DESIGNTIDE TOKYO×日本橋三越本店・銀座三越レポート

2011年 10月 28日 21:23 Category : Design

このエントリーをはてなブックマークに追加

 東京・秋のデザイン祭り、DESIGNTIDE TOKYO 2011は、メイン会場・東京ミッドタウンでの開催に先駆けて、都内各地でタイドエクステンションが一斉にスタートした。今回は日本橋・銀座エリアから日本橋三越本店と銀座三越の多彩な企画を現地速報レポート!

 日本橋三越本店のテーマは、「Forever & Ever 時は永遠につづく」。ルネッサンス様式で建てられた日本橋三越本店の現在の建物は、昭和10年に建てられたもので「東京都選定歴史的建造物」に選ばれた名建築だ。エレベーターやお馴染みのライオン像など、その至るところに時代、“時”を感じさせるシチュエーションが広がっている。

 本店を訪れたならば、いちばん最初に足を運んでほしいのが本館1階中央ホールだ。ここは天井高く吹き抜けとなったスペースで、昭和35年に建立された天女(まごころ)像(作:佐藤玄々氏)が豪華絢爛な姿で立っている。そしてそのお膝元で行われているのがカレンダーコレクション。

 紙の専門商社「竹尾」とともに、デザイナー・松下計氏が開発した万年カレンダーは、スタンド型の日めくりカレンダー。カードの分量で1年365日の月日の経過が直感的にわかるアイテムとなっている。4色のカラーバリエーションからなる「グラフカレンダー」の他に、惑星をイメージした球体の「グラフカレンダー(地球儀タイプ)」も迫力の仕上がり。

グラフカレンダー ¥15,750 ※色込200点限り


グラフカレンダー(地球儀タイプ)¥262,500 ※1点限り

Related article

  • (0) 手仕事により、フォルムをつくり直した女性と男性のための服
    (0) 手仕事により、フォルムをつくり直した女性と男性のための服
  • 隈研吾展「Kengo Kuma Studies in Organic」
    隈研吾展「Kengo Kuma Studies in Organic」
  • 松井龍哉が語る、10年代のデザイナーとデザインオフィス
    松井龍哉が語る、10年代のデザイナーとデザインオフィス
  • iida第2弾発表、ロボットのコンセプトモデルも
    iida第2弾発表、ロボットのコンセプトモデルも
  • インタビュー:ピーター・マリゴールド「ポスト・フォッシル」
    インタビュー:ピーター・マリゴールド「ポスト・フォッシル」
  • ショーウィンドーをアート作品が席巻「KISS THE HEART #3」
    ショーウィンドーをアート作品が席巻「KISS THE HEART #3」

Prev & Next

Ranking

  • 1
    日本に再上陸を果たしたGRENFELL
  • 2
    シシーに会いに、ウィーンへ。華やかな貴族文化を垣間みる
  • 3
    写真というメディアの可能性を考える展覧会
  • 4
    『Adobe Ink & Slide』、日本では年内発売予定
  • 5
    今週末見るべき映画「至高のエトワール ~パリ・オペラ座に生きて~」
  • 6
    アクシスギャラリーで中山英之「小さくて大きな家」展
  • 7
    Interview:孤高の鬼才 デザイナー・秋元一彦氏が語る『ROSA RUGA』の気高き世界
  • 8
    ミラノサローネ2010、挑戦を忘れなかったモローゾ
  • 9
    深澤直人&皆川明インタビュー 「ふしとカケラ MARUNI COLLECTION HIROSHIMA with minä perhonen」
  • 10
    マイナス5℃の極寒世界、銀座に「アイスバー東京」

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加