Interview:フルーツという、時を刻むオブジェクト。

2011年 9月 13日 17:03 Category : Design

このエントリーをはてなブックマークに追加

 デザイナー清水久和氏の個展が、オランダ・ロッテルダムにあるコンテンポラリー・デザイン・ギャラリー、VIVIDにて開催された。作品のテーマは「フルーツ」。ガラスと磁器をマテリアルにつくられたフルーツは、ランプと時計という、それぞれことなる機能をあたえられている。

 清水久和氏とタッグを組んだのは、「日本史」「鏡の髪型」等で、清水氏との協同がある、デザインプロジェクト「DEROLL」ディレクターの岡田栄造氏。(23日から25日に大阪で開催される、DESIGNEAST 02でも「フルーツ」が披露される予定) VIVIDで日本人の個展が開催されたことは初めてだが、それ以上に今回のフルーツはあらゆる意味で意外性のある作品だった。作品が生まれた背景とデザインについて、清水久和氏に話を聞いた。

Related article

  • 篠山紀信展 写真力  THE PEOPLE by KISHIN
    篠山紀信展 写真力 THE PEOPLE by KISHIN
  • ヴィトラの最新哲学が早わかり、hhstyle.com新着
    ヴィトラの最新哲学が早わかり、hhstyle.com新着
  • 「Inside Chanel」第十二章。シャネルからカール ラガーフェルドへ
    「Inside Chanel」第十二章。シャネルからカール ラガーフェルドへ
  • 現代美術を体現するフランス人女性作家、アネット・メサジェ
    現代美術を体現するフランス人女性作家、アネット・メサジェ
  • Interview:気鋭の映像作家の創造の源を探る/ミシェル・ゴンドリーの世界(1)
    Interview:気鋭の映像作家の創造の源を探る/ミシェル・ゴンドリーの世界(1)
  • 吉岡徳仁がDesigner of the Year Award受賞
    吉岡徳仁がDesigner of the Year Award受賞

Prev & Next

Ranking

  • 1
    デロンギのエスプレッソマシンがつなぐ、コーヒーのある豊かな生活
  • 2
    27日、一夜限りの「六本木アートナイト」開催
  • 3
    一見の価値あり!「ボストン美術館浮世絵名品展 北斎」
  • 4
    バッグの黄金比がここに。チセイというフィレンツェ発レーベル
  • 5
    アーティスト8組による“刺しゅう”の展覧会@東京都庭園美術館
  • 6
    多様な世界を等価に映し出す「アンドレアス・グルスキー展」
  • 7
    「アビターレ・イル・テンポ」展レポート 【前編】
  • 8
    スカイツリー内、伝統工芸ツリーの秘密。デザイナー橋本夕紀夫インタビュー
  • 9
    ノルウェーのニットブランド「アルネ&カルロス」
  • 10
    史上最もパワフルなCクラス

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加