深澤直人×アレッシィ「柴犬」のような鍋

2011年 4月 7日 19:31 Category : Design

このエントリーをはてなブックマークに追加

 たとえば日本の台所なら、必ず一つはある鍋。それが雪平鍋だろう。控えめな存在ながら、小ぶりで使い回しがきき、日々のおかずをつくるのには欠かせない。そんな雪平鍋のようなソースパンや落としぶた、フライパンなど和食の文化を伝える鍋のシリーズ「SHIBA」がイタリアのアレッシィから、5月に発売される。デザインと商品のコンセプトは、深澤直人氏。意外なことに、アレッシィとは初めての仕事だという。

 アレッシィから話が持ちかけられたとき、深澤氏がアレッシィの社長のまず見せたのが「柴犬」の写真。柴犬と言えば、多くの家庭で飼われている標準的な日本犬の代表。この普遍的でベーシック、それでいて長く愛されているというコンセプトを、うまく伝える深澤氏らしい表現である。さらに対比としてゴールデンレトリバーの写真を見せ、和と洋の違いをはっきりと見せたという。

「この鍋はこういうイメージでつくったんだよ、と端的に伝えたくて、柴犬の写真を見せました。アルベルト・アレッシィはその意味をすぐに汲み取ってくれ、音の響きも良いので名前もそのままSHIBAに決定しました」(深澤氏)

 ラインナップは8種類の鍋とフタ。ソースパンは雪平鍋のようで、日本での料理にもぴったり。そして驚くことに、今回は「落としぶた」も登場する。煮含める、味をしみ込ませるという日本らしい繊細な調理の手法を、深澤氏はプロダクトデザインの立場から提案してみせた。

Related article

  • オランダの人気デザイナー、ピート・ヘイン・イーク新作
    オランダの人気デザイナー、ピート・ヘイン・イーク新作
  • 1949年から変わらない、スウェーデンの収納
    1949年から変わらない、スウェーデンの収納
  • 「メゾン マルタン マルジェラ」インテリアデザインの新コンセプト
    「メゾン マルタン マルジェラ」インテリアデザインの新コンセプト
  • インタビュー:ピーター・マリゴールド「ポスト・フォッシル」
    インタビュー:ピーター・マリゴールド「ポスト・フォッシル」
  • 東京芸術大学で「資生堂・サントリーの商品デザイン展」
    東京芸術大学で「資生堂・サントリーの商品デザイン展」
  • 60年代の日本デザインの傑作が復活「60VISION」新作展示会(1)
    60年代の日本デザインの傑作が復活「60VISION」新作展示会(1)

Prev & Next

Ranking

  • 1
    「世界報道写真展 2011」圧倒的な事実を見よ
  • 2
    都市における新しい宿泊のカタチ「9h:ナインアワーズ展」
  • 3
    山中俊治ディレクション「骨」展
  • 4
    【レポート】第二回ヘンタイ美術館、「やりすぎバロック」編
  • 5
    今週末見るべき映画Part 1 「セデック・バレ」
  • 6
    今週末見るべき映画「ファンタスティック Mr.FOX」
  • 7
    カルティエLOVEシークレットライブから、動画
  • 8
    アマダナがポケットビデオカメラ「SAL」を発売
  • 9
    太宰府 竈門神社新社務所計画プロジェクト。Wonderwall 片山正通氏、ジャスパー・モリソン氏インタビュー。
  • 10
    メディア・アートの歴史から今を読み解く「オープン・スペース」

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加