コンテナ建築を被災地に届けるプロジェクトが始動

2011年 4月 6日 17:00 Category : Design

このエントリーをはてなブックマークに追加

 東日本大震災にともない、仮設住宅の建設が早急に求められるなか、建築家の吉村靖孝氏を代表とした「エクスコンテナ・プロジェクト」が始動した。エクスコンテナ・プロジェクトは海運用のコンテナと同規格のボックスを使用してつくられた建築物「エクスコンテナ」を、被災地に送るプロジェクト。早速、専用サイトもオープンしている。

 建築家吉村靖孝氏の機動的なコンテナ規格を使用したプロジェクトには、海運コンテナをフォーマットに流用したコテージ型の客室による宿泊施設、「横浜ベイサイド・マリーナ・ホテル」(下写真)がある。今回のプロジェクトは、その実績を生かして、被災地支援に立ち上がったものだ。

 海運用コンテナはそのままでは国内において建築物として使用することはできない。そこで法規に適合させるかたちでコンテナ規格のフレームを再設計し、低価格で短工期に建設することができる構造物とした。ほとんどの工程を海外の工場で行ない、既存のコンテナのフォーマットに準拠することで、コンテナ便に直積みすることが可能。郵送にかかるコストも軽減することができる。内外装も工場で仕上げているため、現地での作業工程もスムーズ、被災地での速やかな設営が可能であることもコンテナ建築のメリットに上げられる。

Related article

  • 日本の近代建築は美しい、建築家・村野藤吾の展覧会
    日本の近代建築は美しい、建築家・村野藤吾の展覧会
  • マルニ木工「MARUNI COLLECTION 2014」。深澤直人氏、ジャスパー・モリソン氏インタビュー
    マルニ木工「MARUNI COLLECTION 2014」。深澤直人氏、ジャスパー・モリソン氏インタビュー
  • この夏行くべきアートスポットは「犬島」
    この夏行くべきアートスポットは「犬島」
  • イメージを喚起する写真の力、北井一夫「いつか見た風景」
    イメージを喚起する写真の力、北井一夫「いつか見た風景」
  • IZAMESHI|おいしい長期保存食で、日常もアウトドアも楽しむ
    IZAMESHI|おいしい長期保存食で、日常もアウトドアも楽しむ
  • 「豊島美術館」環境、アート、建築の融合:瀬戸内国際芸術祭
    「豊島美術館」環境、アート、建築の融合:瀬戸内国際芸術祭

Prev & Next

Ranking

  • 1
    元祖・アートの島には新作品がぞくぞく:瀬戸内国際芸術祭
  • 2
    深夜までおいしい蕎麦が味わえる店「銀座 真田」
  • 3
    ブルガリ「ソロテンポ」に日本限定エントリーモデル
  • 4
    NY発、デザインコンシャスなコスメ「マリン&ゴッツ」
  • 5
    アレッシイ、2011年春夏コレクション
  • 6
    太陽王にマカロン、歴史の詰まったサン・ジャン・ド・リュズ
  • 7
    愛車と呼びたくなる新色、リモワの「サルサ レーシンググリーン コレクション」
  • 8
    大岩オスカール氏の作品が焼失:瀬戸内国際芸術祭
  • 9
    メゾンエルメスでディディエ・フィウザ・フォスティノ展
  • 10
    高層ビルとアート。再生された街、シカゴの魅力

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加