水戸岡鋭治の大鉄道時代展 駅弁から新幹線まで

2011年 10月 14日 10:41 Category : Design

このエントリーをはてなブックマークに追加

 JR九州の新幹線「つばめ」や特急「ソニック」といった列車のデザインから、和歌山電鐵貴志駅の駅舎デザインなど、公共交通に関するさまざまなデザインを手がける水戸岡鋭治氏の作品を紹介する 「水戸岡鋭治の大鉄道時代展 駅弁から新幹線まで」が東京・六本木のAXISビルで開催中だ。この展覧会は、この夏、福岡市のJR博多シティ内で3万人を超える来場者に絶賛された同展覧会をベースに、水戸岡氏のデザインワークを体感できるような展示となっている。

JR九州・九州新幹線 新800系


 まずは4階のAXISギャラリーに足を踏み入れてみよう。林立するパネルと実際に座れる列車のシート、そしてコンセプチュアルな家具の展示… と、会場に入るなり、その情報量の多さに圧倒されるかもしれない。天井近くにはシートなどに使われた実際の素材サンプルがぎっしりと掲げられている。素材はすべてオリジナルの水戸岡デザイン。もともとイラストレーターであった氏の極彩色の色使いは、シートのデザインにも反映されており、とても華やか。心が浮き立つような空間デザインは、細部にまで心を砕いて生み出されているのだ。

 4階の奥には、水戸岡氏が思い描く理想の鉄道旅行の車内プランが数点展示されている。家でくつろぐように車内空間を自在にあしらっており、中にはお茶を点てることができる車内プランもある。列車の空間を120%楽しもうという姿勢に満ちあふれた楽しいプランの数々、そこには子どもたちにきちんと日本の文化を伝えていきたいという狙いもあるようだ。

Related article

  • 建築家、ボジェック・シーペックを知る
    建築家、ボジェック・シーペックを知る
  • 「ラプアンカンクリ」×鹿児島睦コラボレーションの温かみあるブランケットが発売
    「ラプアンカンクリ」×鹿児島睦コラボレーションの温かみあるブランケットが発売
  • 男子必見!「かみの工作所」、伊勢丹新宿店レポート
    男子必見!「かみの工作所」、伊勢丹新宿店レポート
  • へうげもの×CLASKA 「へうげて暮らすか」
    へうげもの×CLASKA 「へうげて暮らすか」
  • クリエイターのボーダレスマーケット、クラスカ「Mix room」
    クリエイターのボーダレスマーケット、クラスカ「Mix room」
  • モダンデザインの過去から未来を展望「ヴェルナー・パントン展」
    モダンデザインの過去から未来を展望「ヴェルナー・パントン展」

Prev & Next

Ranking

  • 1
    生の一瞬のきらめきを切り取るベッティナ・ランス
  • 2
    日本屈指のテーラー・久保田博氏|『ブルーシアーズ』創立10年目の本音
  • 3
    今を見つめる鮮やかな視点。「路上と観察をめぐる表現史ー考現学以後」
  • 4
    江戸な縁起ものを暮らしに/其の二「江戸扇子/伊場仙」
  • 5
    iMacとMac miniがアップデート、69,800円から
  • 6
    近未来都市「マカオ」、その建築
  • 7
    ボルボ「V70 2.5T R-DESIGN」発売開始
  • 8
    1960年代の建築運動「メタボリズム」を一望、15日まで
  • 9
    ラグジュアリーな「三角コーン」って?
  • 10
    世界初公開のカチナ!「倉俣史朗とエットレ・ソットサス」

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加