DESIGNTIDE TOKYO×日本橋三越本店・銀座三越レポート

2011年 10月 28日 21:23 Category : Design

このエントリーをはてなブックマークに追加

 東京・秋のデザイン祭り、DESIGNTIDE TOKYO 2011は、メイン会場・東京ミッドタウンでの開催に先駆けて、都内各地でタイドエクステンションが一斉にスタートした。今回は日本橋・銀座エリアから日本橋三越本店と銀座三越の多彩な企画を現地速報レポート!

 日本橋三越本店のテーマは、「Forever & Ever 時は永遠につづく」。ルネッサンス様式で建てられた日本橋三越本店の現在の建物は、昭和10年に建てられたもので「東京都選定歴史的建造物」に選ばれた名建築だ。エレベーターやお馴染みのライオン像など、その至るところに時代、“時”を感じさせるシチュエーションが広がっている。

 本店を訪れたならば、いちばん最初に足を運んでほしいのが本館1階中央ホールだ。ここは天井高く吹き抜けとなったスペースで、昭和35年に建立された天女(まごころ)像(作:佐藤玄々氏)が豪華絢爛な姿で立っている。そしてそのお膝元で行われているのがカレンダーコレクション。

 紙の専門商社「竹尾」とともに、デザイナー・松下計氏が開発した万年カレンダーは、スタンド型の日めくりカレンダー。カードの分量で1年365日の月日の経過が直感的にわかるアイテムとなっている。4色のカラーバリエーションからなる「グラフカレンダー」の他に、惑星をイメージした球体の「グラフカレンダー(地球儀タイプ)」も迫力の仕上がり。

グラフカレンダー ¥15,750 ※色込200点限り


グラフカレンダー(地球儀タイプ)¥262,500 ※1点限り

Related article

  • 森本千絵のルーツを巡る。『en°木の実』展レポート
    森本千絵のルーツを巡る。『en°木の実』展レポート
  • ローリー・シモンズのレアな映画「悔恨のミュージック」
    ローリー・シモンズのレアな映画「悔恨のミュージック」
  • 「Awakening」アーティストインタビュー
    「Awakening」アーティストインタビュー
  • ミナ ペルホネンの服地に包まれた、新たなフリッツ・ハンセン
    ミナ ペルホネンの服地に包まれた、新たなフリッツ・ハンセン
  • デザインタイド トーキョー現地速報レポート #1
    デザインタイド トーキョー現地速報レポート #1
  • 銅の精錬で栄えた島に「家プロジェクト」:瀬戸内国際芸術祭
    銅の精錬で栄えた島に「家プロジェクト」:瀬戸内国際芸術祭

Prev & Next

Ranking

  • 1
    ミナ ペルホネン15周年記念展のテーマは「進行中」
  • 2
    ジャズ名盤講座第2回「ブルーノート~4000番台編」ビギナー向け15選!マスター向け23選!
  • 3
    世界初公開のカチナ!「倉俣史朗とエットレ・ソットサス」
  • 4
    パリの街角vol.8『ユリスとジョン with シンスケ』
  • 5
    第17回文化庁メディア芸術祭開幕―今年の見どころを速報!
  • 6
    世界の「BRITA」から、初のひし形浄水器
  • 7
    ミラノサローネ2010、次世代照明も見えた
  • 8
    デザインタイドトーキョー メイン会場レポート
  • 9
    深夜までおいしい蕎麦が味わえる店「銀座 真田」
  • 10
    日本映画の巨匠「木下惠介生誕100年祭」ラインナップ発表!凱旋上映も

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加