Interview:三保谷友彦 「倉俣史朗を語る」

2011年 4月 9日 10:34 Category : Design

このエントリーをはてなブックマークに追加

 うちが2年前にアクシスギャラリーで行った「三保谷硝子店 101年目の試作展」では、倉俣さんがアクリルで制作した「ルミナスチェア」を、ガラスでつくりました。これは最高の技術で、他ではできないもの。曲げることはできたとしても、場所を決めてここに座面を作り出すのは、まず他ではできない。もし今、倉俣さんがいたら、全然違う形のガラスの曲げ物をやっていたでしょうね。リサイクルのガラスでも、きれいなものをつくっているんじゃないかな。

「ルミナスチェア2004」(2004年)と三保谷友彦氏

PROFILE:三保谷友彦
1945年東京・霞町生まれ。東京・西麻布の三保谷硝子店(創業明治42年)の3代目。60年代末、倉俣史朗との出会いにより、ガラスの可能性に開眼する。以降、ガラスという素材の可能性を追求し、建築・、インテリア、アートなど幅広い分野のトップクリエイターのものづくりをサポートしている。

取材/草野恵子

Related article

  • 「ステッチ・バイ・ステッチ 針と糸で描くわたし」開催中
    「ステッチ・バイ・ステッチ 針と糸で描くわたし」開催中
  • 冬のデートコーデのワンポイントになるビビットなレザーバッグ
    冬のデートコーデのワンポイントになるビビットなレザーバッグ
  • ミナ ペルホネン15周年記念展のテーマは「進行中」
    ミナ ペルホネン15周年記念展のテーマは「進行中」
  • 伊勢丹新宿店、ものづくりの背景を語るショーウインドー
    伊勢丹新宿店、ものづくりの背景を語るショーウインドー
  • アートディレクター古平正義の仕事を集大成
    アートディレクター古平正義の仕事を集大成
  • 銀座にBALS TOKYO GINZAがオープン
    銀座にBALS TOKYO GINZAがオープン

Prev & Next

Ranking

  • 1
    2本の紐で編み上げられた、革新的なスニーカー『UNEEK』
  • 2
    今週末見るべき映画「ハーツ・アンド・マインズ/ベトナム戦争の真実」
  • 3
    ミラノの街で太陽光の新しい提案が輝いた!パナソニック現地報告
  • 4
    今週末見るべき映画「ナショナル・ギャラリー 英国の至宝」
  • 5
    今週末見るべき映画「マダム・イン・ニューヨーク」
  • 6
    現代アートの最先端から次世代の「視点」を見る、森美「六本木クロッシング2013展」
  • 7
    今週末見るべき映画「グラン・トリノ」
  • 8
    世界で最も知られる日本の建築運動「メタボリズム」って?
  • 9
    太宰府 竈門神社新社務所計画プロジェクト。Wonderwall 片山正通氏、ジャスパー・モリソン氏インタビュー。
  • 10
    ウィメンズ|色彩溢れるパリスナップ(3)

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加