建築 雲のような建築 森のような建築
  • 10
    建築家、ボジェック・シーペックを知る

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加