ミラノサローネプレビュー、東芝「LED照明でアート」

2011年 4月 10日 09:00 Category : Design

このエントリーをはてなブックマークに追加

 東芝は昨年に引き続き、ミラノサローネに出展する。LED照明器具を使用した大規模な光のインスタレーション作品を、ミラノ・トルトーナ地区に残された1世紀以上前の建築物を舞台に展開。今年は、パリを拠点に世界で活躍する建築事務所、DGT(ドレル・ゴットメ・タネ/アーキテクツ)をパートナーに取り組む。

 会場のCortile di Via Savonaは、現在は壁だけが現存する空間。下のイメージは、展開されるインスタレーションの一部で「幾重もの水のカーテンが無数のLEDによって様々に表情を変化する」パート。ここではLEDを用いて情緒的な表現の可能性に挑むという。ほかにも、エントランスから全体で3つのエリアを来場者が体験する「サイトスペシフィックかつ期間限定のインスタレーション作品」になる。作品名は「Luce Tempo Luogo <光・時・場>」。

 東芝は1890年に白熱電球を発明して以来「あかり文化」を牽引してきたが、現在は環境調和型製品への置き換えの一環として、LED照明の普及を推進している。2009年のインスタレーション作品「Overture」を皮切りに、世界を舞台に活躍するアーティストと共に、照明づくりの技術とフィロソフィーをミラノサローネにて発信してきた。

 DGT(ドレル・ゴットメ・タネ/アーキテクツ)は、ダン・ドレル氏、リナ・ゴットメ氏、田根剛氏の3人を中心とした建築事務所で、パリを拠点に2006年から活動している。イタリア、レバノン、日本という異なるルーツを持つメンバーがグローバルな視点で「建築の豊かさはその建築の環境形成によって決定される」という信念のもとに文化・歴史・社会を考古学的にトレースすることによって、そこにしかない価値を持つ建築を提案している。現在は、エストニア国立博物館(エストニア・2013年完成予定)やサイトウキネン・オペラ空間演出(日本・2011)などのプロジェクトが進行している。

 東芝は、同時にミラノサローネ期間中に開催される国際照明機器見本市「ユーロルーチェ」にも出展し、今後ヨーロッパで発売する予定のLED電球のラインアップやキャンドル型LEDランプなどを展示する。

TOSHIBA MILANO SALONE 2011
「Luce Tempo Luogo <光・時・場>」
4月12日(火)〜17日(日)12:00〜21:00
Cortile di Via Savona
Via Savona 37, Milano(トルトーナ地区)

エキサイトイズム編集部

Related article

  • イタリア・ダネーゼから、ブックエンドになる照明
    イタリア・ダネーゼから、ブックエンドになる照明
  • サンヴェットモン「布製の遊び道具と文房具展」
    サンヴェットモン「布製の遊び道具と文房具展」
  • エットーレ・ソットサスの限定オードパルファム
    エットーレ・ソットサスの限定オードパルファム
  • 松井龍哉が見立てた、Bang & Olufsenの世界
    松井龍哉が見立てた、Bang & Olufsenの世界
  • パトリシア・ウルキオラのガラス作品
    パトリシア・ウルキオラのガラス作品
  • あたらしいサイネージを。「インタラクティブ・クリエーション・キャンプ」成果発表展
    あたらしいサイネージを。「インタラクティブ・クリエーション・キャンプ」成果発表展

Prev & Next

Ranking

  • 1
    夏バテに効く、エジプト塩をつかったお料理4品
  • 2
    マルニ木工「MARUNI COLLECTION 2014」。深澤直人氏、ジャスパー・モリソン氏インタビュー
  • 3
    インタビュー:深澤直人、±0初のリストウォッチ
  • 4
    新しいファミレスのかたち「100本のスプーン」あざみ野にオープン
  • 5
    チッテリオ健在、ミラノサローネの華 B&B ITALIA
  • 6
    今週末見るべき映画「イーダ」
  • 7
    長山智美のムームー日記SP「おお!イケアのイっケんヤ!」
  • 8
    香港に注目の新ホテル「ザ・アッパー・ハウス」
  • 9
    ジウジアーロデザインのスーパーカー「クアランタ」
  • 10
    北斎 VS 広重 浮世絵、富士山対決

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加