28日から「ドーの クラフト/アート/プロダクト 展」

2011年 10月 25日 19:11 Category : Design

このエントリーをはてなブックマークに追加

 28日から東京・目黒のCLASKA Gallery & Shop "DO"で「ドーの クラフト/アート/プロダクト 展」が開催される。

 人気ショップ「ドー」が「クラフトな気分」でこれまでに作ってきたものや、クラフトな気分を感じさせるアイテムや作品を集めた企画で、生活雑貨・プロダクト・アートなどが独自の世界観で揃う。

 「クラフト=手工芸という狭義の意味を越えて、クラフトという言葉がもっている”気分”が、デザインや私たちの暮らしに少なからず影響力をもっている時代だと感じています」と、大熊健郎氏(CLASKA Gallery & Shop "DO" ディレクター)。

 出品作家は、古賀充、ポスタルコ、レアジェム、エゴン・アイアーマン、盛永省治、フィリップ・ワイズベッカー、藤城成貴、ルイジ・ギッリ、La+h 大谷敬司、エリック・ホグランほか。会期は11月13日まで。

ドーの クラフト/アート/プロダクト 展
CLASKA Gallery & Shop "DO" 本店
10月28日(金)~11月13日(日)Open.11:00~19:00
東京都目黒区中央町1-3-18 CLASKA 2F
お問い合わせ:tel.03-3719-8124



 以下、大熊健郎氏(CLASKA Gallery & Shop "DO" ディレクター)による作品解説。

■盛永省治のウッドボウル

 鹿児島をベースに活動を続けるウッドターナー、盛永省治さんのウッドボウル。「ウッドターナー」という聞き慣れない言葉は、日本でいうところの「挽き物の木地職人」。とはいえ1950~60年代、北欧やアメリカで盛んだったこのウッドターニングによる工芸は木そのものの表情、存在感を活かすことを旨とし、基本的に一点一点ハンドクラフトられ、フォルムも有機的で彫刻的な作品が多いのが特徴です。そういった意味で盛永さんはまさにウッドターナー。

 山桜、ホオ、ケヤキなど地元の素材を使い、生活工芸でありながらひとつひとつ、決して同じではない「作品」をつくり続けています。最近は国内だけでなく海外での展示の機会も増え、ますますその活動の幅を広げている若手実力派のウッドターナー、木工作家のひとりです。

Related article

  • 日常づかいのうつわとして、「明日の京焼・清水焼 プロジェクト」
    日常づかいのうつわとして、「明日の京焼・清水焼 プロジェクト」
  • 建築物を浮かせたら? 25日から谷尻誠の展覧会
    建築物を浮かせたら? 25日から谷尻誠の展覧会
  • デザインタイドトーキョー2011、開催概要が発表に
    デザインタイドトーキョー2011、開催概要が発表に
  • 帰ってきた!夜フリマ「お買い物しナイト」
    帰ってきた!夜フリマ「お買い物しナイト」
  • 東京ミッドタウンに「ガリバーテーブル」出現
    東京ミッドタウンに「ガリバーテーブル」出現
  • 優れた手業が一同に、2008 CCJ クラフト見本市
    優れた手業が一同に、2008 CCJ クラフト見本市

Prev & Next

Ranking

  • 1
    フォトギャラリー:新型iPad・Apple TV、日本でも公開
  • 2
    「湾生回家」 【今週末見るべき映画】台湾生まれの日本人「湾生」を通じ日台を描く
  • 3
    Go East! #01:上野のミュージアムショップにエクステンション?
  • 4
    CLASKA Gallery & Shop
  • 5
    2×4日本初の展覧会「IT IS WHAT IT IS」
  • 6
    ビブリオファイル Cruising 2月のおすすめ
  • 7
    カッシーナ初のアウトドアコレクション
  • 8
    フォトギャラリー:「F1 疾走するデザイン」展
  • 9
    世界最高のアートフェア「Art Basel」をプレビュー
  • 10
    開館記念展11日まで、アキバの新しい顔「3331 Arts Chiyoda」

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加