『エキサイトイズム』サービス終了のお知らせ
この度『エキサイトイズム』は2019年9月30日をもちましてサービス終了をさせていただきました。
これまで皆さまに賜りましたご愛顧に心より感謝申し上げます。誠にありがとうございました。

深澤直人×アレッシィ「柴犬」のような鍋

2011年 4月 7日 19:31 Category : Design

このエントリーをはてなブックマークに追加

 たとえば日本の台所なら、必ず一つはある鍋。それが雪平鍋だろう。控えめな存在ながら、小ぶりで使い回しがきき、日々のおかずをつくるのには欠かせない。そんな雪平鍋のようなソースパンや落としぶた、フライパンなど和食の文化を伝える鍋のシリーズ「SHIBA」がイタリアのアレッシィから、5月に発売される。デザインと商品のコンセプトは、深澤直人氏。意外なことに、アレッシィとは初めての仕事だという。

 アレッシィから話が持ちかけられたとき、深澤氏がアレッシィの社長のまず見せたのが「柴犬」の写真。柴犬と言えば、多くの家庭で飼われている標準的な日本犬の代表。この普遍的でベーシック、それでいて長く愛されているというコンセプトを、うまく伝える深澤氏らしい表現である。さらに対比としてゴールデンレトリバーの写真を見せ、和と洋の違いをはっきりと見せたという。

「この鍋はこういうイメージでつくったんだよ、と端的に伝えたくて、柴犬の写真を見せました。アルベルト・アレッシィはその意味をすぐに汲み取ってくれ、音の響きも良いので名前もそのままSHIBAに決定しました」(深澤氏)

 ラインナップは8種類の鍋とフタ。ソースパンは雪平鍋のようで、日本での料理にもぴったり。そして驚くことに、今回は「落としぶた」も登場する。煮含める、味をしみ込ませるという日本らしい繊細な調理の手法を、深澤氏はプロダクトデザインの立場から提案してみせた。

Related article

  • パートナーと使いたい、シックな「ル・クルーゼ」新作
    パートナーと使いたい、シックな「ル・クルーゼ」新作
  • リサ・ラーソンのプロダクトを作り続ける工房を訪問。フランコ氏インタビュー
    リサ・ラーソンのプロダクトを作り続ける工房を訪問。フランコ氏インタビュー
  • フリッツ・ハンセンの廃番オフィスチェアが復活
    フリッツ・ハンセンの廃番オフィスチェアが復活
  • 優れた手業が一同に、2008 CCJ クラフト見本市
    優れた手業が一同に、2008 CCJ クラフト見本市
  • 「記憶 清水久和の不思議な鏡とスプーン」展 開催中
    「記憶 清水久和の不思議な鏡とスプーン」展 開催中
  • 21_21 DESIGN SIGHT「200∞年 目玉商品」展
    21_21 DESIGN SIGHT「200∞年 目玉商品」展

Prev & Next

Ranking

  • 1
    人気スタイリストが手がけるスタイリッシュな国産メガネ「Little Emma-2(リトルエマ ツー)」
  • 2
    ジャズ名盤講座第1回「ブルーノート~1500番台編」
  • 3
    伊勢丹新宿店、新リビングフロアをさっそく分析
  • 4
    今週末見るべき映画「花の生涯 梅蘭芳」
  • 5
    今を見つめる鮮やかな視点。「路上と観察をめぐる表現史ー考現学以後」
  • 6
    Chocolat Chic (ショコラ・シック)/女をあげる、sweetなスイーツ(4)
  • 7
    007ボンドカー、アストン・マーティン DBSにニューモデル
  • 8
    ”天国にいちばん近い”、モーリシャス「ワン&オンリー・ル・サンジェラン」
  • 9
    現代美術界の奇才、初の大規模個展「会田誠展:天才でごめんなさい」が森美術館で開催
  • 10
    今週末見るべき映画「火の山のマリア」

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加