Interview:三保谷友彦 「倉俣史朗を語る」

2011年 4月 9日 10:34 Category : Design

このエントリーをはてなブックマークに追加

 「倉俣史朗とエットレ・ソットサス」展・連動企画。デザインは「コンセプトが大事だ」と、倉俣さんにはそう教わったと語るのは、三保谷硝子店の三保谷友彦氏。倉俣史朗氏のガラスを使いた作品すべてを担当してきた三保谷友彦氏に話を聞く。



デザインは「コンセプトが大事だ」と、倉俣さんにはそう教わった
――三保谷友彦



―倉俣史朗さんと三保谷さんの最初のお仕事は、新宿の「高野」(1969年)だったそうですね。

 ガラスで大きな四角いガラスの空間をつくった。扉も什器も全部ガラス。当時はガラスといえば、窓ガラスかせいぜいデパートのショーケースくらいだったから、こんなふうにガラスが「面から立体になる」ということがわかって、とにかくカッコいいと思ったね。その頃、僕は学校を出てすぐの24歳。倉俣さんに出会う前は人生なんて軽いものだと思って生きてきたからね(笑)。三代目だから何の苦労もなく、親父が「店を継げ」って言うからやればいいかな、くらいの気持ちではじめたから、最初はガラス屋がイヤで。でも、倉俣さんに出会って「よし、やろう」と決めた。もし倉俣さんに出会わなかったら、この辺りで不動産屋でもやってバブルが弾けて大失敗してたんじゃないかな(笑)。

「新宿 高野(1969年)」

「新宿 高野(1969年)」

Related article

  • ミラノサローネ2015|Vol.1 代表ブランドの展示を直球レポート
    ミラノサローネ2015|Vol.1 代表ブランドの展示を直球レポート
  • 世界の新着・新作がヤマギワLIVINA本館に集結
    世界の新着・新作がヤマギワLIVINA本館に集結
  • フォトギャラリー:「アウディR8」ホワイトボディ・モデル
    フォトギャラリー:「アウディR8」ホワイトボディ・モデル
  • フォトギャラリー:デザインタイドトーキョー メイン会場(2)
    フォトギャラリー:デザインタイドトーキョー メイン会場(2)
  • 再生ガラス使用、薄さと透明感の「e-grass Usu」
    再生ガラス使用、薄さと透明感の「e-grass Usu」
  • 新型ポロ、「コンパクト」を超えたデザインと走りのDNA
    新型ポロ、「コンパクト」を超えたデザインと走りのDNA

Prev & Next

Ranking

  • 1
    デロンギのエスプレッソマシンがつなぐ、コーヒーのある豊かな生活
  • 2
    銀座シャネルにて「ピエール ポラン展」開催
  • 3
    27日、一夜限りの「六本木アートナイト」開催
  • 4
    一見の価値あり!「ボストン美術館浮世絵名品展 北斎」
  • 5
    バッグの黄金比がここに。チセイというフィレンツェ発レーベル
  • 6
    アーティスト8組による“刺しゅう”の展覧会@東京都庭園美術館
  • 7
    多様な世界を等価に映し出す「アンドレアス・グルスキー展」
  • 8
    「アビターレ・イル・テンポ」展レポート 【前編】
  • 9
    スカイツリー内、伝統工芸ツリーの秘密。デザイナー橋本夕紀夫インタビュー
  • 10
    ノルウェーのニットブランド「アルネ&カルロス」

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加