世界初公開のカチナ!「倉俣史朗とエットレ・ソットサス」

2011年 4月 6日 16:40 Category : Design

このエントリーをはてなブックマークに追加

 東京・六本木の21_21 DESIGN SIGHTで開催中の「倉俣史朗とエットレ・ソットサス」展が静かな話題を呼んでいる。今から20年前、56歳の若さで惜しくもこの世を去ったデザイナー、倉俣史朗(1934〜1991年)。2007年に90歳で亡くなる直前まで精力的に活動していた建築家・デザイナー、エットレ・ソットサス(1917〜2007年)。ともに多岐に渡る膨大な仕事を通じて、デザインに対する思想から生き方まで、後に続く多くのクリエイターに影響を与えてきた人物だ。この展覧会では、20世紀を代表するふたりのデザイナーに焦点をあて、彼らが特に交流を深めた「1981年」に着目し、それ以降の彼らの作品を中心に展示を行っている。

 展覧会の起点となる「1981年」とは、いったいどういう年だったのか。アメリカではレーガン大統領が就任し、イギリスではチャールズ皇太子がダイアナと盛大な結婚式を挙げ、日本では神戸の人工島ポートアイランドで博覧会が開かれている。この前年、ソットサス氏は御年63歳にして「メンフィス」を立ち上げ、年の離れた20代の若者たちと「ソットサス・アソシエイツ」を設立。翌1981年9月のミラノ・サローネにて第1回「メンフィス展」を開くにいたる。今回の会場入口には、その最初の「メンフィス展」に出展したふたりの作品が仲良く並んでいる。

エットレ・ソットサスの「カールトン」(右)、倉俣史朗の「インペリアル」(中)、「TOKYO」(左)

 まるでオブジェのように強烈な存在感を放つソットサス氏のカラフルな棚、「カールトン」。そして、その左側に凛として佇む倉俣氏のキャビネット、「インペリアル」。一見、対照的に感じられるふたりの家具へのアプローチだが、彼らに共通していたのは、その当時の大勢を占めていたモダンデザインの息苦しさに抗う思い。こうして「メンフィス」運動は、当時のデザイン界に強烈なインパクトを与えていった。

Related article

  • ”ウイダーin ゼリー”20周年の進化を、佐藤可士和がデザイン
    ”ウイダーin ゼリー”20周年の進化を、佐藤可士和がデザイン
  • 料理好きから熱い注目、コンパクトなドイツ製高機能オーブン
    料理好きから熱い注目、コンパクトなドイツ製高機能オーブン
  • エピス|その豊かな色彩に思わずみとれる、パリのストールブランド
    エピス|その豊かな色彩に思わずみとれる、パリのストールブランド
  • アウトドアリビングのキーワードは、「マテリアルミックス」
    アウトドアリビングのキーワードは、「マテリアルミックス」
  • 「WORLD SPACE CREATORS AWARD」受賞者発表
    「WORLD SPACE CREATORS AWARD」受賞者発表
  • ワタシノイバショ ボクノイバショ パート3 中道淳写真展
    ワタシノイバショ ボクノイバショ パート3 中道淳写真展

Prev & Next

Ranking

  • 1
    #謎1|パーク ハイアット 東京、その謎
  • 2
    いったいどれが自分? 「“これも自分と認めざるをえない”展」
  • 3
    今週末見るべき映画「パリよ、永遠に」
  • 4
    デンマークから到着、おしゃれ「トイレインテリア」
  • 5
    フォトギャラリー:New NSX
  • 6
    アウトドアリビングのキーワードは、「マテリアルミックス」
  • 7
    小山薫堂プロデュース、日光金谷ホテルのスイート
  • 8
    パリの街角vol.5『入江末男 with シンスケ』
  • 9
    ドイツ・ケルン国際家具見本市が示した、新しい暮らしのトレンドとは?
  • 10
    りんごから宇宙まで、世界を見立てる鈴木康広の目

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加