吉岡徳仁「光庵‐ガラスの茶室」がヴェネツィア・ビエンナーレに

2011年 5月 26日 19:18 Category : Design

このエントリーをはてなブックマークに追加

 6月4日から開催されるヴェネツィア・ビエンナーレにおいて、企画展「Glasstress 2011」が開催される。その中で吉岡徳仁氏が「光庵‐ガラスの茶室」の模型などを発表する。

「光庵‐ガラスの茶室」2011 (2002~2013)

「光庵‐ガラスの茶室」2011 (2002~2013)

 「光庵‐ガラスの茶室」は、2002年に透明な日本民家の建築計画として発表され、2013年の建設に向けて現在進行している、建築のプロジェクト。今回のヴェネツィア・ビエンナーレでは、1/10スケールの模型が披露される。

「光庵‐ガラスの茶室」2011 (2002~2013)

「日本人の自然観は、その空間性に特徴されます。それは、気配やエネルギー、オーラのようなものを周りの空間から知覚することから始まるものです。このような本質的な自然美の知覚化は日本の茶道にも通じるものがあります。直接的な自然との対話ではなく、あえて非自然の建築を構築し、創り出された小宇宙的な空間から自然の要素を感知する。透明なガラスで創られた小さな宇宙を意味する「光庵」は、感覚で理解される自然の真相を体感する建築になる。」(吉岡氏)

Related article

  • 羽田空港でデジタルパブリックアート「空気の港」が開催
    羽田空港でデジタルパブリックアート「空気の港」が開催
  • 横浜・象の鼻テラスにて「スペクタクル展」開催中
    横浜・象の鼻テラスにて「スペクタクル展」開催中
  • 20世紀最強のスイス人デザイナー、マックス・フーバー展
    20世紀最強のスイス人デザイナー、マックス・フーバー展
  • アート、建築、食、そして人。いま、横浜のまちが面白い!
    アート、建築、食、そして人。いま、横浜のまちが面白い!
  • 「スティル ウォーター:岸と浜辺 ドゥニ ポルジュ」展
    「スティル ウォーター:岸と浜辺 ドゥニ ポルジュ」展
  • 都築響一作品展「都築響一 着倒れ方丈記」
    都築響一作品展「都築響一 着倒れ方丈記」

Prev & Next

Ranking

  • 1
    ミラノサローネとは一体何なのか?━世界最大のデザインイベント
  • 2
    夏バテに効く、エジプト塩をつかったお料理4品
  • 3
    今週末見るべき映画「シリア・モナムール」
  • 4
    村上隆個展「MURAKAMI VERSAILLES」が開幕
  • 5
    東京ソラマチに「ビーアグッドネイバー コーヒーキオスク」がオープン
  • 6
    “森づくり”を支援する「TOUCH-WOOD写真展」開催!
  • 7
    トヨタの新型FRスポーツカー「86」、東京モーターショー
  • 8
    ポートランド発! DIYの精神から生まれたクラフトビールグラス
  • 9
    The Tastemakers & Co.が提案する 「古くてあたらしいこれからの日用品」
  • 10
    パリにみる、ファッションルックの競演(1)

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加