京都の今が集まる「ホテル アンテルーム 京都」がオープン

2011年 4月 28日 10:44 Category : Design

このエントリーをはてなブックマークに追加

 施設の一室は、彫刻家・名和晃平氏がディレクターをつとめる「SANDWICH」のサテライトレジデンスとして、レジデンスプログラムに参加する国内外のアーティストの新たな活動拠点のひとつとなる。また名和氏が、エントランスのアートワーク、1Fギャラリースペースの展示企画などをディレクションした。

 “anteroom”とは、「次の間」や「待合室」のことを意味する。京都駅徒歩圏内、地下鉄烏丸線九条駅より徒歩5分の立地で大人1名、¥3800から。

ホテル アンテルーム 京都
京都府京都市南区東九条明田町7番
お問い合わせ:tel.075-681-5656

エキサイトイズム編集部

Ranking

  • 1
    谷尻誠インタビュー:都心の広場に巨大なジャングルジムが出現
  • 2
    直接Ustream配信もできるMac、iPad、iPhone専用のワイヤレスWEBカメラ
  • 3
    「空気の港」テクノロジー×空気で感じる新しい世界
  • 4
    いったいどれが自分? 「“これも自分と認めざるをえない”展」
  • 5
    フォトギャラリー:アウディ「S4」「S4アバント」発表会
  • 6
    「WORLD SPACE CREATORS AWARD」受賞者発表
  • 7
    表参道で「WE LOVE MAGAZINE LIBRARY」
  • 8
    本というプロダクトを堪能する、原研哉展が吉祥寺で
  • 9
    今週末見るべき映画「きっと、星のせいじゃない。」
  • 10
    ソウルで吉岡徳仁個展「Tokujin Yoshioka_SPECTRUM」

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加